FC2ブログ

老人ホーム

週末は、夫の実家に行っていた。
9月以来、具合が悪く入退院を繰り返している義父の見舞いも、
理由の一つだった。
6月に80歳になった義父は、9月に入りぐっと衰えた。

私は、義父が入院中と聞いていたので、
見舞うのはてっきり病院だと思っていたら、
私達があちらに向かった先週金曜午後に、
ちょうど義父は退院だったそうだ。

行きの車の中で夫から聞いてそうとわかり、
まあそれは良かったわねと言ったら、
いや、父は今日、家には帰らず老人ホームに入る、と夫が答えた。
今家に戻っても、きっと父はパニックする、と夫が言う。
というのは、バスルームのリフォーム工事が始まるからだ。

義母を始め、夫の兄弟達が前々から検討してきたバスルームのリフォームだったが、
ようやく義母が心を決めて取り掛かることになり、
工事が月曜から約10日間の予定で始まる。

壁と床のタイルも総取替えになるから、
家の中は何かとうるさくなるし、
水の全く使えない日もあったりするので不便にもなる。

認知症の進んでいる義父は、事の次第を理解できない。
誰が何度話して聞かせても、もうわからない。
ただ家に帰りたくて仕方ない。

義両親の家は、築何十年も経っているから、
もうあちこちが傷んできている。
リフォームしたほうがいいんじゃないかと思う箇所は、
なにもバスルームだけじゃない。

義母も義兄も、衰えて認知症の進んでいる義父が、
リフォーム工事に耐えられないだろうと心配し、
ずっと工事に踏み切る決心がつかずにいた。

しかし義父はもう、一人で思うように動けず、
バスタブに入ることもままならない。
思い切って、バリアフリーのシャワールームに大改造だ。

お風呂が壊れたから直すんだよと、
何度となく誰かしら義父に説明するけれども、
義父にはもうわからない。

わからないから、
業者さんの出入りを不審に思ったり、怖がったり怒ったりするだろう、
というのが義母の心配だ。

それで今回の、老人ホーム一時入居。
夫の実家と同じ町にある老人ホームだから、車ならほんの数分で行ける。

その建物は、高台にあり、概観はとても素敵でドイツらしくきれいなデザインだ。
木々に囲まれた広い敷地には、隣接して幼稚園もある。

考えてみれば、私は生まれて初めて、老人ホームというところに足を踏み入れた。
玄関を入ったロビーに、20人くらいだったろうか、お年寄りがいた。
沢山あるソファに、座って眠っている人や、
座ってただぼんやりと空(くう)を見ている人が多かった。
どの人も、動かずにじいっと座っていた。

時折、従業員の人がロビーを横切り、私達に笑顔を見せて挨拶をした。
ああ、こういう所でお年寄りだけを相手に働く人は、なんてすごいんだろう。
大変な大変な仕事だと思った。

私は、息が苦しくなった。
一度に沢山のお年寄りを見て、
それはただでさえ哀れで切ない光景だったし、
これが、今は若い人の、未来の姿なのだ、と思いつらくなった。

どの人も、若くはつらつとした時があったのに、
今は、ぼんやりとして、それぞれがとても一人ぼっちだった。

義父は、ロビーの端の、一人がけのソファに座っていた。
私がハローと言って握手をすると、
ああ○○が来た、と言って、私の名ではなく、うちの娘の名を言った。

義父は、退院して家に帰れるとばかり思っていただろうから、
老人ホームに連れて来られて、訳もわからず切なげだった。
見ているこちらも苦しくなった。

義母と義母の息子達が決めたことだから、
私はそれに口出すつもりはないが、
泣きそうな義父を見るにつけ、かわいそうになった。
肉親の誰もが、もっとつらく複雑なんだろう。

でも、老人ホームでなければ、それではどうする?と考えても、
あとは家に連れて帰るしかない。
そうすれば義父がパニックになると周りは心配する。

年をとる、というのは、なんて大変なことだろうかとまた思う。
それでも、義父はまだいいのだ。
だってよそには、もっともっと悲惨な状況が限りなくある。

私は、お年寄り達の姿を見て、息が詰まりそうになった。
「老いる」ということをこれ程目の当たりにして、
何とも言えない複雑な気持ちになった。
本当に、文字通り、何にも言えなくなった。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ0円のWEB素材屋さんのランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



もう限界

もう限界だ。
もういやだ。

この頃、つくづくそう思う。

何の限界かって?

それはね・・・・・・夫のニホンゴ。

夫の日本語を聞き続けることに対し、
私にはもう限界が訪れつつあるんじゃないかっていう気がする。

もともと私は、日本語を学ぶ外国人と話す機会があると、
かなりの忍耐をもって話相手になってあげられる。

(ところで、夫はもう、日本語を学ぶことをやめて15年近くになる。)

外国人が日本語を学び話す時に、どうしてもしてしまう文法上の間違いのパターンを、
私はよく知っているし、だから相手の言いたい思いを汲んであげるのも上手い、
と自分では思っている。

言いたいことをどう表現すればいいのか、ということを、
やさしい言葉を使って、なおかつ、相手の気持ちを傷つけずに説明することが、
結構上手い方じゃないかと、私は自分で思っている。

外国語を話そうと頑張るその姿を、スゴイ!エライ!と思うからこそ、
日本語を学ぶ外国人をいつだって私は好ましく思う。

しかーし!

出会って18年もたち、
ところどころに全く上達の無い夫のニホンゴ文法に、
私は心底疲れて倒れそう。

ああ。

彼のニホンゴが楽しくておかしくて嬉しかった時期など、
多分最初の2年だけだった。
それを過ぎて、私は次第にくたびれていった気がする。
でもそれを、認めずに来た気がする。

彼は、私がいつも彼に日本語で話すのを望んできたから、
私は、彼の望み通りにいつも日本語で話してきた。

私にとって、こんな楽ちんなやり方はなかった。
自分の言葉で話せばいいのだ、こんな安易な道が他にあろうか。

私の日本語は、しかしいつしか彼向けの日本語に変わって行った。
熟語などをなるべく使わないように心がけてきたし、
難しげな表現など使わずにやさしい言葉で話すように心がけた。

そしていつしか私には、
「易しい言葉だけで話す日本語」みたいなのが身についてしまった。

全ては、彼のためだったじゃないか。

私は彼が、日本語のどんな言い回しを知っていて、
どんな言い回しを知らないか、かなりわかっているつもり。
だから、彼の理解の及ぶであろう日本語で話してきた。

彼が私に、日本語を話すことを望むならば、
私は彼に、よくわかってもらえるよう丁寧に話し、
100%理解し合いたかった。

ああ、何年にも渡る日常のそんな私の努力など、
自分本位のドイツ人にわかるわけもない。

最近私は、急いでいる時とか感情的になっている時などに、
日本語の中にドイツ語の単語や言い回しをまじえて喋ることが多くなった。

そんな風にごっちゃにして喋るのは、良くないとは思うけれど、
日本語で易しく説明するのも、いまや億劫になってしまった。

そんなわけで今日も、
日本語の中にドイツ語の言い回しをまじえて話したら、
初歩的なドイツ語ミスをしてしまい(ああ私もうっかりした)、
そしたら彼がそれを指摘し、怒るではないか!

指摘するだけならありがたい。
しかし、彼は言った。
もう聞いていられない!

は?

あなたね、それはね、こっちのセリフなんですけども。

18年間、私があなたのニホンゴに耐えてきたことを、
あなたはわかっているんだろうか。

腹が立って、もう文字通り、言葉を失う・・・。(って、ちょっと大げさか。)
でも、もうね、つくづく、やんなったぁーと叫びたい。

自分のニホンゴは凄く上手いと勘違いしている彼のニホンゴ。
発音は絶対上手くならない彼のニホンゴ。
が・の・に・を をいまだに習得できてない彼のニホンゴ。
いや、「が」と「の」はまだいい。
なってないのは「に」と「を」。
これが私をイライラさせるのだ。

私がドイツ語の一格と三格を間違えたくらいで、そんな怒るものかなぁ。
ああ、私は、ほんと突っ伏してしまいそうになる。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ0円のWEB素材屋さんのランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。

隠しごと

先日娘(15歳)は、近くの友達の所に行くといって出かけた。

「近くの友達」?
ふーん。

娘の友達の中で、私の知っている「近くの友達」は4人ほどいるけれど、
あんまり親しく行き来するような間柄でもないように見えていたから、
ちょっと不思議な気がしたが、黙っていた。

戻る時間を言わずに出たものだから、夕方には戻るんだろうと思っていたら、
夜になっても帰って来ないので、娘の携帯に電話を入れた。
娘は私を、うるさいと思ったみたいだったが、それでもじきに帰ってきた。

私が娘に聞くより先に、息子が娘に、口うるさい親よろしく、どこに行っていたのかと聞いた。
娘は、友達のとこ、と答えたが、息子がしつこく、その友達なんて名前?と聞いたので、
娘がやっとその子の名前を言った。

それが私の知らないオトコの子の名前だったので、私はちょっと驚いた。
むむ。
カレシでもできたか?

聞くと、その子の所で、娘のクラスの友達(女の子2人)と、
あと、別の男友達が一人来て、つまりうちの娘と全部で5人集まってたそうだ。
男の子二人は16歳らしい。

女の子の一人が、その夜その家に泊まるということになっていたと聞いて、
私は少々複雑な気分になる。
親御さんが留守にでもしているのかと思ったら、お母さんがいるという。

ふーん。

男の子と女の子が何人かで集まって、わいわい楽しくアホなお喋りをしている分には、
別に何のイケナイこともアブナイことも無いだろうとは思うものの、
私は何かちょっとこう、泊まるっていうのはどうも・・・という気持ちがした。

それから数日後の昨日。
夕食の支度が出来たので、部屋にいる娘に声をかけたが返事が無い。
i-Pod聞きながらだと聞こえてないこともあるから、大きな声で再度呼んだが返事が無い。
ノックをしたが顔を出さない。

は?もしかしていない?
見ると娘の靴が無い。
ははーん、こっそり部屋のテラスのドアから出ちゃったか。
(子供部屋からは外に出られる。)

そう言えばさっき、晩ご飯何時ごろになる?と娘が私に聞いたのは、
こっそり抜け出してこっそり戻ればばれるまいと思ったのだろう。

娘がいないとわかって、娘抜きで夕食を食べた。
しばらくして、娘が部屋から出てきた。

どこ行ってたのよと聞く私に、散歩に行ってたとごまかす娘。
誰かと一緒に?誰と一緒に?と、私が聞くより早く息子がまた聞く。
でも、「散歩に出ただけ」以上のことを娘は言わなかった。

娘が誰かと会っていたと決め付けるのもどうかと思うが、
夕方の暗い中を散歩に出るなど、あまりに不自然。
もともと、明るくたって散歩などしない娘だ。

似たようなことを私がしたことが、高校時代に一度だけある。
クラスの男の子が、日曜だったか前ぶれも無く家に来たことがあった。
(昔だから、ほら、ケータイなんかなかったし。)
私はちょっと出て、会って話しただけなのに、戻ったらどれほど父に怒られたかを思い出す。
何がそんなにまずいのか、何がそんなに父を怒らせるのか、私にはわからなかった。

自分の昔を思い出すとき、昨日の娘にどう接するべきなのか、迷う。
自分だって、厳しくうるさい親のことが嫌だったじゃないか。
同じく嫌な親に、自分もなるのか。
それとも、子供の隠しごとを、黙って見守っていればいいのか。

うーん、複雑。

でも、やっぱり、黙って見守るほうがいいかもしれない。
みんな自分で、♪大人の階段のーぼるー♪んだもんねぇ。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ0円のWEB素材屋さんのランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。

カレシできた

あのさ、彼氏できたんだよね、

と娘が言った。

あらまあそれはオメデトウゴザイマス、なんて答えながら、

私は、頭の五分の四まで、ううむ…と考え込んでしまった。

何が私を、穏やかならぬ気持ちにさせるのか、

自分でもよくわからない。

娘がその男の子を好きで一緒にいて楽しいなら、

それは微笑ましいことではないか…

と思う自分と、

恋に不慣れで若すぎる娘を、

母親として単純に気遣いたくなる自分とがいる。

ふ-む。


ああ、子育ての悩みというのは、
こんな風にどんどん内容が高度になっていくのか。
先が思いやられるというもんである。
そして、いつになったら、
こんなもやもやした気持ちから開放されるんだろう。
あらゆる家庭の、人生の諸先輩方を、
私はここで初めて、何かこう、
見上げたくなる気持ちになるんであった。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ0円のWEB素材屋さんのランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。

おばさんと犬

先日、何年ぶりかで、ちょっとした用事のために電車に乗った。
考えてみると、電車に乗るなど3年ぶりか。
それくらい普段は車で移動している。

途中の駅から、犬を連れたおばさんが乗ってきた。
ふうん、電車にも犬を連れて乗れるんだ。

計7年以上ドイツに住み、
それ以外でも東京-ドイツ間を15回は行き来したかと思うが、
犬連れで電車に乗って良いとは知らなんだ。

私は、昔まだドイツを全く知らなかった頃に、
ドイツ人が、レストランに犬を連れてくるのを見て、驚いた。

しかし、レストランだけじゃない、クリニックにだって、
人が平気で飼い犬を連れて入ってくるのを見た時は、もっと驚いた。
うーん、やっぱり、そういうのって、やだなぁ、と思った。

普通日本人の感覚からしたら、特にクリニックに犬を連れて入るなど、
ちょっととんでもないような光景じゃなかろうか。

さて、その犬連れのおばさんは、
2人分空いている座席の片方に腰掛け、そして愛犬を隣の空席に導いた。
犬は、指し示された座席の上にもちろん上がり、ちんまりと丸くなった。
おばさんは、犬の頭をなでて、犬に微笑んでいる。

土足でソファに上がるようなものだと思い、私は見ていて気持ちが悪い。
それに、動物は動物、さほど清潔ではない、と思っている。

なにしろ私は、妊娠初期にトキソプラズマ症と言われ
(感染経路は、日本では主に生肉・猫からとされているが、
 ドイツでは、生肉・あらゆる動物・魚から感染する、とされている)、
心配性な私は、あんまり心配して、
これは中絶すべきなのかとまで泣いて悩んだ経験があるものだから、
それ以来、動物に対し神経質な部分が出来てしまった。
(結果的には、なーんにも悩むこと無かったんですが…。)

飼いたくて飼いたくてペットを飼っていて、
そしてペットが大事で大事で仕方ない人にとって、
ペットの存在は、それこそ我が子かそれ以上か。
いや、犬の場合は、飼い主の命令をよく聞く分、
我が子以上にかわいいものかもしれない。
そういう気持ちを、察しないわけではないのだけれど…。

少し混んで来た車内には、
犬がまるくなっている脇に立つ人々もちらほら出てきた。
人が立っていて、犬が座っている。
なんだかなーと私は思うのだった。

(でも私なら、そこが空いても絶対座りたくないなぁ。)

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ0円のWEB素材屋さんのランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ