FC2ブログ

探偵会社からの電話

昔々、会社勤めをしていた頃に、
「探偵会社の人」という人から仕事中に電話をもらったことがあった。
探偵会社の人と名乗る人なわけだから、
当然私の名前も勤務先もとっくに調べてわかっていたわけだ。

会社の代表電話経由で私にかけてきた電話だった。
電話の相手は、私が本人であることを確認し、
ついでに私のその日の服装を言い当てた。

私は気色悪くなり、腹が立ってきた。
しかし探偵会社が私に一体何の用かと、
好奇心が頭をもたげ、私は相手の話を聞いてみることにした。

あなたに会いたいと言う男性がいる、と言われた。
その人は、あなたの会社のすぐ近くの○○という会社に勤めていて、
前からあなたを気に入っていて、でも話しかけるきっかけも勇気もない、
それでこちらに依頼が来た。

はあぁ?
そんなに私に声をかけたきゃ、
会社帰りの私を待ち伏せて、声をかければ良いではないか(会社が近いと言うのなら)。
何をまわりくどいことを。

(あ、そもそも声がかけられないから、こういうことになっているのね。)

探偵会社に依頼をするなど、かなりお金もかかることではないだろうか、
なんてことも頭をよぎる。
もしかして、気弱でリッチなサラリーマンか。

いい男なら、会ってあげようかな。
でも、いい男なら、やっぱり私を待ち伏せて、
堂々と告白してくれそうなものじゃないか。

いつしか興味津々になってしまったアホな私は、
会う日と時間を決めてしまった。

さて、数日後の待ち合わせ場所に現れた「探偵会社の人」というのは女性で、
私と「その男性」を引き合わせた後、そそくさといなくなった。

どうする。

その男性は、憧れ続けた?私に面と向かって会えて、
今度はどうすりゃいいのかわからなくなったみたいだった。

私は、と言えば、好奇心でのこのこ出かけてきた自分を早くも呪っていた。
目の前の男性は、上がってしまって気の毒なほどもじもじしていた。
彼は小柄で、私のほうが背が高かった。
(私は164cmなので、ハイヒールを履くと、
 小柄な男性より背が高いことが往々にしてあった。)

好みのタイプでもないし、わざわざ来てバッカみたい、と思ったものだから、
いっそこのまま立ち去ろうかとも考えたが、
それじゃあんまりだろうかと思い直して、
とりあえず上の喫茶店に行きましょうか、と誘ってやった。

ああもう。
自分に腹が立って、何をしゃべったのか覚えてもいない。
平凡な、もてないタイプの男性だった。

アイスコーヒーを…そうだ、あの時彼はアイスコーヒーを頼んで、
どぎまぎしながら飲み終えて、
そして彼は、まだ氷の残るアイスコーヒーグラスに、
脇のグラスの水を注いで、それをストローでじゅーっと飲んだ。

この行為、実は私のかなり嫌いとする行為なんである。
私の美意識が許さないのだ。

私の我慢はそこまでだった。
もうそれ以上そこに座っていられなくなった。

すみません私はこれで、と席を立った。
支払いは、もちろん彼が持つに決まっている。私は気にもかけなかった。

まだ若く、場合によっては小生意気で、
人よりちょっとはお洒落もしていると自負していた自分だった。
あんな男に惚れられるなど、私は我が身が情けなかった。

数日後、その男性から会社の住所で私宛てに手紙が届いた。
私の自宅住所までは調査しないでいてくれたのだろうか。

会社宛てに届く郵便物は、全て総務部で配達記録が取られ、
開封された後こちらに回ってくるシステムだった。
事務の女の子が、ガーネットさんこんな手紙が…と遠慮がちに私に持って来た。

ああ、あの冴えない男は、
あの日私の気分を害してしまったことを悔やんで詫び状を書き送ってきたのだった。
読むのも腹立たしかった。

しかしそれきり、探偵会社からも彼からも、何の連絡も無かった。

ストーカーなんて言葉が世に生まれるずっと前の出来事だった。
彼がストーカーになるようなタイプの男じゃなくて、ほんとに良かった。

もしも彼が私と同じ会社に勤めていて、
もしも彼が私の同僚だったなら、
たとえ見た目は冴えない男でも、
人柄とか性格とか仕事を通してわかることもできただろうに。
一緒に仕事をするうちに、
彼の良さを見出すことが、もしかしたらあったかもしれない。

しかし出会い方がまずかったな。
と言うか、やはり彼は私の好みじゃ全く無かった。

彼も悩んだのだろうが、
選択した「探偵会社に依頼」というやり方は、
どうだったんだろうなあ。
私に対しては、残念な結果に終わってしまったわけだ。

彼に、「当たって砕けろ」的な潔さがあったなら良かったのに、
……って、何が良かったのかもよくわからぬまま、
私はその出会いをいつしか忘れていった。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ0円のWEB素材屋さんのランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



コメント

そうですね~、ドイツ人の素敵な方にプロポーズされた方なのですから、身長165以下のさえない人を見たら、腹も立ったのもわかりますよ。

ガーネットさん、若いころは本当に素敵な方だったんだろうなと思います。ある程度の容姿がないと、外国人にアプローチされませんよね。

わたしは、理想は高くないと思っていたけど、出会ってしまった自分を許せない体験、わたしにもあります。

それは、出会い系サイトで、半年以上メールを交わした人に思い切って出会ったことがあったんです。メールばかりしていても、おもしろくないと思って。会うことにしました。メールの文章からはわりあい、まともそうに思えたから。

しかし、行ってみると、本当にさえない男でした。身長165くらいでしょうか、体重は聞いたら100キロ近いんです。おなかをオーバーシャツで隠して、まあ、デブ、肥満体の男でした。
醜いおなかを見ていると、本当にイライラしました。

顔だってすごく大きいの。首もとっても太くて肉がたるんでいるから、肉の重みでしわもあるの。本当に、見た目が悪かったんです。

ああ、こんな人だから、きっとメールが半年も続くんだろうなと思いましたね。こんな男に会った自分が許せないという気持ちもわかります。

でも、このひとは、わたしよりいい車に乗っているみたいだったし、給与もわたしより高いんです。社会的に成功しているのは、一応、この人のほう。

男性のほうが、結局は経済力があるのよね、って思いました。

相手はわたしと付き合いたかったの。でも、こんな見てくれの悪い男を相手にするのが我慢できなかった。

本当にガーネットさんの気持ち、よくわかる。

なんていうのか、生理的な嫌悪感がありました。彼の笑い方。下品だったんです。それと、小指のつめを伸ばしているの。何のために?わたし、そういうつめの伸ばし方をしているひとが、大嫌いなんです。

このひとと仮に恋人同士になったら、こんな人とキスを交わすのだろうかと思うと、本当に気持ち悪かった。

わたしは、このひとにこれまでも彼女ができないわけが本当によくわかった。はっきり言って、外見が悪すぎるのである。そして、自分はもてない、とわかっているので、非常に卑屈な態度を示すのである。そういう惨めっぽく見えることもいやだった。もてないなら、もてないなりに、他の趣味とかで、女を求めてほしくなかった。

あまりにも太っている場合、内分泌の異常というのもあると思うけど、生活習慣が悪いとしか思えなかった。聞けば、休日もすることがなくて、ごろごろしていることが多くて太ったと言う。

一緒に本屋に行ったけど、彼の選ぶ本のレベルの低さを見て、本当に腹が立った。相手は高卒であり、こんなこと言ったら悪いけど、あまりにも、学歴が合わないと、はっきりと悟った。

大学卒というのは、学校にもよるけど、やっぱり、話をしていてその価値がわかる。

こんな人と付き合うほど、自分のレベルを落としたくないと思った。

無理をして付き合っても、相手にイライラして、どうせ、長続きはしないと思いました。
その後、2度とメールはしませんでした。顔も満たし身体も見たし、これ以上何も知りたくもなかった。

でも、相手が自分にいらだつのを感じるのも辛いから、どっちがいいんでしょうね。

わたしは、性格の悪い女でしょうか。

んー。

充分記事一個分になりそうなストーリーですね。

加奈子さんが悪い性格というならば私だってそうですよ。でも、良くない所も良い所も、そしてちょっと変な所なんかも、誰しも持っているのではないかなぁ。

こんなこと(この記事ね)思い出して書くと、非難の気持ちを抱く人が多いかな、とも思ったんです。でも、あんまり人が経験しないことかなとか思い、思い出しついでに書きました。

「ドイツ人の素敵な方にプロポーズされた方なのですから」…むむむ。これなんですが私自身は彼のことを素敵とかハンサムとか思ったことが実は無いんですよ(彼には申し訳ないのだけれど)。周りの人で、素敵とか渋いとか言ってくれた人もいましたが、結局のところ、この人なら私の親が気に入るかなぁと思った、というのが私の中ではとても大きかったんです。なにせ若かりし頃に、結婚したいと私が言い出した時(別な相手とですよ)、父親に大大大反対されたことがあり、それ以来結婚には消極的になり、結婚するのはまず親が気に入る相手でなきゃ、みたいなことを第一に考えていたのかもしれません。親もいなくなった今となっては、なんであの時あんな風に考えたのかなぁとか思いますね。おっと話がそれましたね。

私は、日本人の男性のメル友が欲しいなあと思うことが実は時々あります。オトコの日本語というものにとても飢えているんですね。でも、もしメル友が出来ても、付き合いはメールだけに留めておこうと思います。そしてイマジネーションだけ膨らます方が良いかなと。
ただ、現実には、会える距離にいるのなら会いたくなってしまうものかもしれませんね。

ところで、加奈子さんが会ったというその男性、コワイ人じゃなくて本当に良かったですよ。怖い事件が世の中には多いですから。

おいらが子供の時から憧れていたシチュエーションは、
おいらの両親以外に「実の親」がいて、それもすんごいお金持ちで、ある日突然おいらを引き取るのです。「なるほど、だからおいらは姉や妹より気品があるんだ、生まれが違ったのね」とか言うわけですよ。そしておいらは新しいお屋敷で心から愛され裕福な生活を送るのです。

なんせほら、子供多いし。貧乏だし。こういう夢を見る条件は揃ってました。だけど親にしてみりゃ、失礼この上ない夢ですよね。今は「実の親」願望はないけど、いきなり探偵事務所から電話がかかってきて「多額の遺産相続が」って言われるのを夢想します。

あはは。おもしろいですねー。
さすがあいざぁさんのイマジネーション。

そして新しいお屋敷で裕福な生活を堪能する娘だったが、
『裕福な両親』は、実は夫婦仲が悪かった。
ある日ふと、おしどり夫婦だった育ての親を思い出す娘。
本当はやっぱその二人こそが実の親だった。
裕福な実の親モドキに弱みを握られ脅迫され、愛娘に嘘をつかされた二人。
娘は二人の元に戻ることを決意する。
うわ~ん、あたしが間違ってた~。ごめ~ん。

(はっ。何書いてんだ私。)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ