FC2ブログ

もう一つの恐ろしいこと

加藤容疑者の両親が謝罪会見をして、母親が泣き崩れた写真。
どんな思いで会見に臨まれたのか、想像もできない。

私は、事件の起きた場所から遠く離れていたから、全くの部外者だ。
だから冷静に考える。

インターネット上には、犯人に対し、多くの人々から
様々な(でもその趣旨は一様な)コメントが書き込まれ公開されている。
コメントに同意する人は、該当コメントにポイントを入れることもできる。

犯人へのコメントを書いた人はどういう人なんだろう、と私は考える。
私同様、全くの部外者のような気がするが、どうだろうか。

事件に直接巻き込まれた方々、現場に居合わせた方々が、
時を経ても冷静になれないのは当然のことだ。

しかし、「部外者」であるなら、たとえ事件に対し憤りを感じながらも、
ある程度は冷静に物を言えるものだと私は思う。

コメントを書いた人たちが「部外者」であり、
ある程度「冷静に書いた」と判断するなら、
これらのコメントは、一体何だろうかと私は思ってしまう。

読むだけで空恐ろしくなり、胸が悪くなる。
文字にするのも嫌だが、でもしよう。

「犯人をタガーナイフでメッタ刺しにして殺す刑をお願いします」
「お前の存在は万死に値する」
「たった一人で死ねばよかったんだよ」
「もう死ね」

そしてこういう言葉に同意し、ポイントを入れる人達も多い。
これはこれで本当に恐ろしいことだと私は思わずにいられない。

犯人が大罪を犯したことはどうしようもない事実であり、
死をもって償うしかないと私も思う。
(償いたい気持ちが本人にあるかどうかは知らないが。)

しかしこのようなコメントをする人達もまた、恐ろしい人達だと私は思う。
顔も名前も出さないのだから、何だって言ってやろうというのだろうか。

私が怖いと思うのは、
こういう人達が、「至って気軽に恐ろしい言葉を口にしている」というところだ。
そして、もっと怖いのは、
言っている本人が、「恐ろしいことを口にしているという意識が無い」ことだ。

お前なんかいなくなったほうがいい、もう死ねば、
と言われて自殺してしまった子がいた。
そのむごい言葉は、
時に人を死に至らしめるまで傷つける威力を持った言葉なのだということを、
言った本人はわかっていない。

それを充分承知の上で言ったとしたならその人は、
相手がそれを苦に自殺した時点で、相手を殺害したと言ってもいい。
人を、言葉で傷つけ刺し殺すのだ。

人にむごい言葉を平気で投げつける人達も、
今回の事件の背景に、毒々しく存在していると思えてならない。
そういう人達もまた、惨事の引き金を引いていたのかもしれない。
だが本人達には、何の自覚も無いのだ。

どうして世の中はこんな風になってしまったんだろうか。

私は思う、すべて大人が見本を見せているのだ、と。
こういう社会を、大人が作ってきたのだ。
子供はそれを見て、大人の真似して育ってきたのだ。

インターネットというものは、
それを健全に利用している分には全く何の害も無いと思うが、
ちょっとでも弱気な発言を書き込めば、
即、袋叩きの目に遭う怖い場所でもある。
弱気な人をたまたま見つけて励まそうとする人は、残念ながらごく少数派だ。
インターネットというものは、そしてもう収拾がつかない。

一体この先は、どうなっていくんだろう。
だって大人は、何も解決できないでいるのだから。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
スポンサーサイト



コメント

たぶん・・・

こんな世の中になった原因は、ひとつじゃないにせよ、みんななんとなく分かっているんじゃないかと思います。分かっていてもどうにもできない。気づいたときにはもう取り返しのつかないところまで蝕まれていて、他人のせいにしてその場をやり過ごそうとしている。その繰り返し。。。

遠い母国を見ると、なんだかやるせなくなるんですが、ワタシの場合はいつかそこに帰らなければならない。どうやってまともな精神を維持していこうか・・・大げさではなく今から心配しています。

簡単なことを忘れないようにする、これしかないのではないかと。

悪いことはしちゃいけない、とか、自分がされて嫌なことはひとにしちゃいけない、とか、そういう何でもないようなことを、いつも見失わずにいる、行動に表わしていく、そういうことしかないと思います。

あとは、優しさを知らない人が多すぎると思います。どうして優しさを知らないかというと、優しくされたことが無いから。人に優しく接する、優しく接しようと心がける気持ち、こういうものこそ、いい社会を作っていく基本のような気がします。それを持ち続けていられれば、どこにいても「まとも」でいられると思います。

誹謗中傷の言葉で人を攻撃する人の「波動」も周囲に伝わりますが、優しさもまた人に伝わっていく波動であると思います。ただ、現実的には、このような考え方は嘲笑されてしまう。どうしたらいいんでしょうね。

携帯電話という端末機は、インターネットへの悪い意味での依存に大きな拍車をかけたものだと思います。どこにいたってつながっている、悪い波動を受け止めながらもつながっている。あっさり断ち切ることができない人には、ネットでのコミュニケーションも害にしかならないような気がします。でもって、小学生の携帯を禁じようというような考えが打ち出されてくる。

本当に、どうなっていくんでしょうね、この先は。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ