FC2ブログ

書くことで発散する

前回と前々回、共感も反感も買いそうなことを書いたと、我ながら思います。

どちらの投稿も、どう表現すればよいのかわからない部分があったせいか、
幼稚な文章になった気もします。

でも、書くことを通して、何か発散したものがありました。
気持ちを整理し確認して、小さな小さな区切りをつけたような気がするし、
それに、書くことで気持ちが少し楽になったし。(反感を買うのはつらいけれども。)


今日の夕方は、婦人科に予約をしていたので行って来ました。
外国で、自分のことで医者に行くのはとても億劫な私ですが、
4年ほど前からは、婦人科のがん検診と通常の健康診断は、
毎年受けることにしています。

1年ぶりの先生と握手を交わしながら、先生に、どう?元気?と聞かれ、
うーん、まあ、元気は元気なんですが…と答えました。

でも、自分がほんとに元気なのか、どうもよくわからない、
更年期のせいか、はっきりとした何かの症状とも言えないような何かが色々あって、
数日落ち着いていても、また次の数日は変な感じがするとか、とにかく、何かこう・・・変。
落ち込む日も多いし…などと答えました。

始終ガイジンとして外国に住み続けることのストレスとか、
家の中の、そりゃまぁ色々、とか、、、そこまでの詳細を先生に話す気力は無かったので、
表面的なことをさらりと言うだけに留めておきました。

この先生は、ぼんやりした発音をする上に早口なので、
その不明瞭なドイツ語を聞き取るのは結構大変で、会話をすると疲れる相手。
でも、体に異常がない限りは、一年にたった一度の検診なのだから、
ま、仕方ありません。近所だから、つい行っちゃうんです。

ところで、初めてドイツに住んだ時(13、4年前)に、
息子がお腹にいた時この先生に診てもらいました。
妊娠中の定期検診では、いつも血圧を測りますが、
先生のところの血圧計は、壊れていたのか何なのか、
私の血圧が検診の度に80/40だったので、
うーん、低いねえ、なんて先生は言っていたんですが、
知り合いのドイツ人ママにそれを言うと、
それって、実はもう死んでんじゃないの?下が40?有り得ないね!
などと言われたものです。
(私の血圧は、妊娠出産以降ちょっと上がり、以来変わらず120/70)

ある日の超音波診断の後で、先生が、
おなかの赤ちゃん、男の子か女の子か、知りたい?と聞いたことがあったので、
知りたいと答えたら、先生は、「女の子」と答えました。
でも、生まれてみたらば、男の子。

(先生の所は小さなクリニックで出産は扱わないので、
 出産の時は別の病院に行きました。)

後日赤ちゃんを連れて行くと、先生は、
ふーん、この子は、両手でちゃっかりおちんちん隠してたんだねえ、
などと抜かしました。

(信じて任せて良い先生なのか・・・。)

ま、それはさておき。

さて、、、住むのは二度目のドイツで、現在この町に舞い戻って2年目。
ついつい、近所だから便利と、この先生にまた通うことにした私です。

先生は、優しいことは優しいのです普通に。
うつっぽい気分になることがあるのを伝えると、薬がほしいかと聞かれました。
とても落ち込むことがあるようなら、和らげる薬はあるよ、植物系のもあるし…、
今ここで処方箋を書こうか?

いいえ、私は・・・、今は薬は要りません。
だって、普通の生活を送ることはちゃんと出来ていると思うから、だからまだ大丈夫です。
(それに、もっとつらい人よりは、私はつらくないはず。)

それじゃ、つらくなることがあったら、いつでも来なさい。

はい。

落ち込む時には、厳しいことを言われないのが一番助かります。
ほんとに苦しくなったら助けてくれる誰かが近所にいると思って、
私は、少しまた気持ちが楽になったのでした。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ0円のWEB素材屋さんのランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



コメント

良かったのだ♪

ガーネットさんの気持ちが少し和んで良かったのだ。
昨日もコメントしようとしたのだが、くどく言うのは良くないと思って控えたのだ。
今回、ガーネットさんの少し楽になった話を見て、とっつぁんも安心できそうなのだ。

はじめまして。ドイツ語の間違い、指摘頂きましたしろまうです。ドイツ語だけでなく、ブログもまだ初心者なのですが‥‥。せっかくコメント頂いたのですが、承認が出来ないようなので、こちらに直接返信しました。教えて頂いた箇所、修正してみました。

ヨーロッパで暮らす日本人女性のブログは、これから、ヨーロッパ進出を考えている後進のために、大変、参考になります。

良いことも、悪い(?)こともすべて。

わたしは、今、若い世代のひとが、あまりにも安易に外国に行っていると思うのです。行く目的とかまじめに考えてるのかって。外国暮らしの厳しさ、わかってるのかって。

ひとりの女性として、当地に暮らす方の現況を教えていただけたら、ひとつの判断材料にもなるのです。厳しい冬に耐えられるかとか、周りに日本人がいないとき、どうやって孤独に耐えるかとか。

それでも、行きたいひとにはがんばってほしいと思うけど。

これからも、ガーネットさんらしいブログ展開を楽しみにしています。やっぱり、先人の教えは貴重です。

【おとっつぁんへ】
ありがとうございます。実は、和らいでは沈み、しています。これはやはり薬をもらいに行くのが良いかと思ったり。ほら、子供のために解熱剤が家にあれば母親は安心していられるのと同じで、薬がそこにあれば安心かなぁと。
全てのことには終わりが来るのだから(って、ちょっと大げさですが)、私のちっぽけな悩みだっていつか晴れ晴れと解決する日も訪れるでしょう。(だといいけど。)

【しろまうさんへ】
先日は失礼しました。誰かのブログの単なる書き違いなどに対して、わざわざ指摘するのもどうかなとは思ったんですが(だからマル秘コメントの形にしました)、ドイツ語文法をきれいにまとめていらっしゃるので、私も再確認の意味で眺め、それでついおせっかいを…すみません。
この頃書いてる内容が暗いのですが、気が向いたらまたいらして下さいね。

【ネコさんへ】
結婚した時は、真剣だったつもりですが、安易といえば安易だったかなあと…(笑)。ずっと日本に住むものと思いこんでいたので、将来外国に住むことになるかもとよくよく思案した上で結婚を決めたわけではありませんでした。
同じ外国に住んでいるのでも、現在の私みたいに、悩みが色々重なってきてしまった人もいれば、全くそうじゃない人もいて、様々ですね。
ブログを書くことに慣れたせいか、このところ悩み事を書いたりしましたが、私のようなブログ展開もまた、これはこれで、私らしいのかなと思えました。と言うか、人間誰しも、自分らしくいくしかないのですよね。それを再確認させて頂きました。今の私にとって、嬉しい言葉だったんですよ、「らしい」というの。どうもありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ