FC2ブログ

オクトーバー・フェスト

ドイツに住んでいても、ドイツのことなどあんまり書かない私ですが、たまには堂々ドイツ情報を。

さて、かの有名な「オクトーバー・フェスト」開催中のミュンヘン。
(今年の開催期間は、9月20日~10月5日でございます。)

この、世にもクレージーな祭り「オクトーバー・フェスト」に、私はこれまで3回行ったことがあって、
そのうちの一回は、夜のテント内でしこたま飲んだ。
(ま、私の場合はビール3杯=3リットルでしたが。)

「テント」という言葉から私達が普通に連想するイメージを、
まさに一掃する馬鹿げたまでの「巨大テント」が、会場には↓こんなに沢山、14個もある。

oktoberfest die grossen zelte
(オクトーバーフェストのオフィシャルサイトから。)

夕方以降のテント入場にはチケットが必要で、
それはそれは星の数ほどもあろうか(ウソウソ!)と思う全ての入り口では、
逞しくハンサムなマッチョマンの厳しいチケットチェックがある。

各テントは、小規模だと1000人とか3000人、通常規模で6000~7000人、
最も大きいテントには、サイトを見る限り、8450人入れる。

このテント、中を覗くと、午後も夕方近くになる頃には、そりゃもう上を下への大騒ぎ
まさに、飲めや歌えや踊れやの大騒ぎで、何度覗いても、ほとほと感心し呆れてものも言えない。
そしてもちろん、一歩足を踏み入れさえすれば、楽しくなること請け合いである。

各テントには、テントの外にも席が設けてあり、これも2000席とか3000席とか、とにかくすごい数。

でもって、この巨大テントの合間を縫うように小ぶりなテントがこれまた16個もあり、
これだってテント内だけでもそれぞれ100人から300人程度の収容力。

oktoberfest die kleinen zelte

ちなみに、かの有名な↓ホフブロイの巨大テントでは、
oktoberfest3
16日間の開催中に、ざっとこれだけの量が人々のお腹に消えてなくなる。
ビール550000リットル
35000羽分のグリルチキン(通常一人前は一羽の半分のサイズなので70000食分ということ)
5500グリルポーク
8500ソーセージ
2800スペアリブ
などなど。
もちろんこれだけじゃない。

10以上のテントでこれだけ出しているんだろうからもう、何をかいわんや(何語だよ)である。

テントの外も楽しくて、たった2週間ほどの期間にだけ出現する遊園地もある。

oktoberfest1

小さな売店の数も、数知れない。

(写真が小さくてごめんなさい。)

ところで、オクトーバー・フェストのビール(1リットルのジョッキ)の値段が高いと言って
毎年毎年不満をこぼすババリア人だが、
そりゃ「祭り」なんだから何でも高いだろう、みやげ物だって、食べ物だって、何だって。

私は、「祭り」という場所に出かけて行く以上、そこで財布の紐をきっちり締めるのは好きじゃない。
祭りなんだから、気前良く楽しくやりたい。
高くて馬鹿げたみやげ物だって買ってみたくなるかもしれない。

話がちょっと遠くまで飛んでしまうが、昔夫とラスベガスに旅行した時に、
私はカジノで羽目をはずしたいタイプで、彼はそうじゃないタイプだとわかった。

もちろん私は、財布の紐を緩めるよりは締める方が大事だとはわかっているけれども、
ラスベガスくんだりまで出かけていってけちけちするのは、どうも、何だかなーであった。
お金を惜しむなら、行かない方がましだと思った。
ラスべガスは、ぱあーっと使ってすっからかんになる場所で、それでいいんじゃないの、
などと思ったものだ。

そう、オクトーバーフェストに出かけて行ってビールが高いとぬかすくらいなら、
いっそ出かけて行かないほうがいいのだ。
(そりゃ確かに高いと私も思うが、目をつむるしかないだろう。)

ビール会社がこの時期販売する「オクトーバー・フェスト・ビール」っていうのがあって、
そういうのを家で飲みながら、
何もわざわざフェストに出かけていかなくても、別段さびしくもない私である。

私にとって外国の祭りというのは、母国の盆踊りなどと全く異なり、
基本的には何度か見るといつか飽きてくる。

しかし、オクトーバー・フェストのクレージーぶりは、
また見に行きたくなる馬鹿げたまでの魅力があることを、私はやっぱり認めてしまう。
おもしろいのだとにかく。

ま、また行く機会もあるだろう。

さて、ネット上では↓ライヴの夜景まで見れる。

okt1

夜のオクトーバーフェストは、とてもきれい。
ヨーロッパの、私の知る限りの国々で、夜にあれほどの灯りを私は見たことが無い。
普段住んでいるのは、夜になると真っ暗なドイツの田舎なものだから、
あんなイルミネーションを見ることがないのだ。
原発廃止を目指すドイツの、唯一の電力浪費は、きっとあそこにこそ集結している(なーんて)。

それにしても、今週の天気の悪さとこの冷え込みは、お祭りには気の毒だ。
とてもじゃないが、昼間だって外でのんびり飲める気温じゃない。

いっそ、オクトーバー・フェスト改め、ユリ(7月)・フェストにでも替えれば、
外でも飲めてそれもまた気持ちが良さそうなものだと思うが。

しかし今年でなんと175回目のオクトーバー・フェスト。
これからもずっと変わることなく、寒かろうが何だろうが、この時期の開催なのであーる。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ0円のWEB素材屋さんのランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



コメント

足跡からやってきました。
ドイツにお住まいなんてうらやましいです!!!
もしかしたらドイツにいけるかも(!?)しれないのでそのときにはよろしくお願いします。
ドイツのビールが早く飲みたいですw。

ようこそ!

フィンランドからですか。それはそれは遠い所をようこそ!今度ドイツに旅行されるんでしょうか。こちらバイエルンの私の住んでいるあたりは、このところ1週間以上も雨模様が続いて寒かったです。いらっしゃる時にお天気に恵まれるといいですね!私はドイツのビールではHelles Bier(ヘレス)が一番好きです。Weissbierヴァイスビァはどうも苦手…。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ