FC2ブログ

日本の高校に行きたーい!

うちの娘は、現在9年生という学年で、
それは日本の中学三年生に当たる。

日本では、年度替わりが3月だから(4月と言うべきか)、
日本の中学三年生達は、今頃は高校入試を間近に控え、
心の準備をしている頃だろう。

ドイツの9年生は、バイエルン州の場合は年度末が7月末なので、
それまでは9年生で、そのまま順調に行けば、10年生になるのは9月から。

ところで、うちの息子はしばらく前まで、犬犬犬とやたらにうるさかったが、
うちの娘は、日本に行きたい!と、うるさかった。
息子がうるさくなるよりももっと前からうるさかった。

うるさかった?
いや、過去形ではなく、それは常に現在形。

日本の高校に行くのが娘の夢。
そして、日本の大学に進み、日本で就職し、二度とドイツになど戻りたくない。
それが娘の「現在の気持ち」。

私は娘がそのことで何か言ってくるたびに、こんな風に答えてきた。

今すぐドイツを出て行きたい気持ちはわからないでもないけれど、
ここで(ドイツで)もうちょっと辛抱し頑張って
Abiturアビトゥア(→高校卒業資格。と同時にそれはドイツの大学入学資格となる)を取りなさい。
日本に羽ばたくのはそれからでも決して遅くない。
今はチカラを蓄えて、将来に備えよ。
日本の大学に入学(あるいはドイツの大学から日本の大学に留学)できるように、頑張りなよ。
(あなたが日本を好きで私は嬉しいよ。)

・・・てなことを言ってきたのだが、娘はいつのときも、うなづかなかった。
うなづかずに、くやし涙を浮かべた。
娘は、たった今ドイツを飛び出したくて、
親がたった今日本の高校に入れる様に手続きをしてくれることを望んでいる。

親がどうして快く賛成しないのか、
どうして自分をさっさと日本に放り出してくれないのか、と、娘は悩む。

今現在の、娘の行きたい先は、母親の国「日本」しかなくて、
そして日本の東京は、娘の生まれた場所でもあり、
おぼろげながらに覚えている東京に、また住んでみたいと思う気持ちがとても強い。

人生の、おそらく最も楽しいであろう年齢を、東京かその近郊で過ごしてみたい。
ドイツの、こんな田舎町に、これ以上住んでいたくない。

・・・と娘は主張する。

ああ、もう何ヶ月も前から、娘の気持ちを聞いてきて、その度に前述の答えをしてきた。

15歳の娘を、放り出す決心がつかない。
お金はどのくらいかかるのだろうか。
いや、お金の問題ではない。
一人で行かせる決心がつかないのだ。

それに、例えばドイツの学校を休学して1年間を日本に行ったとしても、
形としての「成果」をあげることができるのか。
できなかったらドイツに戻り、
1学年をさかのぼってでも(棒に振ってでも)アビトゥアを目指す気になれるものなのか。

別な国に行けば楽しい生活になる、と信じたい若い娘に、
そこに思い違いがあるかもしれないことをわからせるのは容易ではない。
若さゆえに、生き急ごうとする、そういうことは誰しも経験することだ。

あと3年、待てないかな、頑張れないかな、といつも思い、そう言う。
しかし、アラフィー(アラフィフ?)あたりをさまよう私にとっての3年は至って短くとも、
15の娘にとっての3年は、気が遠くなるほど長いのだろう。

娘の気持ちを汲んで、夢をかなえてやりたいと思う反面、
しかし、、、放り出せない。たった15じゃないか、と思うと。

子育ての悩みはいつも難しくなっていき、
私には子供に納得させられる答えが容易く見つけられなくなった。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ0円のWEB素材屋さんのランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。

簡単なことが理解できない時

バイエルン州の学校の、クリスマス休暇最終日は1月6日だった。
その日は「聖三王の日」で祭日でもあり、義母が家に突然来ることになった。
「もう一人のおばあちゃん」と一緒に来ると言う。
夫の弟の奥さんのお母さん、のことだ。

二人で来るんだと思っていたら、甥っ子のF(18才)もくっついて来た。
Fは、義弟の子なので、その「もう一人のおばあちゃん」は、つまりはFの母方の祖母。
(と、それはどうでもいいんですが。)

着いたのが11時過ぎで、とりあえずお茶でも?と聞いたら、
義母はフルーツティーがいいと言い、義弟の義母は紅茶、
そしてFは、緑茶がいいな、と、全員ばらばらの注文が来た。
 
緑茶を淹れながら、私はFにこう言った。

ドイツで売られている緑茶と日本のそれとは全く味が違うの。
あなたは緑茶本来の味を知らないと思うから、
ほんとの日本の緑茶を入れてあげる。

そして、フルーツティーも紅茶も淹れて3人分のお茶をテーブルに運び、
ミルクと砂糖入れも出した。

自分のコーヒーも用意しながらふと見ると、
Fが緑茶をスプーンでかき混ぜているではないか。

私はてっきり、彼が砂糖を入れてかき混ぜていると思い、思わず聞いた。
(私は、緑茶に砂糖なんてとんでもないことと思っている。)

もしかして、砂糖、入れたの?

こういう時、外人である私にとって最もわかり易いのは、
イエスかノーでもらう返事、である。

けれどもFは、イエスかノーかは言わず、こんな風に答えた。

フェラーリに乗ってアウトバーンを時速60kmで走るような、そういう真似はしないサ!

それはつまり、ノー、砂糖は入れてないよ、という意味なんだけれども、
彼はそんな単純な答え方をしない子だ。

私のようなガイジンは、
いや、言葉を替えよう、ドイツ語が堪能ではない私のようなガイジンは、
ここで理解に苦しむ。

何で急にフェラーリが出てくるのだろう。
ただの緑茶から、何ゆえに、
アウトバーン、時速60km、という言葉に展開していくのかが、わからない。
そう喋る彼のその感覚が、わからない。

しかし、Fっていう子は、こんな答え方をすることが多い。
加えて彼はとても早口で、言葉が滑らか過ぎるというのか、
私にとって彼の言葉は、いつだって難解で、たとえ一対一で喋っても難しい。

Fは、日本にとても興味があって、以前週一回日本語を習っていた時期もある。
片言の日本語なら知っている。

外国語を学ぶ難しさを、彼はわかっているはずだ。
しかし彼は、私が理解できるようにと思いやりをもって
シンプルに話すことは下手くそ、ほんと。

私の夫は日本語を話すが、
それでも私が思う存分熟語を交えて話しかけたら、彼はきっと頭を抱える。
さっぱりわからない、と言うはずだ。

わかりやすく話してあげるという心がけ・思いやりは、
外国人と話す時の必須条件であると私は思っている。

私は、夫以外の外国人と接する時も、
その人が頑張って日本語を話そうとする人ならば、
必ず上記のことを心がける。

しかし、ドイツで、反対にそういう思いやりを私が受けることはほとんどない。
相手を思いやっても、報われないのだなこれがなかなか。

Fは、お茶っ葉のかけらが沈殿していたのを
スプーンでただかき混ぜていただけだったんだろう。
だいたいどうでもいいのだ、彼がどうやって何茶を飲もうと。
何も聞くんじゃなかった。

私は、とても簡単な質問をして、その答えをすっと理解できなかった。
周りの全員が、当然のことながらFの答えを難なく理解しちょっと笑ったりもするのに、
質問を提示した本人の私が一人きょとんとするのは、実に滑稽な光景である。

初めてドイツに住んだ頃、
こんなことはもっと多くあり、めげることもあったが、
それでもまた元気を出せた。

最近は、こんな些細なことに過敏で、傷つく。
私が皆の前でドイツ語の何かを理解できなければ、
子供達も恥ずかしい思いをすることがある。
娘の顔がちらっと翳るのを見て、私はまたちょっと落ち込む。
 
それでも私の生活など、楽なものだと思わなければ。
外国で、そこの国の言葉を喋り多くの人を相手に「仕事をしている」人こそすごい、
といつも思う。
こんな些細なことに一々敏感になっていてはいけないのだ。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ0円のWEB素材屋さんのランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。

さがしもの

私は、捜し物がうまい。

と言っても、それは家の中でのことで、
家族の誰かが何かを捜している時に、
それを手伝うのがうまい。

夫が、ここ何日も、デジカメの電池の充電器を捜していた。
去年買ってまだ新しいデジカメで、
充電器は前の古いデジカメのと比べるとかなり小さい物になった。

誰でもそうだろうけれど、捜し物をする時は、まず考えなければ。
誰が最後に使ったとか、どこで最後に使ったとか、
思い出しては心当たりの場所を捜す。

最後にデジカメを使ったのは、どうも息子のような気がした。
夫も、娘も、そんな気がすると言う。
いつだった息子がふざけて写真を撮っていたのを、
家族3人で目撃した気がする。
あれがデジカメを見た最後だったのでは?
息子はあの時充電器も使ったはずだ。

それなら息子の部屋にあるのでは?と3人で疑ってかかる。
しかし息子は、自分の部屋には絶対に無い、と言う。

しかし息子自身、どうも最後に使ったのはやっぱり自分のような気がして、
でも、その後どこへ片づけたか放りっぱなしにしたのか、わからない、と言う。
私は一応息子の部屋を捜してみたが、息子の言う通り見つからない。

誰かが充電器をしまいそうな箇所を全て捜したが、無い。
充電器をいつも入れておく引き出しにはもちろん無い。

最後に誰が手にしたのかが、どうもハッキリしなくなり、
こうなると、捜し物は得てして、見つかりにくい変な所に入っているものである。

変な所と言えばそれは、
誰かのジャケットやコート(それも普段あまり使わない物)の
ポケットの中であるとか、
あるいは、普段使わない旅行バッグの中であるとか。

私は、家族の物であっても、
コートのポケットやカバンの中を探ることは、
性格的に好まないのでしない。

あ、息子の場合は別である。
ポケットの中から何が出てくるかわからないし、
古いお菓子のかけらが出てくることだってあるので、私は時々チェックする。
息子がそれを嫌がるようになるまでは、やめないだろう。

さて、充電器は、いずこ?

そしてデジカメのバッテリがもはや空っぽになった昨夜、
明日はどうしても仕事でデジカメを使うから、と、夫が捜し始めた。

私は、夫にまた言った、
普段使わないものの中だよきっと、カバンの中とか見てみたら?

そしたら、見つかった。なんとも容易く。

私のお告げ通り、旅行用のハンガーバッグのポケットから出てきたではないか。
それは夫が主に使うものだから、私は探ってみたことがなかった。

ふふん。誰よ、犯人は。あなたじゃないの!

さっさと私の言う通りに捜していたなら、もっと早くに見つかったものを。
無い無い無いと騒いでおいて、息子を疑って(って、私も少しは疑ったが)、
まったくしょうがない。

その旅行バッグを夫が最後に使ったのは、
クリスマスに夫の実家に向かった時だ。
夫が自分でそこに入れておいて、それを忘れるとは何ごと。

あれから夫は、無いなあ無いなあと昨日まで言ってきて、
私は思いつく限りを捜してきた。

私がいないと、ほんと、うちの家族は、紛失物が増えると思うよまったく。


しかし、そういえば、私はこの冬、革の手袋の片方を無くした。
元旦にはコンタクトレンズが片方消えた。
共に、捜してももう見つかるわけがない。
うぅむ、人のことは言えないのだった。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ0円のWEB素材屋さんのランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。

洗車をすると乗れなくなる

夫が先日3日間レンタカーをした。
朝に、うちの車で一緒にレンタカーオフィスに行き、
夫はそのままレンタカーで出発することになっていた。

車は、ほぼ夫の希望通りのタイプ(アウディ)だったが、
オートマ車だったので夫はがっかりする。

ドイツ人は基本的にはオートマ車を好まず、夫も例外では無い。
マニュアル車希望、とわざわざ言えば希望が通ったかもしれないが、
普段マニュアル車が当り前と思っているからそんなことを思いつかなかった。
しかし、高級車になるとオートマ車である場合も多い。

やだなー、かっこわるいなー、と言う夫に、私は冗談を言う。
ふぅん、それなら私がこのアウディ乗るからさ、
あなたうちのパサートで行けばぁ?

私は、今はオートマでもマニュアルでもどちらでもいい。
オートマなら楽チンだが、マニュアル車だから大変とも思わない。
(ただうちの車はサイドブレーキが無いので、
 これだけは1年乗ってても不満。)

さて、レンタカーのアウディは、外に停めてあったので、
最近の寒さでかちんこちんに凍っていた。
車体のカラーがブラックなのはわかるが、
それにしても真っ白に凍っていた。

レンタカーオフィスの女性は、
「この車には、右のドアにかすり傷がありますので、ご出発前にご確認を」
と言ったが、そんな傷は見えないほどに、車体は凍って真っ白だ。

女性に外まで来てもらい、こういう状態だから確認できない旨伝え、
時間も押しているので、夫は出かけた。

夜遅くに帰宅した夫が言った。

いい車だけど、それにしても汚かった!

いや、車内は普通にきれいだけど、車体がとにかく汚なかった。
こんなに汚れたレンタカーを、これまでドイツで見たことが無い。

朝はクルマが凍っていてわからないが、
昼になってクルマが温まってとけると、それはそれは汚い。
レンタカー会社に電話をして、こんなに汚れているとは…と言ってみた。

そしたらこう言われた。

普通ならば洗車するのだが、
これほど冷え込みが厳しいと、
洗車時の水分が凍ってドアが開かなくなる。

それで汚いままです。
申し訳ありません。

へー。なるほどねー。

(洗車後の、ドア開閉部分の水分を、凍る前に素早く拭き取る、
 というところまでは丁寧にやっていられないのだろう。)

これ、マイナス5~十何度という気温を日常的に経験したことが無いと、
「そんなのお湯をかければ大丈夫では?」と言いたくなるところだが、
それをしてしまうと、さらに氷の嵩(かさ)が増す。
車のドアなどそれこそ二度と開かなくなる。
あまりの冷え込みに、ぬるま湯などでは瞬間冷凍だ。
(熱湯をかければ大丈夫だろうか。)

しかし、アウディと言えば、高級車ではないか。
「ドアが凍って開かない時には、センサーが働いて、
 凍結ドア解凍機能が作動する」
とかいうファンクションは付いていないのだろうか。


ところで、ドイツでは、路面凍結防止に道路に塩を撒く。
この塩分で車はとにかく汚れる。

いずれ塩分が流れて地面に滲み込めば、
環境にいいわけは無いが、路面が凍結しては大変危険だ。

うちの車もあんまり汚かったので、私は昨日ざっと洗った。
どうせ数日後には元通りに白く汚れるとわかっているが、
あんまり汚れた車に乗るのも気持ちがよく無いし、
窓が汚いのも気になっていた。
とりあえず簡単にぬるま湯で流すに留めた。

昼間の、それでも気温が多少はまし(マイナス2度くらい?)な
時間帯に洗ってしまおうと思ったが、
あれこれ用事を済ませるうちに、洗車する頃には4時半になった。
気温は、マイナス4度に下がっていた。

ああ、しまった。気温が低すぎる。
洗うそばから、水滴が凍って車体に張り付いていく。
拭き取ろうとしても、シャーベットをうすく塗りつけた様な状態になり、
とても拭き取りにくい。

ざっと洗い流してざっと拭き上げガレージに入れた。
1時間後に出かける用事があるが、短い時間だけでもガレージにしまう。
ドアが凍って乗れなくなってはたいへん。


ということで、
ドイツでレンタカーをしたらば車体がすごく汚かった、
ということがもしもあったら、
それは、その時期ドイツが非常に冷え込みが厳しいということを示すと同時に、
車に締め出されないようにする工夫でもあることを理解し、
汚くても我慢し諦めなければいけないのであーる。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ0円のWEB素材屋さんのランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。

ブレーキにモンダイ

今の車に買い替える前は、4年間同じ車に乗っていた。
それがなかなかアブナイ車で、冬になるとブレーキが利かなくなることがあった。
いや、利きにくくなることがあった、と書くほうが正しい。

冬に、道路が凍結しないようにと塩を撒く話は前回書いたが、
塩の撒かれた道路にみぞれや雨が降って路面がびしょびしょの状態を走る時に限り、
ブレーキが利きにくくなることが多かった。

ブレーキペダルを数回踏み込むと次第に利くようになってくる、そういう状態だった。
そう、大昔に学んだポンピング・ブレーキをしてあげれば、ちゃんと利いてくるのだ。

どうも、塩がまずいらしい。ただの雨ならほとんど問題ない。

初めてこれを経験した時は驚いた。
ブレーキペダルを踏み込んでも、ふわんとした感じになりブレーキがかからない。
何だこれは?と思い、焦りながらも落ち着いて二度、三度と踏み込んだ。
そしたらブレーキをかけられた。
停止線で止まっていた前車にぶつからなくてよかった。

こちらでの最初の冬に(6年前)それを経験した時、
こんなことは有っちゃいけない、
欠陥車ということだからディーラーに見てもらわなければ、
と思い聞きに行った。

しかし、向こうの言い分は、要約するときっぱりとこうだった。

これは、この車種の持病みたいなもので、手の打ちようがありません。
他にも同じクレームが来ていますが、私共では何もできないのです。
これまでに手を尽くしてはきたが、問題点が見つけられない。

(こちらでは、こういう時に、申し訳ございません、などと言わないのがミソである。)

うぅむ。

あの時確かその人は、
ア○ディの何とかタイプも同じ癖が出る、とか言っていた気がする。

一度だけは点検をしてくれたが、改善はなかった。

車というものは、当然のことながら、「走る」よりも「止まる」方が大事である。
走る力よりも、止まる力が勝っていなければ、とっても危ない。
なのに止まる力がフニャンとなるのではすごくまずいではないか。

うぅむ。

それで結局は、冬の雨の日は気をつけて運転しよう、ということになった。
だって私たちには、ディーラー以上に打つ手が無い。
しかし、それをころっと忘れることもあった。

今乗っているクルマも、車種は前のと同じだが、
ブレーキの問題はかなり改善されている。
しかし、その傾向が消えたわけでなく、すこーし感じることがある。

ところで、前述のディーラーの対応に、当時の私は最初腹を立てた。
あんな言い分があるんだろうか、と思った。

しかし、全く別な考え方をしてみれば、
そんな小さなこと?で騒がず、車の癖をよーく心得て、
個人の責任で安全に乗れば済むことだ、とも言える。

個人がしっかりする、気を付ける。
たとえ車に治せぬ持病があっても、付き合ってあげようじゃないか。
これが基本姿勢、と、思ったりして。

ということで、冬場の安全運転、特に雨の日。
それを心がけ今日も出かける私である。
 
FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ0円のWEB素材屋さんのランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ