FC2ブログ

根に持つ性格

先週は、3日間ほど首が痛くて回らなかった。
寒い季節のどこかで、一、二度、3日間か4日間私はそんな風になる。

首が回らないから、見たい方向へは上半身ごと向く。
車を運転する時は、だから少々厄介である。
ミラーだけを頼りに運転すると、なかなかスリルがあってよろしくない。

こんな風になったのは、スキー場での事故が原因だ。
もう17年も前の話。

場所は、福島県の羽鳥湖スキー場。
当時恋人だった夫と、彼の友達(ドイツ人)との3人で、とある週末に出かけた。
(当時私達は東京に住んでいた。)

スキー場は、がらがらに空いていた。
斜面は、がちんがちんに凍っていた。

その時、私たち3人は、別に滑走面のど真ん中につっ立っていたのではなかった。
私は、自分よりも10m程下にいる夫と友人と何か喋っていたんだろうか。
とにかく私は、上の方を見上げてはいなかった。

夫と友人は、私を見上げる形だったから、つまり上のほうを見ていたわけだが、
そのスキーヤーが猛スピードで向かう先がまさか私だとは思わなかったわけだ。

突然私は激突され、足元をすくわれて吹っ飛んだ。
落ちて頭を強くアイスバーンにぶつけた。

一瞬ではあったが、頭の中が文字通り真っ白になった。
何が起こったのかと体を起こすと、
私にぶつかったスキーヤーが、7~8m下でやっと停止していた。

まだ未成年に見えたその男の子に、文句の一つも言ってやろうと思ったが、
何やってんのよ!と言おうとしたら、ろれつが回らなかった。
目に映る景色は、アニメみたいにぐにゃりと歪んだ。

こんな空いたスキー場で、わざわざ誰かにぶつかるとは…。
自分で軌道修正も出来ないほどのスピードを出すとは…。
ああもう、なんて馬鹿なの!

じきにろれつが回るようになったので、文句を言った。
彼は、すいませんでしたとか言って、立ち上がって滑り降りた。

私はしばらく凍った斜面で動けなかったが、
そのうち立ち上がって何とか下まで降りた。

そのあとは、もうスキーどころじゃなかった。
頭は鈍く痛み、首も肩も変だったから、私は一人でレストランに残った。
夫と友人はしばらく滑り、早めに帰宅の途についた。

心配だったから、週明け早々勤務先から遠くない大学病院に検査に行った。
スキャナーの結果では、異常は無かった。

やっぱりあいつの名前と住所を控えておくべきだった。
あいつのせいで病院に行った、ということをせめて伝えてやりたかった。

それから毎年、冬が来る度に、首が痛くて回らなくなる日がやって来た。
ははーん、あれが原因だな、と私は思った。

17年がたっても、消えることが無い。
そいつを見つけ出すことは不可能だけれど、見つけておしえてやりたい。
私はあなたのせいでこうなったのだと。
ただ伝えて、彼にわかっていてほしいのだ。

1年365日の、ほんの数日のことではあるが、
首が痛むたびにあの出来事を思い出す。

ところで、彼はあの時、どこか痛くした箇所がなかったんだろうか。
私みたいな、こんな後遺症は出ないんだろうか。
私のように、あの事故を思い出すことは、彼には無いんだろうか。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ0円のWEB素材屋さんのランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ