FC2ブログ

なんと、4月に入って初めての更新、ですか?ですね。


こうも間が開くと、一体何から書けば良いのやら…
という気持ちになりますので、とりあえずお天気の話題でも。

今日は素晴らしいお天気でした。(日本から見ると昨日ですけども。)
日なたの気温が18度位まで上がり、半袖になっても大丈夫なくらい。

だいたいどこの庭にも連翹があって、今が満開。とてもきれいです。
うちの庭には、実にちんまりとした連翹が2本あるんですが、
なんとかそれが咲き始めました。小さいと、ゆっくりなのかな。

春はいいですね。芽吹く季節。始まる季節。



…とここまで書いて、思い出したことがあります。


何年も何年も前のことです。
私の父が、目の手術を受けたときのこと。


白内障だったと思いますが、とにかく父の視力がとことん落ちて、
仕舞いに自分の足元もろくに見えない状態に。
手元だってどこまで見えていたか知れません。

医者嫌いの父は、医者なんぞに行かず成り行きに任せ
たとえどんな症状が訪れようとそれを受け入れ生きて行くのだ、
くらいなことを考えていたのかも知れませんでしたが、

その姿を見ているまわりは穏やかでなく、
子供の時分から父と全くうまく行かなかったこの私でさえも、
父に診察と手術を勧めていました。

しかし頑固な父は頑として受け付けない。

それで困った私は、
普段はとんとご無沙汰していた父方の叔父に連絡をしたりして、
父に手術を勧めてくれるようにこっそり根回しを。

その甲斐あってか、覚悟が出来たか、根回しがばれたか、
おそらくその全てであったと思いますが、
漸く父が手術を受ける決心をしました。

父の手術当日、
(子としては不謹慎というか何と言うか)たまたま私は
夫と娘(当時まだ赤ちゃんだった)とハワイのマウイ島に旅行していました。

家に電話を入れてみると、父の術後の経過は良好で、
ビックリする程良く見えるようになったとのことだったので、
熱心に手術を勧めた立場としても心からほっとしました。

私は、もしも自分が目の手術を、いや、目に限らずどんな手術でも
自分が受けることになったらと想像すれば、やはりとてもとても怖いので、
老いた父が、あの医者嫌いの父が、良くがんばったものだと思ったわけです。

私はマウイ島から父に宛てて絵葉書を書きました。
あれは確か…2月か3月。

その中に、こんなことを書いた気がします。

・・・・・・・

春という始まりの季節はいつも、
清々しくて胸開かれる思いがするものですが、
父さんの目がこうしてまた良く見えるようになったこの春、
私はいつにも増して晴れ晴れとした心地がしています。
嬉しいです。ほんとうによかったね。

・・・・・・・

全くもってうまく行かない父娘関係でしたが、
その私の絵葉書を、父が何度も読み返し目を潤める様を
私は勝手に想像しました。



かつて私は、父に心を傷つけられ、
許せずにいつか仕返しをしてやると思い続けて大人になりました。

子供だった自分には、
親というのはいつまでも年を取らない様に見えたのですが、
やはり親も年を取るもので(って当たり前ですが)、

私が大人になった頃には、
あのおっかなかった父の面影も薄れ、
父の背は縮んで私と変わらなくなり、

私は父をやっつける機会を無くしたまま、
恨みは消えず許せもしなかったのでした。



父が亡くなり6年、ですか?ですね。

私の絵葉書に涙してくれたであろう父。
想像の中の父のその姿が、
私が父を思い出す時真っ先に出てくる様に
やっとこの春には、リセットしたいと思います。

父を許せなかった自分を、
やっと薄めて消せるようにと。


FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



うさぎにイースターのプレゼントをする

このあいだの日曜は「イースターの日曜日」といって、
イースターうさぎが庭にやって来てイースターたまごをぱらぱらと
撒いてくれる日でした。

子供達がまだ小さかった頃、
イースターを夫の実家で過ごすことがあると、
イースターうさぎがちゃんと来てくれる様にと
義父が小さな「巣」を庭の片隅にこしらえてくれたものです。

イースターうさぎは親切なので、カラフルなゆで卵のみならず、
小さな子がいる家の庭には、ちょっとしたプレゼントなんかも
置いて行ってくれたりします。

だから復活祭の日曜の朝のたまご探しは、
小さな子供達にとってはとっても楽しい作業…。



しかしいつしか時は過ぎ、
「卵探しなんかかっこ悪くてできっかよ」
「えぇぇ?卵探しぃ?やだよもう!こっ恥ずかしい!」
と言うほどまでにうちの子らも立派に成長したため、

今年の我が家は、子供のことはさておいて、
我が家の老うさぎになかなかナイスなプレゼントをすることにしたのでした。



ところで我が家には、
ウサギ(6歳半)とモルモット(3歳半)がいるのですが、
それぞれ飼うことになったいきさつは
以前にもどこかに書いたかと思うので、
ここでは触れないでおきます。

しかしどんな経緯があったにせよ、
とにかくどちらも私が望んだペットではない、
というポイントだけは、毎度のことながら、
誤解無きよう力説しておきたいと思います。

しかしその世話は一手に引き受けて今に至っています。



さて、うちのウサギは可哀想なことにずっとこういうケージに入っていて、
hasenstall1.jpg

真冬以外はこういう囲いに出していました。
laufstall1.jpg



しかし私は、たとえ好きで飼っているウサギではなくとも、
うさぎの為にこういう↓環境が欲しいものだと、かながね思って来たのでした。
hasenstall2.jpg
飼われているウサギにとって、
これは素晴らしく魅力的な住まい。

しかしこれ程のスペースは提供できないため、
それならばこういうのが欲しかったんですが、
hasenstall3.jpg

けれどもこれがなかなか立派なウサギ小屋で、
木材も良質で、お値段なんか2万円とか3万円とかそれ以上。


夫は、ウサギを飼う最終決断を下したにも拘らず、
動物にお金をかけるということには反対な人だったため、
こんな素晴らしいウサギ小屋はもう論外。

そして私にとってこんな立派なウサギ小屋購入は、
夢のまた夢みたいなものとなったまま、何年も何年も経ったのでした。


え?ダンナなんて関係ないから勝手に買えばいいじゃん…って?
それが出来ない性格なんですね私がまた。
基本的には、誰かが反対することはあんまりしたくない。
5000円くらいならまだしも。



しかしこの復活祭。

たまたま先日買い物途中にこういうウサギ小屋を見かけ(5000円なり!)、
Hasenstall

なんと夫の方からこれを買おうかと言い出したので、
私は我が耳を疑いました。

夫の気が変わらぬうちにさっさとレジに行き支払って帰宅。


しかし!ウサギへのナイスなプレゼントはこれだけじゃない。

この左の扉から地面まで板を渡し、
この扉を開けておきさえすればウサギが自分で
好きな時に地面に(庭に)降りられる様にしました。
(降りた先にはもちろん囲いがありますが。)

その囲いを、できることならもっと広くしてあげたいけれど、
でも、何年来の私の夢がとりあえず小さくもかなったと思えば、
これでもかなり満足です。



いえね、これのどこがどう満足かって、
私がこの手でウサギに触らなくても良い、という点。
と同時に、ウサギが勝手に出入りできる、という点。

うちのウサギはなかなかの人間嫌いで、
抱かれるのとか触られるのが嫌いなんです。

そんなウサギの気持ちもわかる気がするので、
私はできるだけウサギに触りたくなかったのですね。
でも、ケージから出してはやむを得ず抱いて
数メートル離れた囲いまで運んでいたわけです、これまでは。


でもこれからは
小さなドアを開けるだけ!

あぁなんて簡単!



私「なんで今頃になってウサギ小屋を買う気に?」
夫「最近ああいうペットの小屋が結構安くなってきた気がして…。
それに、春だから買い物ホルモンが出たかな」

確かに…田舎暮らしのドイツ人は
春になるとやたらガーデニングの血が騒ぎ出すので、
これでもかという位にベランダ用の花を買いまくったりするのですが、
それは「買い物ホルモン」の成せる技だったのか。


いずれにしろ、
ウサギの世話がもう段違いに気軽になり、
そう、「気軽」になったんですよ、
そして何だか楽しくもなって、
朝も早よから扉を開けに行く私です。

やっぱり春は、いいですねぇ!


FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。

うさぎが消えた日

うさぎにナイスなプレゼントをした(前回記事ご参照下さい)
と思っていた矢先にこんなことってあるんだろうか…。

うさぎ小屋もその周辺も、荒らされた様な形跡など何も無いのに、
うさぎだけが消えていた土曜の朝。

うさぎが自分で出られるとはまず考えられない状態だった。
まさかわざわざ人が入って来て…とも考えにくい。

どこでどうしているんだろう、無事だろうかと思うと、
泣きたい気分だ。実際時々涙もでるし、悪い想像も浮かぶ。

二夜が明け、うさぎはまだ戻らない。




(うさぎが消えてこの気分だ。
我が子が突然いなくなるなんてことが起きたら、
気が変になることだろう。)


FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。

最初は2匹だった。

相棒だった片方が突然死んだのは3年前の節分で、
あの頃私は、残された片方が寂しさの余りに
じきに死んでしまうのではないかと思った。
そして冬が巡る度に、厳しい寒さをこの冬こそは
一人ぼっちで越せないんじゃないかと。

うさぎが一人ぼっちになってから、
寂しいだろうと気の毒に思ってはきたけれど、
それでも新たな相棒を加える気にはならなかった。
それだけは私の一存で決めた。

というのも、新しく来る兎の、新しく増える寿命に、
この先もっとずっとまだ付き合えるか、
自分でわからなかったから。

あれからうさぎは、
一人ぼっちで三度も四度も冬を越した。



もともとは娘が望んだうさぎだったけれど、
やり通せなかった世話の(そもそも子供にできるわけが無い!)、
その責任は親として代わりに果たさなければと思っていた。
大体そんなことは、私の仕事になるとわかっていた。
どこでもそうであるように。



うさぎもだいぶ年を取って来て、
「ある朝見たら死んでいた。おそらく老衰で」
という日がいつかは来るんだろうと、漠然と思って来た。

ペットに死なれるのは悲しく嫌でも、
いつかは当然その死をこの目で見届ける日が来ると思って来た。
そうしたら庭に埋葬して、そして終わるのだと。



ずっとそう思って来たので、
こんな風に突然うさぎがかき消えてしまって私は、
どうしたらいいのか、混乱といえばいいのか、
これもまた切ない嫌な気分でいる。

いつかその死を見届けて終わるつもりが、
まさか姿が見えなくなって終わるかも知れないとは考えなかった。

猫の家出じゃあるまいし。
小屋で飼われていたうさぎだったというのに。



家の裏手の森の、
その中を歩く。

森を抜ける散歩道から大きく外れて、
ところ構わず足を踏み入れる。

夏ならば、毒蛇もいるから
怖くて入れないけれど。でも。

枯れ落ちた無数の枝を、
避けられないから踏みつけると、
ぱきぱきと乾いた音がする。

むむ…意外とゴミが落ちてるもんだなと、ゴミ拾いもする。
次は袋でも持参しようと思いまた忘れた。



歩きまわっても、探しても、
こうがさがさとうるさいのでは
うさぎが居ても飛び出て来るわけがない。



ふと見上げた大木。
P4130141.jpg
何百年ここに在るんだろう。



私はこの町を14年前から知っている。

この森を抜ける散歩道も、
それこそ何年も前から良く知っているというのに、
ここでこんな風に上を見上げたことが無かった。

その枝ぶりに、思わずうわぁ…と、息と声が出た。
P4130148.jpg

森の木々達、もしもうちのうさぎを見たなら、
戻るようにとお伝え下さい。よろしく。

P4130150.jpg



FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。

夕闇の森

朝からずっと、しとしと雨降りだった昨日、
夜になってようやく止んだ。

日没(昨日は20:02)頃に何となく裏の森を散歩。
一人で夕闇の散歩など、まったく私らしくないけど。

昼間の明るさはとっくに無くなっていても、
あたりはまだ「薄暗い」の一歩手前。

けれど森に入ると、木々の間は薄暗さも増して、
こんな天気だし今日はあっと言う間に暗くなるかも、
引き返した方がいいかな、と思いながら、
しかし足というのは前に進む。

森を通ってぐるりと回り
そのうち家の近くにまた出て来られるその散策路を、
景気づけにはな歌を口ずさみ歩いた。

うっそうと立つ木々の、
枝々の影は昼間見たってちょっとおっかない感じ。
夕闇のそれは、あちらこちらの倒木の姿にも増幅されて、
一人じゃ結構怖かった(笑)。

振り向いても、もちろん誰もいない。
足は勝手に前に進むが、
例の大木が見えてくる手前でちょっとすくんだ。

P4130150.jpg

この木は、散歩道から数メートル入った所にあるので、
わざわざ森の中に足を踏み入れなくても見上げられる。

何の霊感のかけらも無い私だが、
もうね、この木の姿が目に入ってくるにつれ、
木の気がびしびし来る気がして。

その脇を通り抜けるのは何だかもう畏れ多くて、
でも通らないと帰れない。

怖かったから、と言うか何と言うか、
今後はご神木ということにしよう。
でもこの間はこの木の根元のゴミも拾ったから、
怒らないでほしい。

細い道の、前にも後ろにも人っ子一人見えない森の薄闇に佇む時、
自分はこんなに、サイズ的にも年輪的にも微小な存在。

それはほんの20分の短い散歩コースだが、
森の出口が見えて来た時にはほっとした。

やはり夕闇の散歩は、
街灯が一つでも見える範囲にしておこう。

そもそもウサギのことがなければ、
こんな私らしくないことはしなかったんだよね…。


FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ