FC2ブログ

いやなことを思い出した日

先日、こういうニュースがありました。

「ナンパ無視したら…大阪の繁華街、21歳女性が顔切られる」
(3月30日1時10分配信 毎日新聞)     該当記事はこちら

犯人は男2人。切りかかる前には女性の顔を数回殴ってもいる。
女性は、頬に約3センチの傷を負った。

顔に傷とは可哀想に。


繁華街だろうがナンパスポットだろうがどこだろうが関係ない。
一体全体何の因果で、この女性はこんな目に遭わされたのだろう。

何の謂れも無い人を突然傷つけ、そして逃走するなど、
こんな卑怯なことがあるだろうか、と思う。

こんな卑怯な男が、何故あっちにもこっちにもいるのだろう。


そして私は、ふと昔のことを思い出したのだった。
ナンパを断り頬に平手打ちを喰らった経験を。

それはあんまり昔の話で、今から20年も25年も前だったかもしれない。
例えばストーカーなんていう言葉が、まだ無かったかもしれない「時代」。

場所は新宿駅付近。
会社帰りの私は、その通りすがりの男からお茶に誘われたのを断り、
結果そいつを怒らせたのだ。

若かった私の生意気が、少々の気位の高さが、
男にはさぞ気に食わなかったのだろう。

そう、思い起こせば私も、
そんな「通り魔」に出会ったことがあったのだ。

私の顔を打って、そいつは足早に立ち去った。
私は、まさに呆然と立ち尽くした。

そこで何をどうできるというのだ。
男を追いかけ非難すれば、逆にもっと殴られていたかもしれない。


そういえば、思い出したくないこんなこともあった。
やはり新宿駅の、今度は東口。

ああ、そうだ、あの夜は仕事の後で女友達と二人で飲んだ帰りだった。
心楽しくほろ酔い気分で終電間際の電車を目指す私に、
突如誰かが襲い掛かって私を引き倒した。

遅い時間の新宿駅だ。もちろん混雑していた。
すぐに人だかりができたようだ。

私にタックルをかまして、そいつは一体何をしたかったのだろう。

誰かが駆け寄ってくれたように思う。
私は、起き上がり、そしてその場から、ただ「逃げた」。

なぜ逃げたのだろう。
これを書きながら、今初めて思う。

JRの駅員さんは、あの時それを見咎め飛んで来たのだったろうか。
付近のどなたかが、その「犯人」を取り押さえてくれたのだったろうか。

私は、何も見ずに、振り返らずに、ただ逃げてしまったのだ。

犯人を見極めやっつけることをしなかった。
ただ、ショックを受けていた。

なぜこんな目に遭わされたのだろう、
楽しい気分の帰り道だったのに、とそれだけ思い、
頬にこぼれた涙をぬぐった。
汚れてしまったスーツがただ切なかった。


しかし私は、顔を切られたわけじゃなく、
どこかを刺されたわけでもなかった。

私はあの時、その行為に対して大層腹は立ったが、
しかし私の心は別段傷つかなかった。

若かった私は(若くない今も同じ信念はあるつもりだが)、
そんな最低の男からは心が何ら影響を受けないのだと、
そんな最低の男に私を傷つけるチカラは無いのだと、
あの時そう思って無理に自分を立て直した。

しかしそれは、単にもっと怖い目に遭っていなかったからに過ぎない。


あれから長い年月を経て、
怖い男の数ははるかに増えてしまったようだ。

しっかりしてくれよもう、といつも私は言いたくなる。

しかし。

そんな人々を育ててしまったのは、誰なのだろう。
親か、社会か、学校か。

もしも親なら、それは団塊の世代であったり、狭間の世代であったり、
新人類と称された私達の世代だったりするのだ。

そのまた子供は、この先一体どうなっていくのかと思うにつけ、
私は空恐ろしくなってくる。


FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



大人にし過ぎ・しなさ過ぎ

昨夜は、息子の通う学校で、
来年度(7年生(中1))からの進路選択の説明会があったので行ってきた。

日本語での表現がドイツのカリキュラムにすっと馴染むかわからないが、
言ってみれば、理系、文系、経済、芸術の四選択肢が用意されている。

いま時の日本の学校システムも知らない私などには、
はて、うちの息子はこれから大学生になるのだったかな
というような錯覚が起きそうな選択肢に見える。

理系だと、数学の時間数が多めで、物理が早速7年生から入ってくる。
化学は8年生(中2)から。

文系だと、第二外国語としてフランス語が7年生から入ってくる。

ちなみにうちの娘の通う学校では、
(学校のタイプからして息子のとは異なるのだが、)
6年生から既におフランス語が第二外国語として入った。

こんな早い学年からの第二外国語、というのは、
日本人には驚きじゃないだろうか。


この進路選択、将来どんな方面の職業に就きたいかを視野に入れてのもの。

しかし、息子は現在12歳で6年生。
将来どんな仕事に・・・など、本人にもさっぱりピンと来ないが、
親にしてもさっぱり。

苦手そうな選択肢から順に消去していけば、息子の場合残るは経済しかないが、
これも段々とかなり難しくなっていくという話だ。

経済という大テーマに興味が持てるか否か、そこが問題だが、
持てるかも知れないし持てないかも知れない、と、今はそれしか言いようが無い。

先生方から、「例えば進路1を選ぶと、将来の職業としてはこういったものが・・・」
といった説明がなされるが、
しかしうちの息子の将来を、親でありながらも全く想像のつかない私だ。

ちなみに、娘の将来は、何となく想像がつくのだが。

進路決定の期限は3週間後。
とにかくどれかを選ばなくては。


この年齢から既にこういった意味合いの選択を迫られるというのは、
親にとっては、いや、少なくとも私にとっては、
信じられないくらいに早過ぎる気がする。

「将来」を、そして「就職」をしっかり意識しつつ学ぶ姿勢を早くから促す、
という意味では、これで良いと言えるのだろうか。

しかし、どこの子供がそういう意識を持って勉強すると言うのだろう。
大人の思惑通りには、ここはどうも行かない気がするのだが。

無理矢理に、早い段階から大人への階段を登らされているドイツの子供達。
私は、いつもそんな風に捉えている。
それは実は幼稚園からそういうところがある、と私は思う。
(幼稚園に関し書き始めるとまた長くなりますので、今回は省略します。)

私がかねがね思っていることの一つにこういうのがある。

ドイツ人は、子供を早くから大人にし過ぎ。
そして日本人は、子供をいつまでもいつまでも大人にしなさ過ぎ。

なかなか言い得て妙ではないだろうか。

やり方としては、両者の中間あたりのドイツ寄り、くらいが、
実はちょうど良かったりするのではないだろうか。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。

友人と飲みに行く

ドイツに住むのはこれが二度目で、7月が来れば6年が過ぎる。

東京を離れて以来現在までの、この5年と9ヵ月の長きに渡り、
実のところ私は、「友人と飲みに行った」ことがただの一度も無い。

(注:夫と夫の友人と一緒に、みたいなのは除いて、ということです。)

友人と飲みに行ったことが無い、なーんてことを言うと、
そんなの信じらんなーいという声が聞こえてきそうだが、
しかしこれは事実。


で、なぜかというとね・・・。

1.日本人で気の合う人とこちらドイツで出会えた例(ためし)がないので、
そもそも楽しく飲めるような相手が私にはいない。
と言うか、ここは田舎ゆえに近場で日本人に出会える機会がそもそも無い。


2.そうなると、日本人が無理ならドイツ人と飲みに行けば良い、
だってここはドイツだもん、ということになる。

確かに、一緒にご飯を食べに行けそうな、ついでにバーにも行けそうな、
そんなドイツ人の友人が私にだっていないわけじゃないのだけれども、
私の方にどうしたって言葉の上限があるから、結局そこそこまでしか話し合えない。

でもって私の中にはいつしか、
そんなんじゃつまらないじゃないか、という気分が頭をもたげ、
そんなんだったらいっそ誰にも会わないほうがまし、と思ってきたところがある。

(ひねくれているかもしれないけれど、私はそうなっちゃったのです。
 その背景には、もう二度と外国に住みたくなかった、という気持ちがあって。)


私という人は、互いに腹を割って何でも話せぬくらいならいっそ友達などいらぬ、
という、どうにも薄められない考えが昔からある。

しかし、そんなことを望んでいると、
広く浅い付き合いなどというものすらできなくなってくるだけでなく、
日本人と出会えない環境にあってはそれこそ誰も、だぁーれもいない、という状況になる。

付き合えるレベルを変えない限り、
たとえ日本人と出会う機会が有ったとしても、やはり誰も見つからない。


私という人は、
この世にこの人こそ親友と思える人がたった一人でもいてくれれば、
それで充分に満足だと思うような、そんなタイプ。

しかし、そんなことを思っていても、
必要に応じては表面的な付き合いをしなくてはいけない。
その場合は、表面的にだけそつなくこなす。

しかし、どうせここからは何の付き合いも始まらない、何の近づきも無い、
との思いがいつも気持ちの中に空しく居座る。


そんな私が昨夜のこと、5年9ヶ月ぶりに友人と飲みに行った。
その友人とはクリスティーネChristine(これ、実名)。
ちなみに彼女は、過去にはここに登場してます。ご興味がおありでしたらどうぞ。

彼女は、若かりし頃フランスに留学した経験があるから、
言葉の苦労というものを身をもって知っている。

そんな彼女だからこそ、
私のドイツ語をいつだってバイエルン州の方言よりはるかにキレイだとべた褒めしてくれて、
「あなたがドイツ語を喋れる程には私はフランス語を喋れない」と言ってもくれるが、
実のところはわからない。私のドイツ語がそんな素晴らしいわけでは決してない。
彼女は優しくて人間的にも深みのある人だから、
私に対しとっても気を使ってくれているのだ。


最近うちの娘があることでクリスティーネに何かとお世話になった。
一言お礼をと私が彼女に電話をかけたのが先週で、
そして電話を切る前に誘ってみた。ねえ今度飲みに行かない?
そしてその場で日時が決まり、それが昨夜だった。

ああ、何年も、
こういうことをしなかった。
したくてもする気にならなかった。
誰もいないと思っていた。
しかしどうして、
飲みに行こうと誰かを誘う気になったのだろう。
自分でも、わからない。


昨夜は、だから心楽しく待ち合わせの時刻を待った。

オトコに会うわけでもないのに、
5年9ヶ月遠ざかっていた「待ち合わせ」というものに対し、
たとえその相手が女性でも、私は結構わくわくしたのだった。


(そして次回に to be continued。)

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。

子育て論議

(前回の続きです)

クリスティーネと待ち合わせて食事した。

ところでクリスティーネと私達が知り合ったのは、
私達が初めてドイツに住んだ時だったから、今から15年も前のこと。

彼女のところも私のところも子供が二人いる。
だから話すテーマと言うと、どうしても子供が絡んでくるのが多い。


クリスティーネという人は、とにかくよく喋る人なので、
私は聞き役に回れるから割合と楽。

反対に、相手が比較的無口な人だと、
私の方が気を使って、喋らなければと頑張ってしまう。

私の場合、喋る量と文法ミスの頻度は比例しているから、
喋れば喋るほどに、ドイツ語のミスが増えていく。

無口な人と会った後には、だから思わずため息が出る。
ああ、あれはもっとこう言えばよかった、
あんな説明で相手はわかってくれたんだろうか、
みたいなことを振り返って思い、そのうち会ったことを後悔すらしたくなる。
もっと図太い神経を持たなくてはと思うのだが。


さて、下の子が親の言うことを聞かない、親を馬鹿にする、
といったあたりが、クリスティーネ家と我が家は似ている。
きょうだい仲の悪いところも似ている。

ところで、口を開けば子供の自慢ばかりする親というのは嫌なものだが、
私達の場合は、互いに自慢することは無くて、
子育ての悩みとか、ダンナとうまくいかない悩みとか、
喋っているとそんなのばかり出てくる。

そういう中にこういう話題もあった。

「私達が子供だった頃は、親の言うことをもっとまじめに受けとめたものよ。
なのに今の子供というのは、親に対する尊敬とか敬意が無い…。
何か言ってもちゃんと聞いてはくれない」というようなことをクリスティーネが言う。

「それはきっと、親が子供と『友達』になっちゃったからじゃない?」と私。

「ほら、私たちの世代って、親が、特に父親が厳しくておっかなかったでしょ。
そういう親に育てられたものだから、いざ自分が親になった時には、
ああいう親にはならないぞ、もっと子供に優しくしてやるんだ、とか思っちゃって、
親は本来子供の上に位置すべきなのに、
子供と同じレベルに自ら落ちて、子供と友達みたいな風になっちゃった。

それがそもそもの大間違いだったのだと私は最近やっと気づいたの。

今どきの子供には、親を敬うなんてこと思いつかない子が多い。
だって敬う必要なんて無いじゃない、同レベルの友達なんだもの。

一番身近な大人である親に敬意を抱けない、
そういう子供を育てたのはこの私達だったりするわけよ。

子供は、親という大人に対してそうなのだから、
他の大人に対しても、例えば先生に対しても、
尊敬なんて最初から無いわけよ。

そんな風にね、私思ってるんだ…」

(おぉ、私にしては、クリスティーネ相手に長々と喋ったものだ。)

彼女は、ふむふむ確かにと相槌を打ちながら聞いてくれている。


そして喋りながら私は、ふと別のことを思う。

やっぱりこんな風に誰かと話すのは良いものだな。
たとえ上手なドイツ語を話せなくても。

そんなわけで、女二人で遅くまで
真面目な話もまじえて色々喋り、大いに楽しかった。

また飲みに行くことにしよう。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。

ロジャーへの手紙

ロジャー、

あなたの新しいCDを、(これが三枚目ね、)
金曜日発売だったけど買うの忘れちゃってさ、
でも土曜日にはちゃんと買ってきたよ。

でもさ、聞く暇が無くてね、
やっと今夜になってちゃんと聞いたの。

今回も、すごく良かったよ。
今、聞きながらこれ書いてる。

あぁ私は、ほんとにあなたの歌声を、
好きだって思う。とっても。

でもさぁ、一つだけ、気に入らないことがある。
何かって?
あぁそれは最後に書くよ。
あなたが最後までこれを読んでくれるようにさ、
それは最後に書くよ。

ロジャー、あなたの歌声を初めて聞いたのは、
もう二年も前の、ちょうど今頃だったかな。
2007年4月、だったよ多分。

私、あの時クルマを運転してた。
どの辺を走ってた時にあなたの曲がラジオから流れてきたかを、
まだちゃんと覚えてる。
それくらいあなたの曲は印象深かった。

なんていい曲だろうと、そう思って一遍で大好きになった。

でも、そのあとはさ、
ラジオからあなたの曲が聞こえてくることが二度と無かったから、
私はいつしかあなたのその歌をすっかり忘れてしまって、
そして数ヶ月が過ぎた。

でもね、ロジャー、
神様はうまい具合にめぐりあわせてくれたの、あなたと私を。

いいえ、そういう表現は誤解を招くわね、正確にはこうよ、
あなたの曲と私とを、神様はもう一度めぐりあわせてくれた。

2007年の「Live Earth」で、
あなたがハンブルクのステージで歌ったのよあの曲を。

すっかり忘れてたあなたの歌声が聞こえて来たあの瞬間、
私はテレビを振り向いた。そしてもう釘付けよ。



うちの娘に感謝したわよ。
あの子が「Live Earth」の日本のステージを見たくて、
それで朝の5時から一日中テレビを点けてたのが幸いしたの。

お蔭でたまたま私はあなたをテレビで見ることができて、
あなたの名前とその曲名を、やっと知ることができた。

そしてあの同じ年の7月、なんという偶然かしらね、
こちらの地方紙の表紙にあなたの写真が出ていて、
コンサートがあるって書かれてあった。

調べてみたら、ほんとに近くじゃない。(←車で40分でした)
もちろん私は早速インターネットでチケットを取って、
行ったわよコンサート。あの日は、7月半ばだった。

その、湖の上の珍しいステージは、
こじんまりとはしてたけど、その分あなたと客席の距離はとても近くて、
私はあなたと目と目が合ったような、そんな気さえして嬉しかった。

あなたは、私があなたにこんな「手紙」をここに書いていることを知る術も無いけど、
でも、それでいいの。
と言うか、あなたに知らせる術が残念ながら無いしね。
でも、とにかく私はあなたをいつも応援してる、っていうことよ。

あぁそうね、気に入らないことというのはこれよ。

二枚目のアルバムの、あの曲、それはとってもいい曲なんだけど、
ほら「コンドー○」という言葉が歌詞の中にあって、
私はどうもね、それが何だかすっごく嫌だったわけ。

私の美意識が、それをどうにもこうにも許せなかったの。
そういう言葉は歌詞にふさわしくないとね、そう思った。

でもね、アーティストの気持ちは、所詮私にはわからないわけ。
私になどわからぬ感覚があるのだろうと、
それくらいはそりゃあわかっているわよ。

でもね、3枚目の今回にも、
またしてもどこかにその言葉が入っているじゃない。
その言葉が聞こえてきた時、
私は思わず眉間にしわが寄ったわけ。

コンドー○がとっても大事なものだとはわかるけれども、
4枚目のアルバムにはどうか入れないでほしいものだわね。

まあね、そこだけ気に入らなかったけど、
腹を立てても結局私はあなたの歌声に、参っちゃうのよ。

ロジャー、こんなにもドイツ語がうまくメロディーに乗っかって、
こんなにもドイツ語を心地よく聞けるって、
私はあなたの歌を聞いて初めて知ったの。

あなたの歌を聞くときだけ、その時だけ、
私ドイツ人だったら良かったのになって思う。

心の底から、その言葉を、そのニュアンスを、
わかりたいなと、そう思うわけ。

ロジャー、私はあなたをこれからもずっと応援してる。
私が世界のどこに住んでても。

あなたの歌声を、どこかで聞いて、
感動をしてさ、涙こぼしてるかもね。

それをあなたが知らなくても、いいのそれで。
んじゃ。またね。



↓最新アルバムから静かめな曲を。



FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ