FC2ブログ

木を選んだ時のこと

去年の11月くらいに、庭に植える木を探していた。
10本くらい購入する予定だった。

まとめて買うと、お金もまとめてかかるので、
値段の手ごろな木にしよう、ということになって、
そうすると、どうしても小さな木になってしまった。

買ってきたのは実にちんまりとした木で、
成長もゆっくりな種類だったから、
これが私の背(164cm)に達する頃には、
私は150歳の魔女になっているかもしれない。(ははは。)
 
今年の3月にも、また木を探したのだけれど、
その時には、私はすっかり心を入れ替えていた。
既に大きくなっている木を選ぼう。
たとえ値段が高くても。
そう思った。

ところで、既に4、5mの高さになっている木を買おうと思うと、
普通のガーデンセンターに行ってもあまりおいていない。

それじゃどこへ行けばいいかというと、
広い広い土地に何百本も色んな種類の木を育ててる人の所へ行って聞く。
それは、ちょっと山の麓みたいなところとか、森のそばだったりする。
大きな木が、それはもう、選り取り見取りである。
(ドイツ語のわかる人なら、Baumschule、ですね。)
そういう所に夫と二人で見に行った。

ところで、我が家のあたりは、
庭に植える木の種類を市から定められている。
この土地に昔からある種類の木でなければいけない。

ついでに、植える木の幹のサイズに対しても、実は一言言われていた。
直径が15cm以上だったか、18cm以上だったか、
良くは覚えていないが、
要するに、小さな木は植えるなというお達しが、過去に一度あった。

見に行った先で、この土地の木、という条件を満たす木をおしえてもらって、
姿かたちの良い木を、私は見つけた。
高さも4m以上ある。
これなら育つのを待つ必要もない。
充分に背が高くて、いかにも木ですといった感じで、姿も美しい。
あれとこれとそれと、と、私は勝手に3本を選んだ。

値段を聞いたら、1本300ユーロ(ほとんど5万円)と言われ、
さすがに私も、うーむと腕組みをしてしまった。

確かに高い。
確かに高い。
だが、しかし、
この木がここまで育つのにかかった時間というものに対し私はお金を払うのだ。
そう思った。

この3本にしましょう、と言いかけた私を、
もちろん夫が制した。
300ユーロ×3なんてあんまりである。(確かにそうではある…。)
たかが木ではないか。           (でも・・・。)

しかし、ここまで育つのにどれだけの年月がかかったかと考えると、
そう高過ぎもしないのでは…?
幹の直径は、十数センチだ。

お達しにあった幹の直径を満たすには、もっと払わなくてはいけない。
さすがに、それはちょっと・・・と思った。

お金の出所は夫だから、あっさり私は折れた。
その木(ブナの一種)を1本と、
あとは、妥協して別な種類のもう少し安くて低い木を1本、購入した。

ネゴが得意な夫が話をつけて、2本で200ユーロにまけてもらえた。
だいたい、一本300ユーロというのも、
有ってないような値段なのかもしれなかった。

翌朝に、根っこごと引っこ抜かれたその2本の木が、
土もたっぷりついたまま届けられたので、
手伝ってもらって、さっそく庭に植えた。
届けてくれた人も、いやー姿のいい木ですねーと褒めていた。

やはり、背の高い木にしておいて良かった。
(高いのは1本だけだったけど。)

この2本がここまで育つのには、
おそらく共に十年前後はかかったのではないかと思う。
やはり、2本で200ユーロは、決して高くないような気がした。

でも、あれが3月の話で、
その請求書はいまだ届いていない。

どうしたんだろうか。
忘れてくれたんだろうか。
このまま来ないといいなあ。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
お好きなボタンでひとつよろしく!
スポンサーサイト



コメント

No title

安心しちゃいけませんよ。
うちも請求書来ないなぁとおもっていたら半年ぐらい後にいきなり督促状が来たことが2回ほどありますから。
ところで、それだけ大きい木を複数購入ということは、お宅はすごく広いお庭なんでしょうね。
うちは猫の額のお庭なんですが、2年前に14年育てたサクランボの木が病気になって泣く泣く根こそぎ取り除いて以来、そこにまだ木を植えていません。
だって、ヤッパリそれくらい大きな木はお高くて、、、、。
そしてね、ちっさい木を大きく育てたほうが愛情もわくんですよ。
ただ、そのため、今は夏は木陰が足りなくて、庭でのお昼寝ができません。

ブナ好き

読解力がなくて申し訳ない、その購入されたブナの一種は、最初300って言われた木なんですよね?うーん、ディスカウントしすぎではないのか?
おいらはガーネットさんの考え方に賛成です。100年という年月にお金を出すのは、正しいと思う。もちろん、おいらも値切るだろうけど。自分が価値を認めるものにお金を出すのは、おいらにとってはすがすがしいことです。常に、そういうお金の使い方をしたいと思ってるくらいです。

ところで、おいらはブナが好きです。ブナは一本で根元に2トンの水を蓄えるといいます。多分、ブナの中でも最も水を蓄える種類の数字だろうから、買われたブナがどうかはわかりませんが。ブナは他の木よりも、倒れてから土に返る時間が圧倒的に短い。だから、ブナは森を救うといわれてます。日本では、家具などに加工できないブナは嫌われて伐採されてきたけど、ほんとうは日本はブナの多い美しい森のある土地だったんです。ずっと役に立たない木だといわれていたブナが、本当は一番必要な木だった、なんて、おっとおいら、ロマンチストみたいなこと書いてますね。請求書がこないこと、おいらも祈ってます。

Pharyさん

すっかりお返事が遅れてしまいました。
やっぱり来るんでしょうか、請求書。そりゃそうですよね。
うちの庭は、そうですね、結構広いかも。
しろつめくさが一杯あって大変です。
一番ちんまりしてる木達が立派に育つ頃には、
私はすっかりばばあになっていると思うので、
その頃までにはどれほどの愛着が芽生えていることか…。
楽しみです。(老けるのはコワイけど。)

あいざぁさん

すっかりお返事が遅れました。
最初私の選んだブナ3本の中の、一番大きな木が300ユーロでした。なので、予算との関係で、中でも一番小振りなのを購入。でも本当に、有って無いような値段、みたいな印象でしたね。
ところで、私はブナのことを何も知りませんでした。 あいざぁさん、博学!植えた場所が、庭の中でも一番土が乾きやすいところなんですよ。ちょっと心配です。家の前の道路脇に何本も同じ木がありますが、どれももっと葉っぱが大きいんですね、うちのよりも。うちのはちょっと元気が無いように見えます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ