FC2ブログ

現実的な意見

(息子の、「犬を飼いたい!」のテーマでまだ続いています。)
(文中、息子の名前は「パトリック」にしてあります。)


誰しも子供の頃には、犬や猫を飼いたいと思ったことがあると思う。

夫もやはり犬がほしかったそうだ。
しかし母親が反対したからできなかった。
(昔の子供は、親の言うことを聞き、諦めたものだ。)

そして、飼ってもらえなかったということが、
何十年もたった今思い出しても、残念なんだそうだ。


さて、私はなかば、投げやりに考えた。

いっそ、夫と息子が犬を飼う、っていうのはどうだろう。
そして私は、猫を飼うのだ。

ちなみに、動物好きな義弟夫婦の家には、
猫が二匹と大型犬一頭がいる。
去年までは猫がもう一匹いた。

子犬と子猫を同時にもらって来ちゃえば、いいじゃないか。

私は、猫をものすごく飼いたい、とは思わないけれども、
飼ってもいいと思う動物として挙げるなら、猫しか思いつかない。

猫は、犬みたいにベロ出してないし、尻尾ふらないし。
つんとすましている様子がいいし、きりっと閉じてる口元もいい。

そりゃあ私だって、猫に関して多少のことは知っている。
例えば、猫が時にはベロの先をちょこっと出したまんまで口を閉じてしまって、
それでベロの先がいつしか乾いてしまって、
それを口の中に引っ込める時に、
猫が、ちぃ、しまったぁ、という顔をすることを。
そう、生きとし生けるもの、気品だけでは生きていけないのだ。

さて。

これまでウサギとモルモットの世話を何年もしてきたご褒美に、私は猫を・・・。
犬は、夫と息子に任せればよい。

なーんていうことを、息子につられて安易に考え始めた私は、
しかしここで娘の意見に一蹴される。

犬を飼ったら娘だって喜ぶだろうと思いきや、
娘は真っ向から反対意見を述べた。

反対だね!

ママ、あのさ、考えてもみてよ、
犬がさ、例えば雨の日とか、雪の日とか、
散歩から帰ってくるじゃん、
それで、その足で家に入って来るわけじゃん、

ママさあ、ほんと大変だと思うよ、
あああっ床が汚れるぅっ!とか言っちゃってさ、
大騒ぎするよきっと。

いや、床が汚れて怒るのは、
ママよりパパのほうがすごいと思うな、
普段から、パパってさ、
うるさいじゃん、そういうことに。


うーむ、確かに。

本当にそうだ。
夫は、床に対しては少々神経質に過ぎるきらいがある。

ああ、娘の、なんと現実的なゴ意見であろう。

散歩の後にはちゃんと足をきれいにしてから家に入って来いだの、
天然木の床を汚さぬよう、傷つけないよう留意するように、だの、
動物に対しリクエストはできないのだ。

娘は続ける。

それに、猫飼うんでも、
猫がどこで爪研ぐかわかったものじゃないじゃん。

森からネズミ取ってきてさ(我が家は裏手が森)、
どこかにコレクションしたら、それ見つけてママなんか倒れちゃうよ!

もうね、私はね、これ以上家の中がぎゃーぎゃーうるさくなるの、やなの!
ただでさえ普段からパトリックがやかましいのに。

私はね、静かな生活を送りたいの!
床が汚れただの、犬猫の毛が抜けてすごいだの大変だのって、
毎日毎日うるさいの、ほんとにやなのっっ!!

猫とか犬とかいたら、いいだろうなーって単純に思うよ。
思うけど、でも、そのことで、なんだかんだと
パパとママの小言が増えるのは、耐えられないっ!

私は、だから反対!



ふっ。

この家族の中で一番オトナなのは、
もしかして15歳の娘なのかもしれない。

息子は、「クリスマス・プレゼントのリストに「犬」って書いてお願いする」と言っている。
こちらの子供達は、自分の欲しいものをリストに書いて、
キリスト様のお手伝い天使達にお願いすることになっている。
でもそれが、かなうか、かなわないかは、また別な話である。

どうなるんであろうか、我が家のペット問題。
犬を、飼うか、飼わないか。
そして、猫は・・・。

ああ、自分でも、わからない。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ0円のWEB素材屋さんのランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ