FC2ブログ

くやし涙

夏場、息子のサッカー練習は、月曜と木曜の夕方だ。

これまで一番手のゴールキーパーだった子が、
数ヶ月前に、もう飽きたと言ってフィールドに戻ることになり、
かねがねゴールキーパーに憧れていた息子は、
二番手のゴールキーパーになれた。
だから最近は、練習もいっそう楽しいようだった。

しかし、昨日の月曜、練習から戻った息子は、とても機嫌が悪かった。
遅めの夕食を食べながらの怒った様子に、私は声をかけようか迷ったが、
息子が怒りに任せて、ケチャップをぶちゅーっとやったのが
皿から大幅にはみ出したのを見るに至って、どうした?と声をかけた。

母親が子を思いやって言葉をかけると、子は感情を抑え切れなくなるものだ。
顔をそむけた息子の目から、汚れた膝小僧に涙がこぼれ落ちた。

サッカーの練習では、いつも練習試合をする。
息子達の年齢だと、使うゴールは、本来のゴールよりも一回り小さいサイズだ。

でも、昨日は、準備が間に合わなかったのか、大きい方のゴールだったそうで、
守る範囲が広がって、息子はかなり大変だったらしい。

練習の最後に、遊びで「Elfmeter=11メートル=ペナルティキック」をやった。
他の子がばんばんゴールしてきて、息子は全く防げなかった。
そして、みんなから笑われ野次られ、悔しかった・・・という話だった。

ゴールキーパーをやる子なら、誰だって経験することだろう。
楽しいだけで終わる練習もあれば、こんな風に嫌な思いをする日もある。

サッカーはチームプレイであるだけに、
チームメイトから野次られてさぞ辛かったろうと思ったので、
息子をよいしょする言葉をかけておいた。

子供の持つ、自分で自分の心を癒やす力の大きさ強さは、
大人の比ではない、とかつて読んだことがある。
子供にはそういう素晴らしい力があるのだ。
 
息子よ、これ以上めげなくてもいい。
涙と一緒に嫌な気持ちも少しは流れ出たはず。
次回木曜の練習までには、きっと心も癒えている。
(そんな簡単ではないか・・・。)
元気になって立ち向かっていってほしいと私は願っている。


追記 :

子供がいると、子供の目を通して、
子供の人生というものを、少しばかり自分も体験できるというか、
そういう意味では、『二度目』を生きているような気がすることがある。

子供の体験談を聞くことで、自分の過去の似たような出来事が甦って、
自分の人生までも少しばかり振り返れるというか、
そういう意味では、『三度目』を生きているような気がすることがある。
(うーん、言葉が適当ではないか…。うまく表現できない。)

中学生の娘が、学校での出来事、友達との事などを話してくれる時、
ああ、ああ、そんなことあるよねーなんて娘に言ったりしながら、
一瞬自分の中に、(想像しないでね)セーラー服の中学生の自分が戻る。

そんな風に感じる時、私は何だか得したような気持ちがしたりする。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
さ、さ、どれでも好きなのを選んで押してみましょう!
一つだけでも充分嬉しいです!
スポンサーサイト



コメント

No title

さぞ悔しい思いをされた息子さん、それをバネになんて思うのは大人の勝手でしょうかね。子どもを通して二度目、三度目を生きているというくだりはなんとなく分かります。まだまだ振り返ることは少ないですけれどね。というかまだ相手が一歳なのでさすがに自分のは覚えていないです。稀に覚えている方もいるみたいですけれど。

No title

今は5年生の息子ですが、小学校入学と同時に、同級生・上級生の意地悪な子から「クソ中国人!」と言われ続けた苦い経験があるので、みんなから何かを責められるようなことがあると、ものすごく敏感に反応してしまいます。聞き流すようなことができないんですね。毎日の学校でのことだから、とてもつらかったはずです。
親は、サッカーグラウンドにいる息子には何もしてあげられません。家でせっせと励ますしかないですね。つらいことをバネにして伸びるには、息子はまだ少々精神面が幼すぎるかもしれません。
うまく表現できなかった「追記」部分でした。わかって頂いて嬉しいです。どうもありがとう!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ