FC2ブログ

ニコラウスの日の切ない思い出

12月6日は「ニコラウスの日」といって、
その日は、ニコラウスおじいさんが小学校にやって来る。
あるいは、自宅のニコラウスパーティに登場してくれるような
親切な出張ニコラウスさんもいたりする。

ニコラウスは、子供達にちょっとしたお説教をして、
そしてちょっとしたプレゼントをくれる。
ニコラウスは、サンタクロースの類とは全く異なる。

注:こちらバイエルンでは、ニコラウスの日はそんな感じかと思いますが、
  州によって多少は異なるかもしれません。

この辺でもちょっと大きな町になると、
6日の日には町の広場で夜の早い時間などに、
ニコラウス・パレードがあったりする。

そういう所では、ニコラウスは天使達に囲まれ華々しく馬車で登場し、
馬車の周りはなまはげ的な従者達が固めてねり歩くので、
小さな子供達は、それを見るとちょっと怖かったりもする。

さて、個人の家でニコラウスの日にホームパーティをすることも多い。
私たちが初めてドイツに住んだ13、4年前くらいには、
子供達が小さかったので、ニコラウスの日にはパーティを開いた。
毎年3家族で一緒にやった。
場所は順番に、我が家であったり、友人宅であったりした。

大体どこの町にも、出張ニコラウスを引き受ける人がいて、
私たちもその日はニコラウスをお願いしていた。

ニコラウスというのは、例えばこんな感じ。
Nikolausfeier
(写真はインターネットから拝借しました。どこかの幼稚園です。)

ニコラウスは、招かれている家に着くと、
まずは適当な挨拶をし、そして手にした本をうやうやしく開くと、
子供達一人一人順番にちょっとしたお説教を始める。

(場所が小学校や幼稚園の場合は、子供が多すぎるので、
 子供達皆に向けてニコラウスが適当なお話をします。)

お説教の内容は、
子供に伝えたいことを親が紙に書き事前にニコラウスに渡しておく。
ニコラウスはその紙を元に、落ち着き払って実に上手くお説教を始める。

何も知らない小さな子供にしてみれば、
突然現れたニコラウスがなぜ自分に見合ったお説教を始めるのか、
とても不思議なわけだ。
親の口から聞けば反発したい事柄でも、
ニコラウスに諭されると、うんわかった、と素直にうなづいてしまうものらしい。

お説教が終ると、子供達は、歌を歌うとか詩を朗読するとか、
そんなパフォーマンスをニコラウスに披露したりもする。

ニコラウスは優しいから、子供達にプレゼントを渡し去っていく。
そのプレゼントというのは、親が子供のために事前に用意しておいたもので、
それをニコラウスから子供に手渡ししてもらうという形だ。

プレゼントはこんな感じの袋に入れるのが一般的。
nikolaussack

ニコラウスが去ると子供達はちょっとほっとして、そしてプレゼントの中味を覗く。
みんな一緒の食事が始まる。

ニコラウスの日の夕方から夜にかけて、
小さな子のいる家庭ではそんな風に過ごす場合が多い。

そうそう、ニコラウスの日の切ない思い出を書こうと思ったのだった。
時は5年前に遡る。

夏にドイツに移ったあの年の12月6日、
昔ニコラウスパーティをやった友人達に誘われて、
6年ぶりに三家族一緒にやることになった。

でも、これで最後にしようという話だった。
子供たちも大きくなったし、もうこれでやめにしようということで、
三家族の親達の意見が一致した。

友人宅でやってくれるという最後のパーティに、夕方私たちは出かけた。
子供達へのお説教もプレゼントも、ちゃんと用意しておいた。

ところで、ニコラウスの日に子供達がもらうプレゼントというのは、
それほど大したものでなく、至って素朴なものである、と私は思っていた。
それは、それまでニコラウスの日を見てきた経験からそう思った。

プレゼントの袋に必ずと言っていいくらい入れるものとしては、
クルミとか、落花生とか、みかんとか、りんごとか、
そしてチョコレートやグミのようなお菓子類。
あとは、何かちょっとだけ
子供の喜ぶ小さなプレゼントを入れればそれでいい。
そんな風に私はとらえていた。

だからあの時も、さほどお金をかけたプレゼントではなかった。
ニコラウスの日は、クリスマスではないのだ。

さて、ニコラウスの去った後、子供達がプレゼントを開け始めた。
うちの子供達だけ早々と中味を全部見終って、
そして他の子が次から次へとプレゼントの包みを開けるのをじっと眺めていた。

そこで初めて私は悟った。
ああ、ある程度大きくなってきた子供達に、
6年ぶりのドイツで私の用意したプレゼントなど、
あまりにささやか過ぎたのだ。

友人達が用意したプレゼントは、もっとお金のかかった物だった。
それも一個だけじゃない。三個くらいはあったようだった。
プレゼントは、袋に入らなくても別に問題ないのだった。
(私は、袋に入るサイズのものだけをと、いつしか思い込んでいた。)

私は、自分が恥ずかしくなって、子供達が哀れに思えた。
ものを知らずに上手く準備のできなかったガイジンゆえに、
子供達に寂しい思いをさせた気になり、私はすっかり切なくなった。

私のあげたちっぽけなプレゼントを抱きしめ、
他の子が次のプレゼントを開けるのに忙しいのをじっと眺めている娘の背中を見て、
涙すらこぼれそうになった。
気を取り直すなど、容易く出来なかった。

どの程度のプレゼントを用意するものなのか、
何個くらい用意するのか、全部でいくら位使うのか、
参考までに事前に友人に聞いておくんだったと、かなり後悔した。

5年前のニコラウスの日。
あれを最後に、私達はもうニコラウスパーティをすることはない。

やだな、ニコラウスの日が来ると、
嫌でもあの日を思い出し、今でもちょっと辛くなってしまう私だ。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ0円のWEB素材屋さんのランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



コメント

写真に写っているのが先生でしょうか。クリスマス気分いっぱいの外国だなぁ、という感じですね。

海外でのお母さん業も、いろいろな行事に出くわすので、ほんとに異文化体験が多そうですよね。

でも、何組かの家族を招いて、自宅でもパーティーもあれば、準備とか、もてなしとか、大変そう。

イヤァ~、やっぱり、主婦って、大変だわと思います。

う~ん考えさせられました。

通りがかかりのものです。
たまたま今年はドイツに住んでいて、ニコラウスの日を調べてこちらにお邪魔しました。5年前のところ読んでいてハッとさせられました。同感です。
 パーティーなど読んでいただいても、何を、いくらぐらいでなどという常識的なことを、相当フランクに聞ける人がいないとなかなか行きにくいですね。
 今年も、良い子がお菓子をもらえますように!

これはせつない!

こと子供のことになると、そうですよね。ああ、せつない。地域が違うだけでも大きな変化があるのに、国が違うんですもんね。
おいらの叔母は、転勤族の夫に嫁いで、各地でえらい苦労してましたが、子供が方言でいじめられるのが一番つらかったみたい。母親って、ほんとありがたい。

コメントありがとうございました

この写真はネットで適当に選んで掲載したのですが、場所が幼稚園と書かれてあったので、ニコラウスに扮したのはそこの幼稚園の先生だったのかも知れません。これだけヒゲなどつけると、たとえ中味が女性だとしてもかなり化けられます。低めな声でお説教をすれば、ちっちゃな子には正体がばれないんでしょうね。

過去に「ニコラウスの日」を色んな場所で何度と無く見てきて、だから自分ではその意味合いをちゃんとわかっていたつもりだっただけに、あの日の経験はつらかったですね。パーティの場だというのに、場もわきまえず涙が浮かんでしまいました。泣かなかったうちの子供のほうが私よりもずっとエラかったです。(あの日の子供の人数は、うちの2人を含めて全部で6人でした。)

ドイツ人の夫のせいにするわけでもないのですが、彼の言い分では、「ニコラウスの日のプレゼントというのはさほどお金をかけるものではない」ということだったので、私はなるべくそうするように毎年心がけていました。でも、他の母親(友人)達といつしかかなりずれてしまっていたわけですね、子供の成長もあったし、6年ぶりのドイツでもあったし。
事前に友人達に聞こうと思えば難なく聞けた間柄なのに、それを聞かずにいたのはやっぱり夫の言葉を鵜呑みにしていたからだったかなと。外国で外人であるがゆえに子供に惨めな思いをさせてしまうのは、親として一番つらいことかもしれません。
実は似たような経験が私にはあと二つあります。ファッシング(謝肉祭、2月)の時と、9月の入学式の時。またその頃に思い出して書きますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ