FC2ブログ

目は口ほどに

ある日のこと。夫が運転していて、私は助手席にいた。

夫は一般道路を時速100km程で直進していた。
前方右の脇道から車が一台出て来ようとするのが見えた。

こちらのスピードを考えると、両車間の距離は、どうも微妙だった。
その車が、出ようか待とうか迷ったのが、私にもわかった。
 
夫は、その車に向かって、聞こえるわけも無いが、「止まってろよ」と言った。

夫は、運転をする者が通常払うべき注意を周囲にふりまきつつも、
その車の運転者の目をじっと見ていた。

その車の運転者(男性だった)も、夫の目を見ていた。

おもしろいから私は、両者を交互に見て、なにやってんのー、と言った。

なにやってんのー、じゃなくて、こういうのは大切なのだ、と夫は言った。

アイ・コンタクトをとるのが大事なのは、
なにも面と向かって誰かと会っている時だけではない。
運転中も、例えば今みたいな場合なら、
「止まってろよ、止まってろよ、オレはスピード緩めないからな」
という意思をしっかりと相手に伝えるべく、
相手の目を見て牽制(けんせい)するのは当り前のことだ。
そうしなければ、アブナイことになる。

ふーん、そういうものか。

人と話す時は、相手の目を見て話すけれど、
運転中に、他の車の運転者の目をじっと見て意思を伝える、
なんてことまでは、あまり考えたことがなかった。

でも、とかく車に乗ると、
短気になって怒りっぽくなってアグレッシブになるドイツ人である。
あまりその運転を真似する気にはならないが、
夫の場合は、ドイツ人にしてはましなほうかもしれない。

大切なのは安全運転。
私も、相手の目をしっかり見据えて、
「止まっててよ、止まっててよ、日本人が行くからねー」
と牽制をかけられるようになろうと思い、日々実行している今日この頃だ。
特に駐車場では、これが結構意味があるみたいに思う。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
さ、さ、どれでも好きなのを選んで押してみましょう!
一つだけでも充分嬉しいです!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ