FC2ブログ

4人の人と会話しないと

日本の友人から、しばらくぶりにメールが来た。
私が、我が家の内情とかかなり打ち明けている友人だ。

最近急に肌寒いお天気のこととか、オリンピックの時に日本ではどんな感じだったとか、
色々と書いてくれていた。

最近スポーツクラブに通っている彼女は、
スポーツしながら知り合う人はいるんだけれども、
どの人とも何だか浅めな付き合いで、ちょっと寂しそう。

ふむふむふむと読み進みながら、最後の数行に至ったところで、
私の視線はぴたっと止まってしまった。

こんな風なことが書いてある。

1日に4人の人と会話をしないと認知症の危険性が大きくなると言われているのよ。
だから広く浅くでもいいから、誰かと話をするほうがいいの。
私は時々誰とも話をしない日があるので、気をつけなくちゃと思っています。


え? え? 1日に4人ですと?

むむむ。

それじゃ私など、まさに認知症に向けてまっしぐらな道を生きているのか。

私の現実なんて、口を聞くのは家族だけ。
それも、まともに日本語を喋ってくれるのは、娘ただ一人。

ドイツ人との付き合いも、頑張っていた昔に比べたら、今や皆無といっていい。

スーパーに行ったって、せいぜい肉売り場で、あれを何グラムだとかこれを何切れだとか、
「ドイツ語会話」のお手本みたいではあってもろくに会話とも呼べないような言葉を交わし、
それでその日の、外での「しゃべり」はオシマイ。

肉売り場の隣には、サラミとかハムとかチーズ売り場もあるけれど、
サラミもチーズも好きじゃないからほとんど買わない。だから会話も発生しない。

友人は、しかし私より5歳も若いが、今からちゃんと認知症の心配をしているのね。

ああ、友人の何気な?数行は、私にとっては実にコワイ指摘である。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さんのランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



コメント

ご無沙汰しております。

お久しぶりです。
ブログを読ませていただいて「ドキッ」としました。
6年ほど前から記憶力の低下を感じ始め、「もしかして私、アルツハイマー!?」と本気で悩んだ時期もあるほど(笑)結局ただの老化現象でした・・・
スイスに来て話しをする相手といえば主人だけ。1日一人です。そして最も多いのは独り言。
はぁ。これからの海外生活の仕方を考え直さねばなりません!!

核家族の場合は

核家族の場合で、さらに専業主婦だと、もう仕方が無いような気がします。
まして外国に住んでいると、毎日4人もの人と話すというのはちょっと…無理じゃないでしょうか。
会社勤めなどしているといいんでしょうけれど…。
小さな子供がいれば、子供を連れているおかげで他のお母さんと知り合ったりする機会があったりもしますが…。
私もほんと心配になります、何かをぽっと忘れてしまう時なんか。やはり何かのサークルにでも入って、あるいは、スクールで何か習うとか、そういうことをして外の人と関わらないとだめなのかもしれません。でも、そういう気力が、以前はあったのに、今は何だか面倒になってきちゃって・・・。
あ、これが老化の始まりということなのでしょうか。はあ~。ため息でますね。


初めてコメントします。

日本にいても、専業主婦の場合、人との接点を自分から作っていかないと、会話の量は減りますよね。やっぱり、社会に出ている場合は、必要上仕方なくパソコンの使い方も覚えようとするでしょうし。

ということは、日本にいても、自分で努力して外界との接点を作っていかないと、認知症になりやすいと言えますよね。

海外の場合は、まず、暮らしているところのコミュニティーが自分を受け入れてくれるか、ということも重要なポイントでは?仕事を見つけるのも、外国ではハンデはあるでしょうが、できたら、どこかに勤めるのもいいかもしれません。

コメントありがとうございます。日本の方でしょうか。

もしそうなら(違っていたら失礼!)、日本在住の方からコメント頂くのはこれが二度目だと思います。
2月にブログを初めて以来のたった二度目です。だからとっても嬉しいです。
元はと言えば、孤独感を解消しようとして日本と接点を持ちたいと願った、
というのが、ブログを始めたきっかけだったように思います。

さて、どこの国に住んでいても、4人の人と会話をするというのは、そう簡単ではないように思いますね。心がけるべきなんでしょうけれども、現実的には無理な日ばかりです私の場合は。
私は、今でこそドイツ永住ビザも得て仕事もできるかもしれませんが(ってよくは知らないんですが)、
ただ、この国で一人前に仕事が出来ると胸をはれるほどのドイツ語力はありません。
口を聞かなくても出来る仕事ならできるかも。でも、それじゃやっぱり「口を聞かない」ということになってしまう。うーん、簡単じゃないですよね。
人との接点をどんどん作れるタイプの人はいいんですが、私などはあまりそれが上手じゃありません。それに、若かった頃そんな風に出来ていたことが、40代も後半になってきて疲れてきた部分も正直あります。いけませんねー(笑)。

日本です!

レスありがとうございました。わたしは、日本在住で、異文化に興味があるものです。今は、短時間ですが、語学を使う仕事をしています。ちなみにドイツ語ではありませんが・・・。

わたしは留学はしていませんので、話すほうは苦手なので、勉強を続けています。高い語学学校には行かず、もっぱらラジオ講座など利用しています。年齢が行くにつれて、やっぱり、語彙を増やすことが難しくなり、もっともっと年をとる前に、もう一度本気でやってみよう、と思っています。わたしも40台です。

ドイツには興味がありまして、最近、ドイツ関連のブログを訪れて、ガーネットさんのブログも拝見しました。読みやすくって、文章がお上手なのだなぁ、と思いました。日本人がドイツに多く渡っていることを知り、それも女性たちが、結婚されてという形も多いのですね、最初の勇気がある(あった)方たちなのだなあ、という気持ちでみています。

ガソリンスタンドでの出来事、時系列的に、そして、ガーネットさんの思いも織り交ぜられてて、そこにはドイツ人と日本人のものの見方の違いもしっかりと書かれてあり、「おじいちゃん、お気の毒・・・」と思いながら、わたしとしては、ドイツ人のものの考え方として、ひとつの勉強になりました。

異国でしっかりと、お母さんをされているガーネットさんの日常の徒然を、ブログにて、また楽しみにしています!

まいさんへ

語学を使う仕事ですか。羨ましいです。私もその手の仕事に就きたいと思ったことがありました。
私も、昔の話ですが、ラジオ講座でドイツ語をやりました。2年間はまじめに聞いた月~木の初心者コース、あれが結構功を奏しています(笑)。
うちのような家族(ドイツ人の夫・日本人の妻)はとても多いでしょうね。その反対は少ないと思いますが。私の場合は、勇気というより、今思えば浅はかと無謀でしたねー。それでも、結婚する時はちゃんと考え抜いた「つもり」だったし、迷いも無かったんですが…。
ただ、とにかくずっと東京に住めるものだとばかり思っていて、こんな長くドイツに住むことになろうとは、ゆめゆめ思いませんでした。
文章を褒めて頂きありがとうございます。読みやすいと言われるのはとても嬉しいです。また何かおもしろいことを書けるといいのですが。ではー。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ