FC2ブログ

これがこっちの常識だ

・うちの夫という人は、出かけると決めたら
 5分でも10分でも早く出かけたい、という性質である。
・我が家には車が一台しかない。

以上のポイントを前提に、以下をお読みください。



先日、急に実家の方に出向かなくてはならない用事のできた夫が、
仕事を早めに切り上げ遅くても午後4時半~5時位には家を出たい、と言った。

用事があるのは翌朝なので、前夜のうちに実家に行き一泊すると言う。
家から彼の実家まで、約140kmの距離がある。

毎週のその日は、息子が午後にドイツ語補習授業を受ける日で
(だって成績芳しくないものですから…)、
授業の終わる3時半に私が学校まで迎えに行くことになっている。

その時間帯には帰りのバスが無いため、
誰かが迎えに行ってあげないと息子は帰る術がない。
学校から家までは約17kmの距離があるから、まさか歩いては帰れない。
私は、4時までには戻るからと夫に言い、車で家を出た。

息子をピックアップして寄り道をせずに帰宅。
夫は、私が戻ったらすぐにも出ようと、一泊の支度をして待っていた。

今日はもう、私は車を使わなくてもいいかな…
娘は友達のお母さんの車で帰ると言ってたし…
夫が車で実家に向かっても(=私に車が無くなっても)、大丈夫かな…

と思いきや、あ、そうだった、6時から息子の卓球クラブの日だった。
息子は、楽しみにしていたから絶対行きたいと言う。

卓球クラブは隣町で、車で5分もあれば着く。
普段は、余裕を持たせて6時15分前に家を出ることにしている。

近所の友達と一緒に行くので、行きの運転は私が担当し、
帰りはその友達のママかパパが迎えに行く、ということに決めている。

夫が実家に行くのなら、息子達をまず卓球クラブに送り届け、
その足で実家に向かえばよいのに、と私は思った。

用事は翌朝のことだし、別に今夜の何時までに実家に着かなくてはいけないというのではなかった。
それに、こちらを6時に出るとしても、そんなに遅い時間に向こうに着くわけでもない。

でも、出かけると決めたらすぐにも出かけたい人だから、
卓球クラブに送っていく時間(5:45)までは待ちたくない、と言い出した。
それに、卓球クラブと夫の実家では、全く逆方向になる。

私は、息子の友達のお母さんに電話をかけ、
今日は行きも帰りも運転をお願いできないかと聞いてみた。

彼女は、その日はいつも6時まで仕事をしている。
「送って行くとしても6時には間に合わないけれど、
行けることは行けるよ」との返事だった。

夫は、「それなら彼女にお願いして問題ないだろう、
ちょっと遅れたって大したことじゃない、それじゃこれから出るから」と言う。
時刻は5時に近づいていた。

もう何も言わずにおこうかとも思ったが、
夫の出掛けに、やはり私はひと言言ってしまった。

自分の都合だけなんだね。
1時間向こうに着くのが遅れるのが、
そんなに嫌なわけ?

私の言葉にもちろん夫は腹を立てる。

常日頃、私が夫の都合だけを最優先しない姿勢を変えないことを、彼は嫌っている。
彼は、私の考え方が間違っている、とも思っている。

夫の都合と子供の予定。
これは、私にとってどちらも同じ重み。

しかし夫はそれが気に入らない。
自分の都合だけを、私に最優先して欲しいのだ、子供のことよりも。

それは、私が子供を生んだ瞬間から、そうして欲しかったのだ。
しかし私は、そういうことを容易くできる人ではなかった。

今回の夫の用事というのは、言ってみればごく個人的なものであり、
仕事で出張というような類ではなかった。
できれば急ぎたい、明日に回すよりは今日のうちに、
という彼の気持ちは、私もよくわかっていたつもりだ。

ひと言文句を言ってしまった私に、夫は怒ってこう言い返した。

いつだって、子供子供子供、だ。
子供のことばかりを優先する。
それは日本の常識かも知れないが、
ここではそうじゃないというのがまだわからないのか。
自分の都合が最優先、それがこっちの常識だ!

さっきも書いたが、私は、「出張」ならば最優先するが、
そうでない時は夫の予定も子供のことも、優先順位に差が無いわけ。
私が優先順位を下げているのは、この私の、自分自身の分だけだ。

自分のことを子供の次に考える、という姿勢は、
夫に言わせれば、これまた間違っている。

私の経験から言うと、
何がドイツ人にとって最も大事かというとそれは自分自身の都合であり、
次に来るのが夫婦の都合。
子供の都合は、その次か、そのまた次に来る。
それで充分なのだ。
「子供の都合」の前に、「大事な友人の都合」が来たりもする。
それが、こちらの考え方だ。

ふん。

ああもう、15年も前から充分に、
夫のその考えを私はよーくわかっている。

しかし私は変わらない。
自分が間違っていると言われても、全くピンと来ない。

どうしても、ドイツ向けには変われない部分が、
どうしても、私の中にあり続けるのだ。


FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



大げさ

先週末のこと、外で夫が何やら騒いでいた。

「家の外壁に血が付いてる!それもべっとりと!」

はぁ?何それ?

見に出たが、でも、どこに?

でもあながち嘘でもなかった。

よーく見ると、確かに血が、

上の方、ちょうど2階のバスルームの窓から下に向かって点々と・・・。

(点々と、と言っても、ほんとにかすかな点々だった。)

でもどうしてここに?

血?そういえばさっき息子が、鼻血が出たとか言ってた、と思い出す。

先週末の土日は、とても天気が良くて急に20度以上になった。

陽気が良すぎてのぼせたらしい息子は、鼻血が出たのだ。

我が家の場合、どこかが汚れたとかいうことが起きると、

まず疑われるのは息子である。

息子に聞いたら、

「鼻血が止まらなくて、バスルームの窓から外を眺めてたら、クシャミが出た」

だそうだった。

なるほど。クシャミで飛び散ってこの点々か。

後始末する人のことも考えて、

鼻血の時はティッシュか何かでちゃんと鼻を押さえていてほしいものだ。

またしても息子が原因であった。

しかしそれにしても夫の、血がべっとりと、などという大げさな表現は、

一体どこから出てくるのかと思う。

何につけても言うことが大げさだ。

狼が来た~!の童話の少年を信じなかった村人と一緒で、

私としても、何年もそういうものの言い方と付き合ってきてるので、

夫の言葉は真に受けないでおこう、という気持ちが働く。

今回だって、真に受けなくて正解だった。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
ランキングボタンです。
どれでも好きなのをひとつ選んでクリックしてみましょう!

もう二度と

先週末の、甥のF君と娘のケンカと言うか、言い争いのその後。

F君は、もう二度とうちの娘と口を聞かない、と言い、

娘は、もう絶対許さない!と言っている。

たがいにどれほど根に持つ性格なのか、

いまだ計り知れないものもあるので、

とりあえずこのまま見守ることにしよう。

 

ところでこの、『 もう二度と○○しない!』という言葉。

結構気軽にドイツ人は口にする、と私は思う。

皆さんはいかがですか?

 

私など、もう二度と!なんて言葉にこの先ずっと責任持てるかというと、

まったく自信が無い。

責任のもてない言葉など、言わないに越したことは無い、と思っている。

 

でも、ドイツ人って、結構軽くこの言葉を使い、

来週くらいには早くも破ってたりする。

だから要するに、半分ホント、半分ウソ。

そう思って聞くのがちょうど良い、ということなのだ。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ  Banner2もちろんどれかひとつで結構ですよ。もちろん。

大げさ

強風も止み、今日は風の無い曇りの一日でした。

 

さて。

誰かに電話をかけ、その相手が電話に出なかったとして、

4、5回それが続くと、ドイツ人はこう言います。

『1000回電話したのに出ないじゃないか!

 一体どこに隠れているのだ!』

大げさ、でしょう?

こういう風に言う『感覚』というものは、

本を見て学べるものではないので、難しいところでもあります。

あと、

500mほどの距離を、『2、3メートル』と言うこともあります。

例えば、たったそれだけの距離歩くのは何でもない、

というような時に使うんですね。

これは大げさの反対ですね。

Banner2 ←どうぞよろしく。

傷つく言葉

日本人の友人が仕事がらみでドイツに来ていて、昨日からうちに滞在している。

このところ好天続きのバイエルン州だったが、

友人が着いて一夜明けた今日、こちらは一日どしゃ降りの雨になった。

雨が降ったのは全くの偶然で、友人のせいでも何でも無いのだが、

こういう時ドイツ人っていうのは、ちょっとした挨拶代わりにこう言う。

 

『あなたはなんというひどい天気を日本から持ってきたのだ!』

 

私もかつて、旅行で来た時に言われた経験が何度かあるが、

はるばる日本からやってきた身には、

そして、文字通りの意味しか汲めない身には、

この言葉、結構つらいものがある。

でも、こういうのにいちいち傷つかない図太い感性、

これもまた、海外生活に必要なものかもしれない。

だって、言ってる本人は軽いジョークのつもりなんだから。

Banner2 ←どうぞよろしく。

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ