FC2ブログ

それはボクが使った本じゃない

ドイツの学校では、5年生から上は、ほぼ全ての授業で先生が異なる。
クラス担任が、異なる科目を三つも四つも教えたりはしない。
教えるのは1科目、多くてもせいぜい2科目だろう。
これがドイツでは普通のやり方だと思う。

そして、息子(6年生)の通う学校では、
授業ごとに、生徒達が教室を移動するシステムを採っている。
教科担任が自分達の教室にやって来るのではなく、
生徒達のほうが先生の教室に向かう。
ドイツ語の授業ならドイツ語の教室へ、
英語の授業なら英語の教室へ・・・と、全ての授業で移動する。

これほどの教室移動は、
新入生(5年生)の時にはみんなすぐには慣れないから、
新年度のごく最初の1、2週間は、誰もが結構ばたばたするらしい。

ところで、ドイツ語・英語・数学に関しては、
それぞれの教室の書庫に、学校所有の教科書が生徒の分だけ揃っている。

その三科目は、生徒達は自分の教科書を持って来なくても良くて、
自由に学校所有の教科書を使っていい。

生徒達のランドセルを、少しでも軽くしてあげようとする、学校側の配慮だ。
また、こうすることで、生徒達に配布している持ち回りの教科書の
傷みを多少は避けられる。

学校所有の教科書は、
当然のことながら、その授業が終わったらちゃんと書庫に戻して、
そして教室を出なければいけない。

しかし、生徒がうっかり家に持って帰ってしまうことも、無いわけではない。
うちの息子は、この学校に通うようになって2年目だが、
これまでに2回くらいは持って帰ってきてしまったことがある。

さて、息子のクラスの数学担任は、ある日生徒達にこう言ったらしい。

「学校の教科書は、ちゃんと書庫に戻すように。
 間違って家に持って帰った子は、次の授業の時に、
 みんなにグミベア(ドイツの普通のお菓子)を持ってこなくてはいけません。」

(みんな気をつけてちゃんと本を返しなさいよ、という先生の気持ちなんだろう。)

私は、このことを、昨日初めて息子から聞いた。
事の顛末はこうだ。

昨日は、息子を迎えに学校へ行った。
息子を連れて行かなければ済ませられない用事があった。

いつものように、学校の駐車場で待っていると、息子が来るのが見えた。
硬い表情をしている。

子供の顔を見て、ああ今日はいい日じゃなかったのかな、と思った。
車に乗り込むなり、息子は爆発した。
運転席の後ろにいつも座る彼が、
私の座る運転席の背もたれを、足で思い切り蹴った。

一体全体どうしたのよと振り返ったら、彼の目に涙が浮かんだ。
とりあえず駐車場を出て車を走らせ、息子が話すのを聞く。

今日の5時間目、数学の時間に、
学校の教科書を使ったけど、でもちゃんと返した。

6時間目はITの授業で、いつもパソコンのある教室に行くんだけど、
教室が狭くてパソコンが足りないからと言って先生が、
7人くらいの子供達を、別の教室(やはりパソコン設置)に移動させた。
自分は、その中に入っていた。

ランドセルは、IT教室においたまま、別の教室に行った。
授業が終わって、ランドセルを取りにIT教室に戻ったら、
自分のランドセルの上に、数学の本がおいたあった。
学校の本だった。

ダニエルとシュテファンが自分に言った。
あ、学校の本なのに、返さなかったんだな!
次の時にはグミベア持って来いよ、
だって先生がそう言ったんだからな!

息子は言い返した。
これは自分が使ったものじゃない!
自分の使った本はちゃんと返した。
なんでこの本はここにあるんだ?

息子の話を聞く限り、それを信じる限り、その本を息子は使っていない。
どうせダニエルだか誰だかが、返し忘れてこっそり息子に押し付けたんだろう。

しかし、見ていた他の子達も、
その本が息子のランドセルの上にあったから、
息子が返さなかったのだと思った。

なんで自分がこんな目に遭わなきゃならないんだ、と息子が悔し涙をこぼす。
ほんとのことを言ったって、誰も信じてくれない。
クラスの30人対自分一人だ。誰が信じてくれる?
なんで自分がこんな目に・・・?

私は、学校での息子を見たことが無いから、なんとも言えない部分がある。

こういう時の息子は、しかし私がこう言うのを待っている。
それはあなたが悪いんじゃなくて、
ママが日本人だから、
だからあなたの面立ちもドイツ人と違っていて、
仲間はずれにされたり、いじめらたりするんでしょう、
みんなママのせいなのよ。
ごめんね。

でも私は、そう言わない。
実際にそうなのかもしれないが、そう言わない。

息子はひたすら、自分のせいじゃない、と思いたいのだ。
自分のせいでなければ、では、誰のせいだ。
自分を産んだママのせいだ。
人のせいにでもしなければ、息子は気持ちを立て直せない。

例えば息子が今、9年生とか10年生(14、15歳)だったら、
もっともっと主張して、ダニエルに本をチカラづくで押し返すことが出来たかもしれない。
しかしもともと気の弱いところのある子だ、それが出来ずに、
ダニエル達は先に部屋を出て、息子はその本をランドセルにしまった。
その本をそこに放り出すわけにもいかない。

こういう話を聞いて、こちらも憤る。
なんて卑怯な奴らだろう。

こういうことをする人間は(子供も大人も関係ない)、
された相手がどれ程嫌な思いをするか傷つくか、しかしさっぱりわかっていない。
それくらい人間として阿呆者だ。

私は、息子に言った。

先生に話すべきだ。
こういう目に遭うことが自分にはある、ってことを先生に知らせるべきだ。
先生にあなたと話す時間が無いのなら、
あるいは、あなたが先生と話す勇気が出ないのなら、
クラス担任と数学の先生に手紙を書いて渡したらどうか。
本当のことを書いて、明日渡したらどうだろう。
もちろん親としてそこに署名はする。
しかし手紙は、下手でも良いから自分で言葉で書くのがいい。

先生は信じてくれると思うが、甘いだろうか。

でも息子は、結局悩んだだけで昨夜は何もしなかった。
用事のために帰宅時間が遅れたのと、宿題が多かったのとで、
分数のややこしい計算をやっと終えた頃には、彼の頭は疲れてしまった。
先生に手紙を書く余力が、無くなってしまった。

夜になって、ママだったらどうする?と聞かれてこう答えた。

明日、絶対明日(こういうことは早いほうがいい!)、
朝いちで教員室に行って
(だって授業開始の20分前には学校に着いているのだから時間はある)、
数学の先生に話す。
本もその時先生に返せれば返す。
先生がいなければクラス担任に話す。
ダニエルとシュテファンの名前も出す。

自分の使った本は確かに返した。
昨日は仕方なくこの本を家に持って帰ったが、
これは自分の使った本じゃない。
自分の使った本じゃないのだから、
私はグミベアなんか持って来ません!

私ならはっきりとそう言う、と息子に言った。
6年生だった自分を思い出せば、できる気が充分にした。

しかし、私は女の子だったのだから、
同じ年の男の子よりも絶対にオトナだったはずだ。
それに、日本の6年生は、最上級生だ。
人生において私は、あんなに自分が大人びた気分を味わったことは、
あの1年間をおいては他に無いかも、と思うくらい、
それくらいオトナになった気持ちがしたものだ。

気の小さい息子に出来るだろうか、出来て欲しい、と期待はするが、
教員室など入りにくい、と思ってしまう息子の気持ちもよくわかる。

学校所有のその数学の教科書は、今息子の部屋の机の上だ。
今日持って行かなかった。
今日と明日は、数学の授業が無い。
基本的には、数学の先生に会うことも無い。

息子は、今日どうしてるだろう。





ところで、子供というのは、
自分で自分を癒やす力が物凄いと思って、
私はいつも感心する。

憤りの気持ちがある程度落ち着けば、
子供はまた何かふざけたことも出来るようになって、笑顔も出る。
見た目には、まるで何もなかったかのように見える。

傷ついても、傷ついても、
自分を癒やして立ち直る。

子供ってすごい。
子供ってえらい。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ0円のWEB素材屋さんのランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ