FC2ブログ

日本人離れ

(昨日の続きになります。)

今振り返ると、この18年間の、(出会いからもうそんなになるかと自分でもびっくり!)

最初の数年は、日本人離れしていく自分を、自分で楽しんでいた。

自分は他の人と違う恋愛をしているような気がして、調子に乗っていた。

あれから十何年もたった今は、あの自分は我ながらまったく別人のようだ。

でも、あれも私で、これも私。

 

子育ての大変な時期が過ぎた頃、

もう何年も、育児のために「自分」を忘れていたような気がしたことがあった。

子供に注いでいたつもりの愛情と一緒に、

「自分」というものはどこかに流れ出てしまったようだった。

それでも、子供のために諦めてきたことの数々を次第に再開し、

ゆっくりとではあったが、私はいつしか自分をすっかり取り戻したような気になった。

 

でも、取り戻した自分というのは、もう何だったんだろう。

取り戻したと思った「自分」には、ドイツ向けに変わった「自分」が混ざっていた。

かつて日本人離れを楽しんだ自分はもうどこにもいなくて、

日本人でありながら日本人でないような、心許ない奇妙な気持ちになった。

私の場合この気持ちは、ドイツに住んでいるとさらに大きくなる。

どうして私はここにいるんだろう、

ドイツの国が私の本当の居場所なんだろうか、なんてことまで考える。

もちろんここが私の居場所だ。他に住む場所が無いという意味では。

 

国際結婚をして世界のどこに何十年住んでも本来の自分を持ち続け、

変わった自分を自分の中でうまくアレンジしていける人は、

どんな心の持ちようをしているのだろう。

きっと、いつまでも日本人離れをポジティブに楽しめてる人なのだろう。

 

去年、15年来のお知り合いの日本人女性に久しぶりにお会いした。

ドイツ人と結婚してもう何十年にもなる人で、

若い頃に日本を飛び出し、ドイツ以外にも色んな国で暮らした経験をお持ちだ。

私の気持ちを話すと、彼女が言った。

 

「 ガーネットちゃん!もうね、悟りを開くのよ、悟りよ、悟り。」

 

悟り、ですと?そのようなものは、開こうと思って開けるものでは・・・。

 

「 まったくねー、ガーネットちゃんはまだ若いから、(彼女は私より20歳上)

 あれこれ考えちゃうのよねー。無理も無いわ。」

「 でもね、悟りが開けてくるのよ、そうするとね、

 人生何だかもうすっきりと達観できるようになるのよこれがー。」

「 あははは。大丈夫、大丈夫。」

 

そう、きっと大丈夫なのだ。 私にもいつか、

いろんな思いを乗り越えて、人生を達観できる境地に至る日が、訪れるのだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへBanner2クリックよろしく。

P.S. 華月さんへ。コメントありがとう!そうそう私も電話を無視したことが以前はありました。それで夫に怒られたりして。電話が怖くなっちゃうんですよね。外国ならではの心労、色々ありますよね。赤ちゃんのお世話がんばってくださいね。(ココログでは、外国IPからコメント投稿ができず、それでこの場を使いました。見てくれてるといいけど。数日後には消去しますね。) 

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ