FC2ブログ

「子犬あげるよ」

息子は、毎日バスで通学している。
それは、スクールバスではなくて、普通の路線バス。

でも、利用するのは学校の生徒達だけ、といっても言いような、
学校のためだけに運行しているようなバスで、
だから学校のある平日にしか運行されない。
とまあ、それはどうでも良いのだが。

さて、昨夜のこと、
今日バスの運転手さんがねぇ、と言って息子が私に話し始めた。


今日、帰りのバスで運転手さんが、
バスに乗り込む子供みんなにこう言ったの。

なあ、誰か、子犬ほしくない?

おじさんの所で子犬が産まれてさぁ、もらってくれる人をさがしているんだよ。

ゴールデンレトリバーでさ、5匹いるんだけども、誰かもらってくれないかなあ。

もらってくれる人には、グラティス(=おまけ)にもう一匹あげちゃうよ!



息子は昨日、バスの一番前の座席に座ったそうで、
そしたら、運転手さんが彼に子犬達の写真を見せてくれたそうだ。

あんまりかわいくて、もちろん息子は欲しくなってしまった。

ねえ、飼っちゃだめ?

・・・・・。そりゃだめでしょう。
ママは犬が苦手だし怖いし。
それに、そんな大きくなる犬・・・。

世話は何でも自分でするから!
散歩も行くから!

ほらまた始まった・・・。


モルモットがほしいと息子が言い出した2年前、
四六時中の1ヵ月に及ぶ「飼って!飼って!飼って!」攻撃に、
私はついに音を上げた。

ああ。
先が思いやられる。
ふぅぅ・・・・・。

しかし今朝、息子はそのことについて何も言いださなかった。
少しは聞き分けも出来るようになって、私の気持ちがわかったんだろうか。

親として、そりゃあもちろん、
子供の願いはかなえてやりたいと、単純にそう思ってしまう気持ちというのが、
私の心の中にはある。

あるにはあるが、しかし・・・。

そして私は、一応、とりあえず、ちょっと参考のために、
ゴールデンレトリバーの子犬の写真を、
インターネットで探して見てみるのであった。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ0円のWEB素材屋さんのランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



コメント

ガーネットさんこんにちは。ゴールデンレトリバーいいじゃないですか!って私が世話するわけではないので軽率な発言はできませんが。ガーネットさんのお家が犬を飼える環境にあるなら、息子さんだけでなくガーネットさんにとってもいいかもしれませんよ。犬が嫌いだと難しいかもしれませんが。最近の記事をよんでいると旦那さん、お子さん達、更年期、といろいろ悩みがつきないようですが、犬ってほんと気分を和らげてくれると思いますよ。散歩にいったりも誰かとは嫌だけど、一人も嫌だしなんてときに犬がいてくれると結構心強いんじゃないかなあ。私はドイツでは集合住宅<3世帯と>で旦那が犬嫌いなため飼うことは出来ませんが、日本に居たときは子供時代犬を飼っていたので今でもできることなら飼いたいくらいです。娘達も飼いたいようですが、なかなかどうして今の状況では難しいです。モルモットとはちょっと違った充実感が犬にはあるんじゃないかなあと。<モルモットを飼っている方々すみません>

さっきペットショップのサイトを一つ見て、ゴールデンレトリバーの子犬のそのお値段に驚きました。買えば十何万円もする動物なんですね。
モルモットとは違う充実感…(笑)
(最初私は、まるで大きなネズミみたいで気味悪くて、さわれなかったんですよ。じきに平気になりましたが。)
やらされている世話ですので、充実感は皆無!(笑)
ただ、モルモットのズムちゃんの場合、私しか餌をあげる人がいないので、私の顔を見ればもう、ウニュウニュピーピー声を出しておねだりをします。そういう点では、気持ちが通い合ってる(?)気がしないでもありませんが、そこへいくとうさぎのラッキーは無口で(うさぎというのはほんとに静かな動物です)、聞こえてくるのは鼻息だけ。人間嫌いのラッキーなので、心が通い合うような感じというのは全くありません。
猫や犬はそういうところで全く違いますよね。(ちなみに私は基本的には猫派なんです。)
運転手さんが子供達に子犬いらないかと聞いた話は、話自体はいい話だなあと思ったので、出張中の主人にメールに書いて送ったら、彼も子供時代に犬を飼いたくて、でも、母親に反対されてだめだったというクチなので、ちょっと、飼いたい、かなーというような気持ちが芽生えたらしい返事をよこしました。
犬を飼う、と想像すると、うーん、どうなんでしょうねえ、子供にはよいことなのかな、
私には、どうなんだろぅ…。
考えてみます。

モルモットのズムちゃん。この名前に反応せずにはいられませんでした。どなたがつけたのですか?どういう由来でズムちゃんになったのか気になります。かわいい。
うちの娘<5歳>のファンタジーの世界の友達ナギの飼っているネコがコチャコチャという名前ですがズムちゃんはコチャコチャに通ずるものがあるような。笑。旦那さんの犬への反応もなかなか良さそうですね。ってなにげにガーネット家の犬飼い話、押している私です。

コチャコチャ、かわいいですねー。
ズムちゃんは、本名をSummelchenズンメルヒェンといいます。
息子が名付けました。
ドイツ人の耳には、なんということも無い普通にかわいい名前のようですよ。
そしていつしか私が、短くしてズムちゃんと呼んでみたり、
あと、ズムズムとかって呼んでみたりするようになりました。
今二歳半くらいかな。

息子の頭の中は、犬、犬、犬で一杯になってしまったようです。
飼って飼って攻撃が始まりつつあり、今となっては、運転手さんががウラメシイです(笑)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ