FC2ブログ

救急ヘリコプター出動

2階の寝室の自分のベッドに仰向けに寝ころがると、
左側1mのところに壁があって、その壁には中央に窓がある。
窓からは、近くの背の高い木のてっぺんと、そして、空が見える。

この間の日曜の朝、遠くからヘリコプターの音が聞こえてきた。
どんどん近づいてきて、まるで我が家に来るのかと思うくらいの爆音になった。

寝ながら窓を通して空を見上げた私の視界に、
ヘリコプターの巨体が、腹を見せてぬっと現れた。
本当に、屋根の4mくらい上を飛んでいた。

家から100mの空き地にヘリコプターは着陸し、二人の救急医が降り立った。
走り出した二人を、ベッドから降り立った私は、窓際に立って見守った。

ヘリコプターを出動させたその病院は、家から17km程のところにある。
車で行けば15分~20分かかる。

このくらいの距離で、ヘリコプター離陸から到着まで、
救急車と比べたら、何分くらい短縮できるものだろうか、
などと私は考えた。

それがその朝の出来事だった。

午後になって、息子が同じ通りのマックスの家に遊びに行って、
帰って来たときにこう言った。

あのヘリコプターは、マックスのパパのところに行ったんだよ。
急に意識が無くなって、倒れたんだって。
倒れる時に、背骨を強く打って傷めたから、入院だって。

意識を失ったということで、ヘリコプターの出動になったのだろう。
マックスのパパは、50歳くらいだろうか。

幸いにして、意識はじきに戻ったらしいが、
背骨をかなり傷めたために、約2週間の入院になった。

元気な人にも、突然そんなことが起きるのだ。
自分の身に起きたらどうしよう、と思って私は怖くなる。

外国で病気になるなんて、入院するなんて、
ああ、手術など受けることになったら、どんなに嫌だろう。

でも、そんなことが起きないとは限らないんだよなぁ、
などということを思った日曜だった。

(でも、まあ、そういうことは、起こってから考えればいいことでもある。)

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
お好きなボタンでひとつよろしく!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ