FC2ブログ

結構無理してたこと

このあいだ夫の実家に一泊二日で行ったときに、夜、向こうの方に住んでいる友人夫婦(ドイツ人)と会った。

私もその二人をかれこれ16年来知っている。ダンナさんのほうは夫の親友だ。

夕方6時半の待ち合わせ場所は、実家からそう遠くないとある湖の、西側の、「三個あるうちの真ん中の桟橋」だった。

夫がその湖でその友人と待ち合わせるとしたら、いつもその桟橋だったんだそうだ。

桟橋と言っても、そこは船が着くような所ではなくて、人が湖に入るか飛び込むかするための桟橋だ。


ドイツの人達の多くは、夏になると最寄の湖に出かけていって、湖の冷たい水で泳いでリフレッシュするのが大好きだ。

その日実家の庭仕事で汗をかいて、生垣を刈り込むので大いに埃をかぶった夫は、

湖に飛び込んでひとしきり泳いで、それでシャワー代わりにしようと考えていた。

私は、すでに実家のほうでシャワーを済ませてから出てきていた。冷たい湖で泳ぐ気がしなかった。


待ち合わせたその桟橋に着いた時に、私は思い出した。

ああ、ここで前に泳いだことがあった。初めてドイツに来た時とか、とにかく結構前の話だった。

そうだった、私も以前は、夏にドイツに来るたびに、泳いでいたのだ、こういう冷たい湖で。

いつも夫に付き合ってよく湖に来てたなあと思った。

ただその場所は、桟橋から湖に入ると既に足の立たない深さなので、

子供が生まれてからは来たことがなかったから、私は何年もそこのことを忘れていた。


本当は、私は冷たい水がとても苦手で、水温は30度ないとイヤだとか言っては、よくドイツ人からバカにされる。

でも、以前は私もがんばっていたのだ。夫に合わせて冷たい湖でよく泳いだものだった。

それがここ何年か、人に合わせてドイツ向けにがんばることが気分的に疲れてきて、

最近じゃ去年もこの夏も、どこの湖でも膝より深く入ったことがないって言うくらいのものぐさになった。


夫がひと泳ぎしたころに友人達が来て、案の定、ガーネットは泳がないの?と聞かれた。

うーん、水着持ってこなかった、それに冷たいし・・・と答えて、あちらのダンナさんにまたちょっと笑われる。

でも、結局友人夫婦の方も、泳いだのはダンナさんだけだった。

西に傾いてた太陽は、すでに大きな木々の陰になっていて、桟橋の上はそう暖かくもなかった。


夫は、水温が24度とか25度あればそれでまあ温かいと言う。

私は、28度でもまだ足りないと思っている。(いや、気温が30度とかあれば、話は別だが。)

ドイツ人は、一生懸命体を動かせば冷たい水の中だって体は温まると信じている。

私は、冷たい水の中でいくらがんばって泳いでもそれは絶対にありえないと信じている。

互いに決して相容れない考え方なんである。

ずっと私はそういうのを、ただ前面に押し出してこなかっただけだ。

随分と長いこと、無理してたなあって思ったりする。



追記:湖のあとは、どこかのお城の中庭のビヤガーデンに行って、楽しかったです。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さんのランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



コメント

わかりますっ

私も!
28度以下だと必死で泳いでても唇が青くなります。子供の頃は水の中ですごく楽しんでいたのに、青い唇に気がつくと父に水の中から出されました。
冷たくても泳ごうと思えば泳げるんでしょうけど、心臓が縮こまる思いをしてまで冷たい水の中で泳ぎたいと思わないんですよね。出た後も寒いし。せっかく水着に着替えてまで泳ぐなら、快適な水温で気温もあったかい日でないと泳ぐ気にならないです。
そんな環境が整わないから、冷たい水の中でもドイツ人は必死に泳ぐんでしょうけど・・・でもやっぱり、25度で冷たいなんてwと笑われると、ちょっとイラっとくるんです。「冷たくない」んじゃなくて、「快適」じゃないと泳ぎたくないってことがどうもドイツ人にはわからないみたい。

ご賛同ありがとうっ

老いも若きも暑い日には湖で楽しんでますよねこちらの人は。
みんな冷たい水にじゃぶじゃぶ入って行ってそのまますいーっと泳ぎだす。
お年寄りもそうなので私はとっても感心します。
私など、気合いを入れて向かっていっても、太ももが冷えた時点でううっとなって固まってしまいます。
冷たい水に入ることこそ健康!みたいに信じている姿勢がどうも憎たらしいです(笑)。

なんだか小説を読んでるみたい。
ガーネットさんは情景の描写が上手ですね。
水温を数字で判断したことはないのですが、25度の湖の水がすごく冷たく想像できました。

あいざぁさん、どうもありがとうございます。
実は小説書きたくて、構想もかなり練れているんですが、
心を惹きつける記念すべき第一行目がまだ決まりません(笑)。
戯れに小説など書ける日がいずれ来るといいなあと思っています。

ところで、屋内プールの場合、プールサイドにいる分には、湿気と暖気でかなり温かく感じるものですが、
そこで例えば水温27度のプールに入ると、これはかなり冷たいものです。
生きとし生けるもの、ずぶ濡れになって温かいわけありません!
せめて29度が私は欲しいです。
でも、屋外の湖の、それもちょっと深い所になると、29度など到底望めない水温。
やっぱり気合いしかありません。

って、その気合いが無くなっちゃったんですけども、私。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ