FC2ブログ

子供のお弁当、目からうろこの話

私が肺炎にかかって8日間入院したあの時…(何のことはない、前回の記事です)、

息子は2歳で、保育園のような所に預けたりは、まだしていなかった。
娘は、5歳の幼稚園児だった。

夫は、私の入院から2日間ほどは、休みを取って子供達と過ごしてくれたが、
それ以上長くはどうしても無理ということで、
当時まだ2歳だった息子を、どうするか考えた。
そして、彼の仕事中、息子を、近くに住む私の親友に預かってもらうことにした。

夫は、普段電車通勤だったのをその間だけは息子を乗せて車で出て、
途中の親友宅に息子を預けてから出社した。
そして、仕事を早めに切り上げて息子を迎えに行く日が、3、4日続いた。

会社が探してくれたヘルパーさんは、
お昼から夕方まで来てくれることになっていた。
幼稚園バスで戻る娘をバス停まで迎えに行ってもらって、
夫が帰宅するまでを、娘と一緒に家にいてもらうようにした。

夫は、私のいない間、いつもより早起きをして、
幼稚園児の娘のために、お弁当を作った。

後日、娘がその時のことを思い出してこう言った。

パパが作ったお弁当には、毎日、
ふりかけご飯と炒めたウィンナーとプチトマトだけが入ってたの。

(私は、ああ、なんて不憫な、とか思いながらうるうるしつつ聞いている。)

でね、ママ、だからとっても良かったの!

(全く思いがけない子供の所見。)

もっと色々入っているとね、
どれから食べたらいいかわからなくなって、
悩んじゃって、食べられなくなるの。
食べられなくなってママのことを考えちゃって、
もうそれでおなかがいっぱいになってしまって、
もっと何も食べられなくなるの。

(幼稚園に通うようになった)最初の頃はね、
お弁当開けると、
ああ、ママが作ってくれたんだ、って思って、
ママのことばかり思い出して、
家に帰りたくなって、
でも帰れないから悲しくなって、
それで食べられなくなってばかりだったの。

まあ!そういうものなの?!
幼児の心理に触れて私はかなりびっくりしたものだった。

で、あるとき、あるお母さんと話していてお弁当が話題になったときに、
私がその時のことを話したら、彼女も驚いていた。

えええーそうなの!?
そういうものなの?子供って?!
考えもしなかったわ!
お弁当にいろいろ入っていたら嬉しいのだとばかり思ってた!

お弁当残してくると、ママがせっかく作ったのにって叱ってばかりいたのよ…。
親のこと考えて胸が一杯になって、
それで食べれなくなることがあるなんて…。
もう、まさに、目からうろこの話だわ!ガーネットさん!

と言われた。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
お好きなボタンでひとつよろしく!
スポンサーサイト



コメント

No title

なんだか最近しんみり心にしみるお話ばかりですね!!
いつか同じようなことを体験するのかなーって、そんな気持ちで読んでました。
ところで最近のおべんとうって、日本の幼稚園とかだとキャラ弁とか呼ばれるものを作ってあげないと子供がお弁当を食べないとか、凝って凝って大変らしいですねー。ドイツのお弁当はいたってシンプルそうで一安心。。でもガーネットさんの娘さんはもったいなくてそれこそ食べられないかなぁw

キャ、キャラ弁?

あ、最近しんみりしてましたか。
なんかドイツに住んでいるのに
ドイツと関係ないことばかり書いてますね私。

ほんとにもう、ドイツのことも大して知らないのに、
日本のことももう何もわからないという状態です…。
『キャラ弁』ですか。それは大変そう!

お弁当に色々入っていればもう嬉しくてどんどん食べれちゃう子も沢山いますよね。そういう子の方が、きっと世渡り上手ですよ。(って、話飛びすぎですが、でもそうだと思います。)

ドイツの学校では、子供達は軽食を持って行って休憩時間に食べていいんですが、それはせいぜいチーズやサラミをパンに挟んだのとか、あとは、バナナとかりんごとか好きな子はそういうものも持って行ってかじってる。もうそれだけだから、至って簡単なものです。

うちの娘(現在14歳)など、それすらもって行かなくなって久しいですよ。もともと食べることに執着がない子だったんですね。おにぎりだったら大好きだけど、こちらのパン(Brot)で作るサンドイッチはあまり好きじゃないんですね。でも、おにぎり持って行くわけにも行かないし、ね。

それにしても、以前のお弁当つくりの日々を思うともう、出来れば二度としたくありません。日本のお弁当って大変だもの!

No title

こんにちは~!
お邪魔します!
このお話は本当に目からうろこのお話でした!
子供の心理って分からないものですね。
うちにも3歳半の娘がいて幼稚園に行っています。
お弁当も持たせています。
今度からもう少しよくよく観察してみたいなって思いました。
バイエルン州にお住まいなのですね!
私はオ-ストリアのウイ-ンです。
同じヨ-ロッパ在住といぅことでどうぞよろしくお願いします!

いらっしゃいませー

見て頂いてありがとうございます!私も見てますよー。

うちの娘は、生後数ヶ月の頃から人見知りがとても激しくなり、実に2歳になるまで父親にすらあまりなつけなかったというくらい。幼稚園、と書きましたが、最初通ったのはインターナショナル・プリスクール。あそこに通うのはあの子にとってはもう苦痛といってよかったと思います。いじめられたこともあったし。毎朝泣かれてこっちもつらかったです。だから、お弁当食べようとすると、余計に私を思い出したんでしょうね。そういう子だったんです。でも、辛かったのは朝家を出て着くまでの間。いったん着いてしまえば、外まで迎えに出ている先生が、大丈夫よーって抱っこして連れて行って下さいました。しばらくは泣いていたようですが、そのうちに大丈夫になっていたようですよ。毎日がその繰り返しでした。先生の根気の良さに、もう毎日感謝してました。

元気良く楽しく幼稚園に通える子なら、何の問題もなくお弁当だって楽しみなはずです。

で、現在14歳の娘に、当時のことを話すと…。
『あなたあの頃毎朝泣いてこう言ってたのよ、
 行きたくないー!ママと一緒にいたいー!って。』
『ああ、そう言えばそうだったっけ。』と娘。
『でも、家にいてもつまらないよ、ママとスーパー行くだけじゃない?
ってママが言うと、 
うんっ!それでいいのー!幼稚園ヤダァー!って叫んでた。』
現在の娘は、それ聞いてカラカラ笑っています。
そんなもんなんですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ