FC2ブログ

マンモグラフィー・スクリーニング

いつしか私もそういうトシになりまして、
先月はご招待状を頂きました、マンモグラフィーの。

バイエルン州では、50~69歳の女性に対して
2年に一回検診の案内が来るのだそうです。

アラフィーと言うか実はジャスフィ(ジャストのキモチを込めてみました)
の私も今年からその対象になったというわけです。

日時指定の「招待状」が届き、行って来たのは先週金曜午後。

記念すべきFIFA開幕と同時刻にマンモグラフィー検査を受けたので、
しっかり記憶に留まることと思います。

さて、行った先は自宅から20km程の町。良くは知らない町でしたが、
実にわかりやすい場所で車も停めやすくて助かりました。

バイエルン州ではこういう移動車両が主だった町を巡回しているのですね。

Mammographie Screening

これがとってもきれいで、外から見てもピカピカですが、
中に入るとそこは突然立派なクリニック。

小さな受付があり、待合コーナーにはきれいな椅子が並んでいます。
内装がきれいで素敵なので、車両の中だなんてことはすぐさま忘れそう。
こういう所に豊かさを感じますねバイエルン。

指定時刻より少し早めに着きましたが、
私の前には誰もいなくて待ち時間ゼロ。

撮影技師の女性がとても親切で優しかったので、
こちらも実に気分良く受けられました。

ということで、
初のマンモグラフィー検査無事終了。
現在結果待ちです。


FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村around50主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
いずれかクリックして頂けると、ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



FIFA開幕/ケガにご注意

ドイツで「ワールドカップ」と言えば、
それはもちろんサッカーワールドカップ。

いやー始まりましたね。FIFA2010。
普段サッカーゲームをテレビで見ない私の様な人も
何だか見ちゃうFIFA。

ドイツの第一戦は明日日曜。
バラック選手欠場で、ラーム選手がキャプテンの今回。
(ちなみに私はラーム選手ファンです。)

娘の学校では、「ドイツの試合を全て観戦すること」
という宿題が出されてたりして、
まあこれはどこの学校でもそうみたいです。

日本チームの第一戦は月曜ですね。

「ニッポン、どうかなー、今回は。
何だか影の薄そうな監督さんに見えるけど・・・」
と夫に言ったら、こんな答えが。

「そもそもサッカーの様なスポーツは、
もっと触れ合いを大切にする国々でこそ盛んになったスポーツだ。
そしてそういう国々だからもっと上手くなれるスポーツだと思う。
アジアのメンタリティにはどうしても合わないものがある。
だからチャンピオンにはなれない」

なかなか含みのある言い方ではないか。
でも何となく、なるほどなぁと思う私。
そうなのかもね。うん。

しかしそうは言っても(言われても)、
やはり夫の予言?などは大はずれになることを祈りたい。
頑張れニッポ~ン!

さて、思い出すのは4年前のFIFA。
友人のステファンは、楽しみにしていたゲームの直前になって
自宅のケラー(地下室)に冷えたビールを取りに行った。
瓶ビール2、3本を指の間に挟み、
わくわくしながらはやる気持ちで階段を駆け上がったのがまずかった。
90度に折れる階段の真ん中で、足を滑らせ一段踏み外し、体勢が崩れた。

コンクリートにタイルの階段だから、ビール瓶はもちろん割れて、
彼は破片で足の指の付け根をスカーッとやってしまい、
楽しみにしていたサッカーを見るどころじゃなくなった。
血だらけの足を包んで奥さんに病院へ送ってもらい、何針も縫う羽目に。
ケラーの階段がビール臭くなったのは言うまでも無い。

ということで、サッカー熱も良いですが、
思わぬケガには気をつけたいものです。

何はともあれ、楽しみなこのひと月を楽しみたいと思います。


FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
いずれかクリックして頂けると、ついでに私も喜びます。

ひょうたんにも似た

1週間のご無沙汰でした。今週は火曜に美容院に行き、
何ともへんてこりんなアタマになったガーネットです、こんにちは。

昨年夏に日本で美容院に行って以来だったので、なんと9ヶ月ぶり。

だいたい、ドイツで美容院に行って満足した経験が非常に少ないため、
ついつい行くのが億劫になるわけですよ。そして半年一年すぐに経つ。

前回前々回行ったのと同じ所で同じ人がやってくれたんですが、
前の2回は、それでもまあ、今回を思えばはるかに満足の行くカットだったかと。

(きれいな美容院なんですよ。内装はとっても落ち着いていてお洒落。)

今回も、「美容院で失敗しないためのドイツ語」を娘に再確認して出かけたんですが、
なぜ毎度毎度うまく伝わらないのか。

まず「仕上げ」に触れますが、仕上げをただ真直ぐにすとんと伸ばして欲しい時、
「glattグラットに」と言えば良くて、そう言ったというのに、
彼女はブローでどんどん内巻きにカールさせて行くんですね。
(ちなみに、すその長さは肩に触れないくらい。)

ああ多分、この後で前回みたいにヘアアイロンを使ってくれるのだわ、
あの時は、かなりしっとり良い感じに仕上がったもの…と思っていると、
裾は思いっきり膨らんだ内巻きカール、前髪もくるりんとなって、
なんとそれがフィニッシュ!

だいたい、そんな状態の髪で後ろ頭を鏡で見せられても、
あんまりふっくらし過ぎていて、
これがもう何だかさっぱりわからないわけですよ、
カット自体がこれで良いんだか悪いんだか。

私の次の予約の人が待っていて、それは若い女性だったんですが、
私のことをじぃっと、微笑みもせず、どちらかというと睨んで待ってる。
だから、ここをもっとこうしてああして、へアアイロンも使って、
と言いにくいものがあったわけです。
それに、髪をやってくれている彼女も、その若い女性とは友達みたいで、
私のことはそろそろ終わりにしたがってる雰囲気。

ところで、ブローに入る前、その彼女、何をしたと思います?
ブロー用のブラシに絡まっていた誰かと誰かの髪の毛を、櫛を使って取ったんです。
鏡にそれが映るので、私はその一部始終を
― と言ってもものの10秒でしたが ― 見てしまったわけですが、
これは・・・目の前でされたら良い気持ちはしません。

とにかく、仕上がりが全く好みではなかったことと、
あのブラシでブローされちゃったことで良い気分ではなく、
帰宅後すぐに髪を洗い、普段の様に仕上げてみたらば…

左右対称じゃない。

鏡に映る私の髪は、右側はまあまあ自然なラインを描いている。
でも左が・・・ちょうど耳のあたりのラインが、切り過ぎて不自然にぺしゃんこ。
そして裾は、漉き方が足りないからふくれてしまう。
上半分の膨らみと、下半分の膨らみの、その中間がへこんだ形となり、
これは、そう、太目のひょうたんみたいな。
何とも、ださいスタイルですよこれは。

後ろ頭は、今度は左の方が幾分髪が多くてふっくらしている。

前から見ても、後ろから見ても、左右非対称。
これは、上から見たらきっと、傾いた楕円形をしている。

カット途中で何度も、長さが左右対称になるようにと
いろんな箇所でチェックしてくれていた様子だったのに、この仕上がりは不思議だ。

ところで、美容院って、行こうと思い立つと絶対行きたいものじゃありませんか?
思い直して行かずにいる、というのはなかなか出来ない気がします。

ああ、でも、やっぱり、思い直せばよかった。
行かない方がしあわせだったな、と、ほぼ毎回思うドイツの美容院行き。

それならもう一度行って直してもらえば良さそうな所ですが、
でも、どうせうまくは伝わらないと思うと、まず行く気が起きない。

ヘアスタイルブックから選んで見せても、うまく行ったことが無い。
切り方も、ザックザックと切る感じで、何とも自然さが無い。
切り過ぎたサイドに合わせて反対側を切ってもらうと、
今以上に変てこりんになる可能性も、ドイツではかなり高いと思われる。
などの理由から、何もせずに5日が経ちます。

娘が、「裾が軽くなる様にちょっと私が切ってあげるよ」と言ってくれますが、
それも、任せてよいものかと、現在思案中です。


FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。

「やあ、皆さん!」

我が家から数百メートルの所に、現在新築中の家がある。

施主のマイクは、奥さんと小さな子供2人の4人家族。
現在は、我が家とは道路を挟んで斜め向かいの借家に住んでいる。

彼等の念願のマイホームは、
まず地下室が出来、そしてレンガが積まれて壁が立ち上がり、
今では屋根が、その形まで出来上がっている。
瓦が来るのは来週あたりか。

マイクとうちの夫とは、友人という程ではないけれど、
顔を合わせれば立ち話が始まる位には仲がいい。


先週末、夫と散歩がてら外に出た時、その家の前を通りかかった。

新築工事は完全週休二日制。
平日の工事は、朝は早いが午後は5時にもなればぴたっと終わり、
土日に全く進展は無い。これで意外と静かなものだ。

散歩の足を止めて「ちょっと見てみよう」と言う夫。
そしてずかずかと他人の土地に入って行く。

「ちょっと…まずいんじゃないの?いくら知り合いの所でも」
私は日本人よろしくそう言うが、無論それに構う夫ではない。

と言うか、そういう事を咄嗟に言い出す私の方が、
ここではかなりちぐはぐなのだ。


まだまだ完成は先であろう現場。
よその土地だし余所さまの家だと思うと、
私なんぞは気が小さいから、土地に足を一歩踏み入れるのも気が引ける。

それでも、興味が無いわけではない。
どんな間取りなのか、見たくないわけではない。

結局のところ、遠慮しいしい家のすぐそばまで、
ずうずうしくもついて行った。
(家は道路から20mくらい入った所に建っている。)


夫は何も気にすることなく、
「トモダチの家ダカラ」とか何とか言って、
家が完成すればここはおそらくリビングになると思われるスペースに
勝手に足を踏み入れた。

壁はまだレンガが積み上げられただけの状態。
それがどんな素晴らしいレンガか私は知らないが、とても色の白いレンガ。


夫が「ほーら、勝手に入っても大丈夫」
と言うので、何かと思って顔を上げると、
白いレンガの壁にチョークで書かれた落書きみたいなものが目に入った。

こんな感じにスマイリー付きで、
「Servus Leute ! ゼァヴス・ロイテ!」と書いてある。
やあ、みなさん!
「ゼァヴス」は、南ドイツのとてもくだけた挨拶で、
会う時も別れる時も使えるから便利。
でも私は外人なので、使うことはない。

そもそも、ここで生まれ育ったならいざ知らず、
三十をいくつも過ぎて住んだドイツだ。
ちゃきちゃきの、いや、こってこてのババリアっ子に対し、
敬意を表する気持ちで私はこちらの方言は基本的に喋らないと決めている。
喋ろうと思えば多少喋れるとしても。

「ロイテ」は「人々」の意味だから(ババリアン達の発音は少々キタナくなる)、
つまりこの壁に書いてあるのは、「やあ、みんな!」
大人の字だから、マイクか彼の奥さんが書いたのだろう。

そのわずかな行間に、
「どうぞ!見てっていいよ!」と
歓迎の意が汲めそうではないか。

ほほぅ。いいなぁ。こういうの。寛容で。


現場には、立入禁止のテープも無ければ、
危険だの何だのと注意書きの看板も無い。
これがまた、うるさくなくていい。

(地下室を作るために巨大な穴を掘っていた頃は、
立入禁止のロープでも張るべきじゃないか、
こうも何も無いんじゃ危ないんじゃ?と思ったものだが、
それもとうに過ぎた話で、誰かが落ちたとかいう話も無かった。)


足場が悪かったり、床のどこかには配管の穴があったり、
階段もまだ無いから気をつけないと地下室にころがり落ちるが、
そもそもそこは「現場」であって、危険が一杯。
見学者が、ごく普通の注意を払わない訳は無い、常識的に。


バイエルンらしい家が建つという話だ。
それは全く私のティストではないが、
どんな家に仕上がるのかは、私もとても楽しみにしている。

だってドイツ人は、ほんっとに立派な、いい家を建てるから。


FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。

ミュンヘン空港駐車場P20

以前ここのどこかに、
ミュンヘン空港での無料駐車について
書いたことがありました。

空港ショップで10ユーロ以上の買い物をすると2時間まで、
20ユーロ以上の買い物で5時間までの、無料駐車スタンプをもらえると。
そしてそれができるのは、P20という駐車場だと。

なのに、先日いつものP20に車を停め、
その日は5時間の無料駐車が欲しかったので
いつものスーパーで22ユーロの買い物をして、
インフォメーションカウンターへ行ったら、
もらったスタンプは2時間分だけ。

私は過去に何回も同じことをして、
20ユーロ以上の買い物をした時には確かに5時間分の無料駐車を
― 大抵は5時間も必要ありませんが ― もらってきたのに。

聞くと、5時間の無料駐車は
「飲食店で20ユーロ以上払わないとだめ」とのこと。

規則が変わったのか。私の勘違いだったのか。
あるいはインフォ・カウンターの人がたまたま親切にも
レストランを利用しなかった私に5時間をくれたのか。

何だかわかりませんが、
とにかく以前書いたのとは状況が違うのでお知らせを。
ではよろしくお願いします。


FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ