FC2ブログ

仲直りへの道

ドイツの学校というのは、校則はもちろんあるが、

生徒の身なりに対してうるさいことは言わない。

生徒が、髪を染めても、ピアスをしても、

あるいは、どんなカッコで登校しようと、だからって注意を受けることはない。

夏なら、おへそのピアス丸出しの子もいるし、

ゴム草履なんか引っ掛けて学校に行く子も多い。

ピアスを始めアクセサリーを身につけている生徒は、

体育の授業前にはずす、これはルールだ。

化粧も良ければ、香りをまとって登校しても別にいい。

早いと、4年生でもうメイクする子もちらほらいる。

4年生でメイクといっても、アイシャドウ、リップスティックくらいで、

所詮子供のメイクだ、もちろん雑である。


さて、我が家の子供達は、

上が女の子で8年生(中2)、下が男の子で5年生(小5)。

娘が時々コロンをつけると、息子はすごく嫌がる。

自分の姉が大人っぽくなっていくのに対し、ものすごい反感があるようだ。

娘がメイクするのもすごく嫌がって、バカにしたりする。

これは、数年前から始まったことだ。

私は、今はもう娘には何も言わない。

さすがに、数年前娘が初めてメイクしたのを見たときは、

いくらなんでも4年早い!と言ったものだが。

だって他の子もやってる、と言われると、親は弱いものだ、

それがイケナイことで無い限り。

私だって、こちらの学校の生徒達をこの目で見るから、よくわかる。

前述のような学校に通う我が子達に対して、

日本人として言いたいことが出てきても、

郷に入っては郷に従えで、口をつぐむことも時にはある。


我が家の子供達は、(親としては残念に思うが)基本的に仲が悪い。

先日、コロンをつけていた娘に向かって、息子が汚い言葉で罵った。

普段は息子の罵声を無視する大人な娘だが、

その時は、息子の言葉が過ぎたのだろう、娘の怒りが炸裂した。

これまで二人がしてきたちょっとした言い争いやケンカと異なり、

その時は、かなり険悪になった。

私が止めに入らなければ、取っ組み合いのケンカになってた。

そしてそのまま、険悪ムードが家中に漂ったまま、今日で1週間になる。


かつて私は(17年程前の私だ)、ああいつか私も子供が欲しいなぁと思った。

私は別に、特に子供好きというタイプではなかったが、

男の子、女の子、一人ずついたらいいなぁ、と、ただ何となくそう思った。

でも、子供の立場からすると、

兄弟、もしくは、姉妹、のほうがはるかに良かったのだろうな。

もちろんそれだって、沢山ケンカはする。

でも、遊びとか、おもちゃとか、趣味とかで、

幼少時から共通点が生まれて一緒に遊べたりするのは、

やはり同性同士ではないかと、よく思う。


今回の娘と息子のケンカは、これまでになく深刻なものがある。

娘の、メイクとコロン問題に対し、ここ数年来息子は言葉で攻撃してきた。

息子のそれは、異性に対する嫌悪かもしれない。

娘は、何を言われても、この数年間じぃっと耐えてきた。

腹を立てても、弟に対し言い返すことをしなかった。

でもこの間は、とうとう堪忍袋の緒が切れて、娘が爆発した。


家の中に漂う、この険悪な空気に、私は少々疲労困ぱい気味である。

きょうだい仲直りへの道は、まだ険しいのだ。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さんのランキングボタンです。
カーソルを乗っけると行き先が出ます。
さ、適当なのを選んで押してみましょう!
もちろん一つだけでも充分嬉しいです。
スポンサーサイト



コメント

No title

んー、子供はまだいないので子供目線から思うことは、昔仲良くたって大人になって距離ができることもあるし、昔仲悪くて喧嘩ばかりしてたって友達程いまはなかよくなってよく飲みに行ったりするってききました。私は昔1個上の姉についてなーんでも真似してべったりだったんですが、今はなにかあっても相談したりしないのですよ。
今は喧嘩ばかりでもいつか対等に兄弟仲良くなる日がくるとおもいますっ

ぴぎゃさん、ありがとうっ

夫婦の数だけドラマがあるように、兄弟のありようもその数だけあって様々でしょうね。
いつか仲良くなれる日が来るだろうと信じてはいるものの、
それはまだまだずっと先の話かもしれません。
自分の中学時代とか思い出しても、今とは時代が異なるから、
アドバイスめいたことも子供に対して言えないのが現状です。
たった今は、目先の重苦しい雰囲気を少しでも打破する手立てを模索中です。はー疲れるー。

ワタシは・・・

6歳年上の姉がいます。息子さんと同じように、子供の頃はよく喧嘩しました。どうしても姉の方が口が達者なんで、ワタシがついカッとなったりして。

ワタシが日本にいたときも、ほとんど住所不定のようにあっちこっち引越してましたし、今は姉には何にも言わずに欧州まで来ちゃったしで、ほとんど数年に一度くらいしか会いません。年賀状くらいかなぁ~。

でも、やっぱり血の繋がった姉弟なので、何か重大なことがあったら、力になってあげたいとは思います。モチロン、姉のためにも、ワタシのためにも、何もないのが一番ですけど!笑

あんちゃんちオットさん、コメントありがとうございます

私には3歳上の兄がいるんですよ。共に思春期の難しい時期では、
互いに大っぴらな喧嘩はしなかったけど、仲も良く無かったです。
30代に入ってからかもしれません、
お喋りとか自然にできるようになったのは。
うーむ…我が子達もそうなるのだろうか…
気が遠くなりそう…。バタッ。
おっと、これからブログ見に行きますねー。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ