FC2ブログ

何度も食事の支度をする

平日の朝、息子が起きるのは6時半で、家を出るのは6時55分。
7時2分のバスに遅れたら、もうバスがない。

息子が乗るのは普通の路線バスだが、
学校の子供達のためにあるようなバスで、乗るのはほとんどが子供達。
学校が休みの日には運行しない。

息子の学校は、我が家から16キロほど距離があって、
息子の乗るバスは、色んなところに回り道して子供達を乗せていくから、
車なら10分でも、バスだと35分もかかってやっと着く。

ずいぶん日が短くなってきたこの頃、朝の7時はまだ真っ暗だ。
街灯はあるけれども、たいして明るくないので、家の前の通りは、かなり暗い。

息子は、暗い中を一人で歩くのが嫌いで、ちょっとそこまで一緒に行って、と私に言う。
12歳にもなって…とは思うものの、バス停までのほんの数分のうちの、
1分くらいを一緒に歩いてあげて、私も早朝の空気を吸ってくる。
(親にバス停まで送ってもらっては、他の子の手前かっこ悪い、
 ということは息子もわかっているらしい。)

娘が起きるのは7時で、家を出るのは7時35分。
その時間には、今の時期なら外はすっかり明るくなっている。
(娘の場合は、別に暗くてもどうでもいい。女の子はオトナなのだ。)

娘の学校は、家から3キロなので、
普段のバスに遅れても私が車で送るのは容易いし、
何となれば、自転車でだって通える距離だ。

私が平日の朝起きるのは6時ちょっと過ぎなので、
外は真っ暗闇だが、この頃はそれが苦にならなくなった。
夏に日が長い分、冬は日が短い。
ドイツに何年も住んで、今じゃすっかりそれに馴染んだ気がする。

ところで。

ドイツの学校の時間割というのは、基本的にこうなっている。

始業は朝8時。1時限は45分間。
1時間目、2時間目、と続いて、15分の休憩、
3時間目、4時間目、と続いて、15分の休憩、
5時間目、6時間目、と続いて、下校時刻。

6時間目終了は、13時。
(学校によっては、6時間目を少々早めに切り上げるところもある。)

つまり、こうなるんですね。(ま、どうでもいいんですが。)
1時間目  8:00~ 8:45
2時間目  8:45~ 9:30
休  憩  9:30~ 9:45
3時間目  9:45~10:30
4時間目 10:30~11:15
休  憩  11:15~11:30
5時間目 11:30~12:15
6時間目 12:15~13:00

授業と授業の間に教室の移動もあるから(大学みたい)、
これ、なかなか大変だなあと思うんだけれど、
ドイツではこうなんだから仕方がない。

大人(先生たち)は、早く始めて早く終わりたいのだ。

娘は現在9年生(日本の中3)で、
娘の場合は、火~木の3日間は、6時間目のあとに昼食、7、8時間目と続く。
でも、月・金は6時間で、家には午後1時過ぎに帰ってくる。

息子は、基本的には毎日6時間だが、
バスで戻ってくると、家に着くのは2時ちょっと前になる。

で、何が言いたいかというと、つまり、
娘と息子は、朝食の時間が異なるだけじゃなくて、昼食の時間も異なる。

ところで、ドイツの学校では、
学校に軽食を持っていって休憩時間に食べてもいいことになっているし、
うちの子供達の通う学校の場合はそれぞれ、
休憩時間にカフェテリアで何か買えたりするので、
ひもじい思いはしていないらしい。


息子は、火曜と木曜に夕方からサッカー練習がある。
終わって帰宅するのは7時20分。
息子の夕食は、シャワーの後になるから7時半を廻る。
娘と私は、お腹がすいて待てないから、先に食べる。
(と言うか、7時を廻ってたらふく食べるのは太る元だから、気をつけたいのだ。)

で、何が言いたいかというと、つまり、
娘と息子は、夕食の時間が異なる日がある。

私は、どちらかに合わせて食べるが、
でも、例えば昼食に関しては、自分一人のために好きなものを作って、
さっさと一人で12時頃に食べてしまうことも少なくない。

で、何が言いたいかというと、つまり、
いつも家にいても、私は子供達と昼食の時間が異なることがある。


料理が下手で苦手な私。
自信を持って作れるのはミートソースだけだと自慢しておこう。

必要に迫られるからしてはいるが、料理に喜びを見出すこともない。
料理などしないで生きて行けたらどんなに楽かと思う。
こと料理に関しては、要領は悪いし、クリエイティヴなアタマも何もない。

でも、自分の食べたいもの―それを子供は嫌いだったりするが―を作ると、
結構うまく出来る(こともある)。

カレーライスみたいなものは、温め直せば簡単だけれど、
肉を焼こう、スパゲティを茹でよう、なんていうときは、
やっぱり、焼きたて、茹でたて、を食べさせてあげたいと思うものだから、
その都度用意する。

料理好きじゃなくても、
食事の用意をする「回数」だけは、かなり多いんじゃなかろうかと、
要領の悪い私は、来る日も来る日も思っている。


おっと忘れていた、夫の食事もずれることがあるから、
さらに回数は増えるのであった…。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ0円のWEB素材屋さんのランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



コメント

いいママですね!

前の、娘さんの入院時の医療スタッフの対応を読んで、外国暮らしっていうので、こういう面の辛いところもあったのかと、思いました。

ヨーロッパで暮らすには、それなりの覚悟(まあ、ちょっと意地悪されても耐えられるくらいの強さ)が必要なんだと、ちょっと思いました。

日本だったら、「この人は日本語話せないから、何いっても無駄よ」なんて、口には出さないと思います。なんというか、民族性というか国民性の違い?それとも、単なる個人の性格のため?

でも、こういうことも今書ける強さを持っていらっしゃる。

気の弱~い、わたしには、暮らして「いく」こと自体がね、無理だと思いますよ。今回のお子様たちのお食事のお世話を読んで、ほんとに「よいお母さん」されて来られてきたんだな~、と思いました。

子供さんの成長にとっては、お母さんってほんとに大事な存在だから・・・。これまで、「妻として、母として」がんばってこられたんですよね!!

だめな母親なんです

育ち盛りの子供に美味しいものを作ってやれないので、まったくしょうもない母親だと思って毎日ため息ついてますね。ほんと、料理下手な私は、結婚に向かなかったのだなぁととても思います。ましてや、子供を持つということを、どれほど安易に考えていたことか…。
病院やクリニックで嫌な思いをしたことは、過去にそのミュンヘンの小児科病院と、あともう一箇所だけありました。大抵はどこも親切だと思います。ただ、親切だから良い医者、とは限りませんが。
あまり感じやすく傷つきやすい性格だと、外国では暮らしにくいと思います。自分から望んで外国に、という場合なら別でしょうけれど、夫の仕事の関係でくっついて来た、という形だと、どれだけ図太くいられるかで、楽しめるかどうかが全く変わってくると思います。でもこれは、海外生活の期間にもよると思いますね、10年とか言われたら、気が遠くなるでしょうけれども、2年とかだったら、ええい楽しんじゃえ、となる。
私の場合は、初めてのドイツでは全く平気でしたが、二度目のドイツは、なんかこう、簡単じゃありません。

日本で暮らすネコは・・・

コメントありがとうございます。

ん~、お料理苦手とおっしゃってるけど、作る回数が多いというのは、今のわたしにとっては、すごく尊敬できるところなんですよ。

わたしは、作る時間がないと、コンビニのおにぎりを平気で買うひとですから(反省)。

ドイツって、日本のコンビにのようなお店はあんまりなさそうですが、24時間開いているところってありますか?

時間帯ばらばらなのも大変だし、お子さんのために、その都度、暖かいものならそのときに用意される、というのは、料理が上手とか下手というご自身で今思われている主観ではなくて、わたしはやっぱり、家庭のよい料理人でもあると、思うんです。それだけで十分ではありませんか!

外国暮らしに必要な要素・・・図太さ、というのを教えていただいて、ありがとうございます・・・わたしは日本でも感受性が高い(?)のか、グサグサっとくること多いですから、日本でしか生息できないネコです・・・

出来立てを食べさせてはいますが、味がねぇ…(笑)。
コンビニのおにぎり、美味しいですよね。とても恋しいです。
ドイツでは基本的には、平日の夜と、土曜夕方から日曜いっぱいは、飲食店以外の全ての店が閉まる、と思っていると間違いがないと思います。
コンビニ的な店は、大きめなガソリンスタンドの売店など、ちょっとそんな感じでしょうか。私の場合は、ごく近所にあるのは普通のスーパーだけです。
どこに住んでいても、傷つくことはありますよね。私も感受性は高いです。それに、くよくよしてしまうし傷つきやすいと思います。その国独特の、人々の感覚というか、ユーモアとかジョークとかも含めて、そういうのは難しいですね。ドイツ人がごく普通にジョークのように言う言葉を、ガイジンの私は言葉どおりの意味でマジメに受け止め傷ついてしまったり、、、なーんてことも過去にはありました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ