FC2ブログ

もう限界

もう限界だ。
もういやだ。

この頃、つくづくそう思う。

何の限界かって?

それはね・・・・・・夫のニホンゴ。

夫の日本語を聞き続けることに対し、
私にはもう限界が訪れつつあるんじゃないかっていう気がする。

もともと私は、日本語を学ぶ外国人と話す機会があると、
かなりの忍耐をもって話相手になってあげられる。

(ところで、夫はもう、日本語を学ぶことをやめて15年近くになる。)

外国人が日本語を学び話す時に、どうしてもしてしまう文法上の間違いのパターンを、
私はよく知っているし、だから相手の言いたい思いを汲んであげるのも上手い、
と自分では思っている。

言いたいことをどう表現すればいいのか、ということを、
やさしい言葉を使って、なおかつ、相手の気持ちを傷つけずに説明することが、
結構上手い方じゃないかと、私は自分で思っている。

外国語を話そうと頑張るその姿を、スゴイ!エライ!と思うからこそ、
日本語を学ぶ外国人をいつだって私は好ましく思う。

しかーし!

出会って18年もたち、
ところどころに全く上達の無い夫のニホンゴ文法に、
私は心底疲れて倒れそう。

ああ。

彼のニホンゴが楽しくておかしくて嬉しかった時期など、
多分最初の2年だけだった。
それを過ぎて、私は次第にくたびれていった気がする。
でもそれを、認めずに来た気がする。

彼は、私がいつも彼に日本語で話すのを望んできたから、
私は、彼の望み通りにいつも日本語で話してきた。

私にとって、こんな楽ちんなやり方はなかった。
自分の言葉で話せばいいのだ、こんな安易な道が他にあろうか。

私の日本語は、しかしいつしか彼向けの日本語に変わって行った。
熟語などをなるべく使わないように心がけてきたし、
難しげな表現など使わずにやさしい言葉で話すように心がけた。

そしていつしか私には、
「易しい言葉だけで話す日本語」みたいなのが身についてしまった。

全ては、彼のためだったじゃないか。

私は彼が、日本語のどんな言い回しを知っていて、
どんな言い回しを知らないか、かなりわかっているつもり。
だから、彼の理解の及ぶであろう日本語で話してきた。

彼が私に、日本語を話すことを望むならば、
私は彼に、よくわかってもらえるよう丁寧に話し、
100%理解し合いたかった。

ああ、何年にも渡る日常のそんな私の努力など、
自分本位のドイツ人にわかるわけもない。

最近私は、急いでいる時とか感情的になっている時などに、
日本語の中にドイツ語の単語や言い回しをまじえて喋ることが多くなった。

そんな風にごっちゃにして喋るのは、良くないとは思うけれど、
日本語で易しく説明するのも、いまや億劫になってしまった。

そんなわけで今日も、
日本語の中にドイツ語の言い回しをまじえて話したら、
初歩的なドイツ語ミスをしてしまい(ああ私もうっかりした)、
そしたら彼がそれを指摘し、怒るではないか!

指摘するだけならありがたい。
しかし、彼は言った。
もう聞いていられない!

は?

あなたね、それはね、こっちのセリフなんですけども。

18年間、私があなたのニホンゴに耐えてきたことを、
あなたはわかっているんだろうか。

腹が立って、もう文字通り、言葉を失う・・・。(って、ちょっと大げさか。)
でも、もうね、つくづく、やんなったぁーと叫びたい。

自分のニホンゴは凄く上手いと勘違いしている彼のニホンゴ。
発音は絶対上手くならない彼のニホンゴ。
が・の・に・を をいまだに習得できてない彼のニホンゴ。
いや、「が」と「の」はまだいい。
なってないのは「に」と「を」。
これが私をイライラさせるのだ。

私がドイツ語の一格と三格を間違えたくらいで、そんな怒るものかなぁ。
ああ、私は、ほんと突っ伏してしまいそうになる。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ0円のWEB素材屋さんのランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



コメント

お久しぶりです!!

国際結婚、たくさんの苦労がありますね。
私は主人が日本人なので家庭での言葉の苦労はありませんが、最近習い始めたドイツ語に行き詰っています。
「3格」と「4格」の違いがわからないのです。。。
基本的には「~に」は「3格」で「~を」は「4格」とは言うものの、「~に」が「4格」のときだって「~を」が「3格」の時だっていっぱいある!!!
そして考えているうちに「2格」まで混乱してくる始末。
はぁ、ホント情けないです(><)
私はきちんとドイツ人と会話をされ生活しているガーネットさんを本当に尊敬しています。
「バイリンガル」の記事で書かれていた言葉
「言葉というものを意識した生活となる」。
たった半年しかスイスで生活していない私がこんなに言葉について考えさせられるのだから、国際結婚となると
私には計り知れない思いがあるのだろうなと感じました。

ふう。私もこんな大変とは想像もつきませんでした。いっそ今後は、私がドイツ語のみ喋って、
彼に、ブロークンな言語を聞かされ続ける苦悩を思い知らせてやろうかとさえ思う次第です(笑)。
私がうっかり言い間違えたのは、ausser Dir と言うべきところを ausser Du と言っちゃったんですね、それで怒られた。ausserとかwegenとかは三格を取りますよね。
彼はと言えば、「を」となるべきところが「に」になるケースがしょっちゅうで、例えば『私は彼にメール書いた』みたいな言い方が多いんですよ。何年も聞き続けているのでいい加減疲れ果てました。言っても言っても改善しないので諦めの境地ではありますが、これを聞き続けるのがまた苦痛。
前述の私の間違いなんかは、程度としては彼のこの手の間違いと似たようなものじゃないかと思います。

「~に」が「4格」のときだって「~を」が「3格」の時だっていっぱいある!!!
単純に行かないことが多いので、やはりいちいち覚えていくしかないような気がするんですが、この手の動詞の時はどうなるとかいうのって、段々と勘が働いてくると思います。

初めてドイツに住んだ時は、結構前向きに生きてた気がしますが、二度目の今はもうだめですねぇ、後ろ向きです。全くもって尊敬になど値しません。最近などは、ドイツ語では息子に細かいことを指摘されて馬鹿にされてますので、もうドイツ語喋るのも億劫になりつつあります。

初めまして!

初めまして!
私の夫(ドイツ人)も日本語学習に行き詰っているので、すごく共感しながら読ませていただきました。
彼が知っている日本語はごく限られているので、私も話す時は「彼が知っていそうな単語だけを並べて」話すようにしているんです。
でも、やっぱりそれには限界があって疲れている時や仕事をしている時なんかは、イライラしてきて英語で説明してしまったりします。
でもこれでは彼の日本語が上達しないのかな?と思い、日本語で説明したり答えたりすることもあるんですが、相手に「何??もう一回言って」とか「え?わかんない」と言われるのがわかっている時は、面倒なので英語を使ってしまう自分がいます・・・。
私はドイツにいた頃からドイツ語があまり得意ではなく、夫婦の会話はほとんど英語で済ませていました。だからこそ夫に強く「日本語をもっと勉強しろ!」と言えないような引け目があります。
でも、今は日本に住んでいるので夫にはもっと頑張ってほしいなぁといつも期待を込めてプレッシャーをかけ続けている今日この頃です・・・。(笑)

Lalaさん、初めまして!

「夫が外国人で、日本語を話す」ということに対し、
こちら側に、ああそれだからとても助かる、とか、ありがたい、嬉しい、
とか思う気持ちがあるなら、きっとイライラなどしないんでしょうね。
最初は私もそうだったんですが、今じゃ思いませんね、
できればもう日本語話して欲しくないです。
あんまり長いこと彼の日本語を聞き続けているので、ほとほと疲れました…。

こんばんは^^

先日は、とても役に立つサンドイッチ情報を、ありがとうございました!
ガーネットさん…というお名前は初めて耳にしましたが、このブログには何度かお邪魔していました^^。
特に“大げさなドイツ人”という記事に、「そうそう」と首をかしげながら読ませて頂きました。

国際結婚…色々大変だとお察しします。
「せめてもう少しご飯が美味しければ…」といつも思ってしまいます。息抜きできる所があまり無いのが、ドイツ生活で一番辛いですよね><。

日本語…話す姿勢があるのは、とても素敵だと思われます。私の彼(独)とは、「いつまで経ってもやる気を起こさない」という内容で喧嘩ばかりで、もうレベルが違いますね^^;「明日からやるよ!」と言って、何もせずに月日ばかりが経ち…

また来ます!v-367

ブログ訪問ありがとうございます。
外国でもちゃんと日本人らしい食事を作っている皆さんのブログの、
美味しそうな写真にいつも感心しています。
そうそう、あのパンですが、イタリア・フェアという風には見えなかったんですよ、
他のパンと並んでパンコーナーに有って「NEU」とサイン付きでしたので、
これからずっとあるものかと思ったんですが…無いんですよねこの頃…。

思わず・・・

こんにちは、思わず笑ってしまいました。

はじめまして。シュワーベンの主人と結婚して30年のヨゼフィーネと申します。(カトリック信者なのでヨゼフィーネは洗礼名です。)

南ドイツのバーデンヴルテンベルクに暮らしはじめて早20年経ちます。

主人と東京で出会った時から私たちは日本語で会話しているので、今でも家での会話は日本語のみです。
ふたりの子供たち(28と23)もわたしを見ると自然に日本語になります。

うちの主人、もう半世紀日本語を話しているけど、わたしもガーネットさんと同じく、「簡単な表現」しか使わないので、ほとんど彼の日本語の進歩はありません。

でも、おかげで楽しいですよ。
時々、何をいわんとしているのか、しばし考えなければなりません。それが面白くて。

「あ、雨ならんだ」→「あ、雨がやんだ」
「今日はハンスで行く」→「今日は半袖で行く」
「なみ、出たよ」→「涙が出た」(「なみだ」の「だ」を「そうだ」の「だ」だと思っているらしい)

まだまだありますけどね、今は思いつかないです。

で、時々女言葉になります。
犬に向かって「お散歩、いこ」とか言ってますよ。

私はもう20年も住んでいますが、ドイツ語をきちんと話すことはできません。(本を読むことはできるんですけど、しゃべると文法メチャメチャ)

こちらに来た最初の頃はドイツのすべてに拒否反応を起こしていましたから、ドイツ語など学ぶつもりになれませんでした。

でも、この頃やっと、ドイツ語の文法を学ばなければな、と思いつつあります。

ちょっと遅い感はありますが、始めないよりはいいかな、と思って。

初めてなのに、長いコメントになってしまいましたね。
すみません。

NoTitle

ヨゼフィーネさん、こんにちは。初めまして。

私からすればもう、ドイツ在住20年というのも、ご結婚されて30年というのも共にすごい……と思うわけなんですが、でも一番感心するのは、ヨゼフィーネさんが今もご主人の日本語を「面白い」と思えるところです。私などは主人と出会って早くも3年目には、彼の日本語を微笑ましく思えなくなってしまいました。

やはり基本のところに愛が無いと、面白いと思える余裕は生まれませんね。私もあと10年頑張ったらそんな境地が再来するんでしょうか。謎です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

ヨゼフィーネさん、過去のお話をどうもありがとうございました。とても興味深いし参考になります。私も、形こそ異なりますが、息子をよろしくお願いしますと毎日お願いしてます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ