FC2ブログ

歳末助けあい募金

クリスマスの前の「アドベントAdvent」という期間が、
次の日曜日から始まる。

アドベント期間の最初の日曜日を「第一アドベント」といい、
今年のそれは11月30日。
クリスマス直前の「第四アドベント」は、今年は12月21日。

お、今年はアドベントが3週間ちょっとしかない。

アドベントが長ければ長いほど、
人々のクリスマスに向けて高まる気分も長くなるわけで、
それだけ物がよく売れて、景気もちょっとは回復するというものだ。

この週末からは、あっちでもこっちでも大小様々なクリスマス市が始まる。
クリスマス市が本格的に始まるこの時期、
今年も残り少なくなってきたと感じるこの時期、
例の如くやって来るのは、募金運動。

別に運動がやって来るわけじゃないけれども、
募金活動をしている人が玄関先までやって来るので、
断りにくくていつも募金する。

ウブだった頃は、何も聞かずにただ払った。
最近じゃ、え?何の募金ですか?と聞けるほどに成長したサ。

そういう活動をしている人は、ちゃんと名前も名乗るし、
こちらが聞きさえすれば、住所だって言うはずだ。
同じ通りに住んでいる人がちょこっと来る場合が多いみたいだ。

「私はどこそこのなになにという者ですが、
 こういう募金をお願いしております。ご協力願えませんか?」
と言って、その人は、パンフレットと募金者リストをこちらに見せる。

ふんふんとパンフレットを眺め、
募金する場合は、そのリストに名前と住所と募金額を記入する。
もちろん匿名希望も出来る。

一体何の募金なのか、
実はパンフレットを見てもわからないこともある。
何の募金ですかと聞いてみても、
パンフレットのタイトルそのまんまをその人が答えると、
「答え」を聞いているのに結局何の募金かわからなかったりする。

堂々と質問は出来るが、答えを聞いても理解できない。
こんなことも、ガイジンの切なさだったりする。
いや、言葉を変えよう。
「そこの国の言語を一生懸命学ばずに住んでいるガイジン」の悲哀、
とでもいうべきか。ふっ。

募金リストに書かれてある金額を見ると、5ユーロが最も多い。
3ユーロという人もいるし、10ユーロという人もいる。
平均的な5ユーロを、大抵の場合私は払う。

病気の方々のために、
障害のある方々のために、
親を失くした子供達のために、
そして、可哀想な動物達のために、
私は募金をする。

他愛の無いお喋りを少しだけ交わしてその人は去って行き、
そして数日後には、別な募金の人が来たりする。
年末が近づくと、どこの国でも歳末助け合い運動が盛んになるのだ。

相手が子供数人のこともある。
顔見知りの子だったりすると、
え?またなの?なんて言える度胸も昨今は身に付いた。
相手はきょとんとするが、私にとっては「また」なんだから仕方ない。

そんなこんなで、また5ユーロが飛んでいく。

願うのは、本当に無駄の無い使い方をして、
その募金を生かしてほしいということだ。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ0円のWEB素材屋さんのランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ