FC2ブログ

バカな買い物

息子が、ニンテンドーDS用の、あるゲームが欲しくて欲しくて、
ずっと私に付きまとっていたから正直煩わしかった。

ろくに勉強もしないのに、ゲームなんて、と取り合わなかったが、
息子があんまりうるさいんで、私はまたしても、やっぱり音を上げてしまった。

( だから私は、忍耐の無いだめな母親なんである。
  例えばかつて、モルモットがほしいと言われた時だって、あんなに私は反対だったのに、
  結局は息子のしつこさに負けて飼うことにしてしまった。)

怒りながらも、息子を連れてそのゲームを買いに出かけた。
しかし、3箇所まわってどこも売り切れだった。
息子は、それじゃインターネットで買えばいい、と言い出した。

ほら、ここで売ってるよ、と息子がオンラインショップで見つけて私に見せる。
嫌気がさした私は、もう面倒くさくて頭にきていて、
息子がそういう類のことで私にまとわり付くのを終わりにしたい一心で、
よく見もしないでよく選びもしないで、買ってしまった。

ところで。

私がこれまでに、自分でドイツのオンラインショップから購入した物は、
自分と娘の携帯電話、衣類、化粧品関係など。

携帯電話に関して言えば、契約無しの携帯を買ったので、
それに使うSIMカードというものも別に購入。これもオンラインで。

携帯は、「購入」から「配達」まで、24時間かからなかった。
会社自体はハノーヴァーだったが、手配がほんとに早かった。

プリペイド式の携帯だから、通話料金が不足しそうになってくれば、
いつでもすぐに、オンラインで20ユーロ分とか30ユーロ分とか購入する。
購入後すぐに、通話料金がその分ちゃんと増えている。

我が家では、冷蔵庫、テレビ、ノートパソコンなどもネットショップで購入したが、
これまで何か問題が有ったことがなかった。

しかし。

しつこい息子に腹を立てていたので、もう私はよく見もしないで、
息子が欲しがっているゲームを「買い物カゴ」に放り込み、「購入する」手続きに入った。
送料込みで、31ユーロだ。

通常ならば、購入手続きに入ると、まずは「買い物カゴの中味」が表示されるはず。
しかしすぐに、こちらの住所と銀行口座番号をいれる画面に移った。
まあいいか、間違いも無いだろう、とその時は思った。

通常なら、最後の最後に、
購入商品の明細を始めとする「確認画面」というものが表示されると思うけれど、
そういうのが無くて、突然、はい購入完了、となった。

大丈夫かなぁとは思ったが、大丈夫だろうと思うことにした。

そして3日後、無事にゲームが届いた。
封筒はごく簡素なもので、差出人の名前も無かった。
金額の引き落としは、もちろんとっくに済んでいた。

「新品の商品」ということだったが、中のブックレットはどうも新品っぽくなかった。
しかし息子は喜んで、さっそく遊んだ。

やっと息子が静かになったと思ったら、また私の所に来て言う。
ママ、ここが動かない。

例えばそれはこういう状態。
ステージ1、2、3、とクリアーして4に行こうとすると、画面が真っ黒になって止まってしまう。
うんともすんとも言わなくなる。

はあー。もうため息が出る。

この手の面倒は本当に嫌だ。
しかし、仕方ないので、状況を書いてクレームとして送った。

すぐに返事が来た。
「あなたのクレームはメッセージボードに掲載され、商品発送元の担当者に届きました。」
「メッセージボードを通して、担当者と連絡を取って下さい。」
「メッセージボードに入るには、注文番号を入れ、・・・・。」

そして、すぐにその担当者からボードにメッセージが入った。
「下記住所に送り返してください。受け取り次第、すぐに別の新品のゲームを送ります。」

その住所というのは、しかし、ドイツじゃなくて、なぜかオランダ。
でも、届いた時の封筒に貼られていた切手はドイツのもので、消印もドイツのもの。

私は、すぐに二度目のメッセージを書いた。
「オランダに送り返す?誰が送料を払うんですか?」

とまあ、向こうにしてみれば、至って意味の無い間抜けとも言えるメッセージであったろうが、
それを書かないで済ませる気にもならなかった。

もちろん返事が無かったので、私はまた書いた。

「商品を返品しますので、金額の返金をお願いします。
別の商品を再送してもらっても、それが機能するかどうかこちらにはわかりません。
また故障していたらどうするのですか。」

とまあ、これも、あちらに聞いてもらえるリクエストではないだろう、とは思ったし、
案の定、これに対しても返事は何も無かった。

返品先の住所というのをインターネットに入れてみたら、
ちゃんとオランダの該当地図が出てきたので、私には、それが実在の住所のように思えた。

いまいましいこのDSゲーム。
私は、こんなものが家の中に在るのも嫌になり、
郵便局からそのオランダの住所に送り返すことにした。

郵便局で聞いてみた。
「一番安く送りたいんですが。」

送料は、4.5ユーロ(約700円)。
ああばかばかしい。

しかし、送り返してせいせいした。
そしてメッセージボードに再度記入。

「ゲームを送りました。必ずやパーフェクトに機能する新品のゲームを送ってください。」

先の2個のメッセージを無視した担当者から、すぐに返事が来た。
「送ります。」

私がゲームを送り返したのは、先週の土曜だった。
今日でちょうど1週間。

なーんにも届かない。
このまま何も届かないのか。
でも、届いたとしても、きっとまたうまく動かないもののような気がする。

日本でのオンラインショップ利用も含めて、私にとっては初めてのトラブルだった。

勉強料、とか言うんですよね、こういう時。

私は、合計で35.5ユーロ(約5600円)を払って、
ネット上にはこんな信頼のおけないイカサマ・ショップもあるのだと、
こうしてありがたく、身をもって学んだわけだ。

ああやな感じ。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さんのランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



コメント

こんなこというのもなんですが・・・。

あの、勉強になりました。
私自身ドイツでのネット販売にはまだまだ手を出したことがありません。
日本にももちろんイカサマはありますけど、どの国も同じなんですね。
ガーネットさんのミスによって、お~これは私も気をつけないと。
と改めて思ったのですが、こんな風に参考になった人間もいるということで、
↑な気持ちになって下さいますように…。

いやーありがとうございます。

こんな経験が、別の誰かの参考になるなら、私としても嬉しい限りです(笑)。それに、みんなのための勉強料って考えれば、安いものです。

その発送元が、私の今回の投稿を読んでくれた可能性は万が一にもありませんが、昨日の今日になって、届いたんですよー、良かったです。でも、ちゃんと動くのかどうかまだわからないんですが。
(現時点でまだゲーム自体は未開封。)

続報として、これから記事書きますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ