FC2ブログ

雪国に生きる編

朝には、粉雪がまた
7、8センチ積もっていた。

早朝は時間が無いから、
とりあえず前の道路に出る細い道を
新雪の中に作る。

娘はそこを歩いてバス停に向かう。
息子はそれをさっぱり無視して
雪を蹴飛ばし踏んづけて歩き出す。
二人とも、普通のシューズで。

あとで雪を片付けなくては。

10時頃から日が差して来たので、
急いで外に出る。

雪が湿らないうちに、これ以上重くなる前に、
全部片付けてしまおう。

もくもくと、たっぷり1時間半も雪を片付けると
(昨日は半分だけやってあとはサボったので、その分今日は大変だった)、

何というかもう、
しばらく口を聞く元気も出て来ないような、
そんな感じになる。

もっとも、口を聞く相手もいないのだけど。

あぁ雪を片付けてまた午前中が終わる。

結局のところ、昼間家に居る私が、
いつだって雪かき当番ということで。

でも、こんな風に、冬は冬らしく、
雪もしょっちゅう降っていれば、

夏らしい夏がまたやって来るんだろうと、
思ったりして。

でもやっぱり、腰が痛いぞ…。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



スキー合宿の話

2月になり、この頃はだいぶ
日が長くなって来たのを実感しますね。
夕方の5時がまだ明るい!嬉しいです。

今朝の気温はプラス1度。めずらしく小雨。
朝までに3センチ積もっていた雪が雨に濡れて、
ほんの3センチなのに、重いったら。


さて、息子の学校の行事で
1週間のスキー合宿があったのは先々週のこと。

その5日間(月~金)がどんなだったか、
息子から聞いた話の中で印象的だったのを
ここに書き留めておこうと思います。

まずはアレックスの話。

彼は、スノボ初心者コースに入っていたそうですが、
なんと初滑り目で派手に転んで、
いや奇妙に転んで、なのだろう、早速腕を骨折。

滑ったかと思ったら腕を折っていた、とは息子の弁。

これは、笑ってはいけないととても思うのだけれど、
どうにも吹き出しそうな話。

不謹慎は百も承知ですが、
それにこれが我が身なら痛くて笑い事じゃありませんが、
いや、、、それでもやっぱり笑ってしまいそう。

それにしても、スノボの初滑りで
骨折する様な格好もスピードも何もあるまいに、と思うが。

というわけで、引率の先生は大変です。


次はクリスティアンの話。

彼はなんと、この日のために300ユーロ(約4万円)もする
新品のスノボの板を親から買ってもらっていた。
しかしなぜか、スノボブーツは買ってもらっていなかった。

で、彼はなんと普通の防寒ブーツでスノボ板を履いたので、
(どうやって履けるんだろう、不思議だ)、
先生に見咎められ、もちろん怒られた。

聞けば、スノボは初心者だ、スキーなら出来る、
ということだったので、
結局、スキー道具一式を先生の命令によりレンタルさせられ、
急遽スキーのグループに入ることに。

こういう生徒が一人いれば充分に、
引率の先生は面倒な思いをさせられるものだろうと思う。

4万円の新品スノボ板は、結局使わなかったので、
とてももったいない話だった。


この話を聞いて、私は思った。
きっと先生は思ったに違いない。「この子の親は、
一体どういう支度を子供にさせたのだ」と。

夫が言った。
「もしかすると本当に、その親御さんは、
スノボは普通のブーツでもできると思っていたかもしれない」

まさか。ねぇ。


私は思うに、きっとクリスティアンの親御さんは、
「スノボの板は買ってやるが、スノボブーツは現地でレンタルしなさい」
と言っていたのかも知れなくて、
その親の言いつけを子は守らずにふざけて…ということだったのかも。
(しかしブーツが決まらなければ、金具はどうなっていたのだろう。)

真相は、私にはわからない。


「スキーやスノボの用具一式は、
親御さんが責任を持ってご用意下さい」とのお達しは、
昨年秋の頃から既に学校側から出されていた。
そしてそこには、「現地でレンタルも出来ます」
とも書かれてあった。

うちの息子の場合、
2シーズン続けてスキーの金具に不具合が出たので、
私は実は結構ナーバスになっていた。

滑っている途中でそんな箇所に故障が出れば、
滑る本人も大変だが、まわりにも迷惑がかかる。

そしてきっと先生に思われてしまうことだろう。
「親は一体何をやっているのだ。ちゃんとした物を用意しろと
前々から言っていたではないか」と。

息子に限って言えば、幸い今回は何の問題も無く怪我もなく、
何とか無事に5日間を終えて帰ってきたので良かった。


で、何が言いたいかというと、
親というのは、先生に自分の子供のことで迷惑をかけようなんて
これっぽっちも思っていないが、結果的に、
親の意図しない所で我が子が周囲に迷惑をかけてしまうことは、
ある。色々と、あるんだろうな、と。

クリスティアンのことはほんの一例で、
親の方もわざわざ弁明の機会を設けるわけもなく、
先生も忙しいからずっと引きずるわけでもないだろう。



スキー合宿に向かった月曜の朝。
バスの中で、ちょっと太っちょのエリックは、
ポテトチップスを食べまくり、コーラをがぶ飲みして、
仕舞いにそれを全部戻したそうで。

隣の子はとばっちりを受け、
バスじゅう異臭が漂い、全員が迷惑を被った。

しかし、ほら、親は、
自分の子供に決してそんなことになって欲しくないわけですよ。
でも子供が勝手に、浮かれてそんな事態を引き起こす。

先生からは、思われてしまうんでしょう。
「親の顔が見たい」とか。


だからやっぱり、
自分でちゃんとしていてくれないと。
子供も子供なりに。

そういう結論です。


FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。

スキー合宿の話2

学校のスキー合宿に、
息子は昨シーズンに新しく買ったスキーブーツを持って行った。

息子の足は、この1年でかなり大きくなっていたので、
私はそのまだ真新しいスキー靴が、
この冬はきつくなって履けないのではないかと気になっていた。
そしもそうなら、借りるなり買うなりしなければ。

それで息子に、スキーのソックスを履いてスキー靴を試しておく様にと、
12月の頃から時折言って来たが、息子は無視し続けた。

息子が普段履いている運動靴と見比べても、
そのスキー靴ではもう駄目そうに見えたが、
本人は試す気もなく、それでいいからと言い張った。

私はそのうち諦めて、「それならもうどうでも良い、
きつかろうがそのスキー靴で滑ればよいのだ」
と思うことにした。

そして案の定、かなりきつかっらたしい。

息子のスキーの腕前はなかなかのもので、
カービングスキーの滑り方がとても上手く出来ている。

けれど痛む足ではつらかったろう。

私自身、過去に何シーズンも
全くひどいスキー靴で滑っていた経験があるため、
その痛みつらさはよーくわかる。

わかるが、今回は息子の自業自得。

私は、足が痛かったと洩らした息子に、
ざまあみろと言いたくなった。


FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。

プリウスがんばれ

世界のTOYOTA。
新型プリウス。

看板車種にブレーキ問題で大打撃!

の記事をいくつか読み、少々笑いたくなった、
というのが正直な気持ちです。

トヨタが打撃を受け株が下がったことが嬉しいとか、
そういうのでは決してありません。

そりゃあもちろん、クルマたるもの、走るチカラよりは
止まるチカラの方が断然強くなくては非常に危険ですので、
ブレーキに問題が本当にあるとしたなら、
これはもう大問題なわけで。

あぁそう言えば、東京で乗っていたのはトヨタでした。
プリウスじゃなかったけれど。

ところでこの、
ブレーキに対する日米でのクレーム内容というのが、
「低速走行時にブレーキが利きにくい」とか、
「凹凸のある路面や、滑りやすい路面などでの走行時に
ブレーキが瞬間的に利かなくなる」ということらしいんですね。

凹凸のある路面…
そりゃまぁ、あんまりでこぼこがあって、
タイヤがグリップを失ってしまうなら、
たとえブレーキが利きすぎるクルマだって危ない。

それに、滑りやすい路面では、
そりゃまぁ滑るんじゃないかと。
もしも氷の上を走るなら、
最高級のメルセデスだってつるりと行っちゃう。

ふふ。記事を読んで私は言いたくなった。
「皆さん、それではうちの車に乗ってごらんなさい。
うちの車=VWパサートに」

今回のドイツでもう6年半も住んでしまったけれど、
今乗っているパサートは2台目で、
1台目もやっぱりパサートだった。
夫が、予算との関係もあるが、好きなんだろうパサートが。

今のパサートを買ったのは、ちょうど2年前。
そういえば日本が節分の頃だった。

次の車は、アウディがいいねー、と二人で言っているが、
さすがにパサートの2倍のお金を出す気に、
なるかどうかはまだわからない。

このパサート、私は良い車だと思って乗っている。
前の車の方が、古い分省エネじゃなかったが、
その分パワーはあったので、
私は前のクルマが今もちょっと恋しい。

そうそう、ブレーキ問題でした。

このパサート、
ブレーキに問題が、
あったんですよ。
というか、今も、
あるんですねー。

(いや、この表現では誤解を招く。
 ブレーキはバッチリだが、効きにくい状況の日もある、
 ということです。)

だから、気をつけて乗っています。

ブレーキが利きにくい状況の日は特に。

VWディーラーに苦情を言ったことが2回ありました。
6年前の冬と、5年前の冬と。

冬場に、みぞれや雨でとにかく濡れた路面に、
路面凍結防止の塩がとけて混ざると、
パサートのブレーキは効きにくくなる傾向が。

それはもう、そうなることをころっと忘れて
普段の気分で運転していると時折まじに驚きます。

しかしディーラーは堂々とのたまった。
「これはパサートのこの車種の持病とも言えそうな、、、持病です。
調べても調べても異常が見つからない。
だから、打つ手は、ありません!」ときっぱり。

最初の時私は、一体なんだこいつは、と思った。
これが日本なら、そう、これが日本ならば、
大リコール問題に発展するだろうに、と。

本当に異常を見つけられないのだろうか?
直せるかもしれないのに放っているのでは?
と勘ぐった私でしたが、しかしユーザーにその真相はわからない。

でも結局私達は、
ブレーキが利きにくい状況の日というのをちゃんと心得て、
そういう時には気をつけて運転しようという、
ごく当たり前のところに結論づけて、以来運転している。

要は、ポンピングブレーキの要領です。
何回か踏んづけると利いてくる。
うちのパサートの場合は。

だから、危ないと思う日は普段より車間を取ります。
思い描く通りに止まれないかも知れないのだから。

ところで、トヨタ副社長さんのコメントがまた、
ワタシ的には大変気に入りました。

こんな風なことを仰っていたんですね。

「トヨタのユーザーさんは、トヨタの車のフィーリングを
とても良くわかっていらっしゃいまして、
ですからそれとちょっとでも違う感じをお感じになると、
直ちにそれは『悪いこと』であるという風に……」

これはねー、何だかとってもわかる気がするんですよ。
違うことは悪いことって思ってしまうところがちょっとまずいんじゃないか、
ということでしょうか。
これもアリ、それもアリ、っていう風には行かない部分が、
やはり大きいんだろうなと。


日米でプリウスのブレーキにクレームをつけている方々は、
一度ヨーロッパで、ディーラーからきっぱりと言われてみると
面白いかも知れない。

「あぁこの車はそうですから。
わたくし共では何もできません。
気をつけて乗って下さいね~」

って、言われるうちに、多少鍛えられるかも。

そんなことを思うドイツ暮らしです。


しかしもちろんこれは、異常というべき異常が
プリウスのブレーキにどうしても見つからないとして、
のことですが。



FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。

球根の受難

先日、友人(ドイツ人女性)を家に呼んでお茶したんですが、
彼女とは会うのがかなり久しぶりだったためか、
わざわざこんなブーケを持って来てくれました。

P2040013.jpg

で、よく見ると…
と言うか、よく見なくても見えるんですが、

ほら、まだいたいけなムスカリ?が、
球根ごと根っこごと。
少し土まで付いて。

P2040038-1.jpg

こういうの、あるんですか昨今は。
新手のフラワーアレンジメント?

この可哀想な球根、よく見ると、
こんな風にワイヤーが突き刺さっていて、
そのワイヤーの先は2本一緒にねじってあって、
ブーケの束に刺してある。

P2040012.jpg

見るからに痛々しいので、
友人が帰ってからこれを束からそっと引き抜き、
ワイヤーをはずそうとしたんですが、

ワイヤーは既に歪んでしまっていて、
それを抜くのがまた痛々しく、
まさに球根の悲鳴が、聞こえてきそうでした。

そりゃあまぁ、「切花」の様に、
これから咲くぞという頃合に
すっぱり切られてしまうことを思えば、
根っこまで付いている分、
ましと言えばましなのでしょうか。

でも、根がこんな風に
光や空気に晒されている姿は、やはり気の毒。

こういうフラワーアレンジメント、
やはりちょっと、やめてあげてほしいなと
思いました。


FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ