FC2ブログ

ドイツの性教育って

夕方のサッカー・トレーニングから帰った息子(小)が、

少々遅めの夕食を食べながら唐突に言った。



今日、ビオロギー(生物の授業)でね、先生がコンドーム持って来た!



Mein Gott ! (= Oh,my God !) と私は思わずドイツ語が出る。



時を少々さかのぼって説明すると、

この生物の先生というのは、言っちゃ何だが実はかなりヘンなオトコである。

私は一度、この先生に保護者面談で会ったことがあるので、わかる。

そもそも雰囲気からして、先生らしからぬものを感じる。


生物の授業テーマが、コンドー○の前の、「アルコール」だった時のこと、

そいつは、なんと、シュナップス(すごく強いお酒、喉も胃袋も焼けそうなくらい)

を教室に持って行って、(息子の言葉を信じるならば→)希望者に飲ませた、

という全くもって不届きな輩(やから)である。

シュナップスというものは、40度前後の強い酒だ。

そして相手は、10~11才の子供である。

はっきり言って、私には理解不可能である。

バカなことをするバカなオトコだ、と思った。



さて、コ○どーム。

現在息子のクラスの、生物のテーマは「性」。

もちろんこれは大切なテーマであり、

○ンドームの何たるかを学ぶことだって重要だ。

私だって、時さえ至れば、

娘にも息子にも、とくとくと説いてやるつもりのテーマでもある。

しかし、相手は5年生。


先生は生徒達に聞いたそうだ。

だれか、これを、手にしてみたい人は?

(一応、生徒の自由意志を尊重している。)

こういうときに面白がって手を挙げるのは、S君と決まっている。

S君は、こんドー○を出して観察し、

そして、(先生がそうしていいと言ったのだろう)風船のように膨らまし、

最後はクラス中で投げっこした、そうだ。

もちろん、物事を明るく楽しく学ぶのは良いことである。


息子に聞いた。

してその役割は?

暗記の苦手な息子だが、

先生の言葉を丸暗記したかのように、ちゃんと答えた。


ま、いいか、それで。

じきにこのテーマでテストもある。

生物だけは、このヘンなセンセと相性が悪いため、

ずばぬけて悪い点をいつも持って帰ってくる息子だ。

生物の次のテストこそは、

しっかり学んで是が非でも良い点を取って欲しいものである。



息子の生物の教科書には、「性」のテーマの4ページの中に、

生理用品の実物をいくつも並べた写真が入っている。

ここまでやるかと少々胸が悪くなる、というのが正直なところだ。



我が家の子供達は、日本の学校を知らない。

私も、今どきの日本の教科書というものを知らない。

日本でも同じようにぱっぱらぱーと教えているのだろうか…。


何だかもう、びっくりした息子のコン○○ム発言であった。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
さ、さ、どれでも好きなのを選んで押してみましょう!
一つだけでも充分嬉しいです!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ