FC2ブログ

どの木にするかな

バイエルンではクリスマスツリーを、、、

てな言い方をすると、意外と語弊があるかもしれない。
バイエルンと一口に言っても広いのだから、
別な地方では別なやり方があるかもしれない。

だから、私の知る限りでは、という言い方をしよう。
先日の「ニコラウスの日」のことだって、
私にとっては、へ?と思うような記事を、いくつかのブログで見かけたし。

ドイツの中でも、バイエルン州は特に宗教色が強いから、
クリスマスに掛ける意気込みだってすごい。

さて、一般家庭において、
きれいに飾られたクリスマスツリーが一体いつお目見えするかと言うと、
私の知る限りでは、、、、24日の夜。

12月24日の夕方に、人々は教会のクリスマス礼拝に出向く。
礼拝は1時間から1時間半くらいかかるだろうか。
寒い教会の中で大人も子供もじぃっと耐える。
賛美歌など、私はほとんど知らないから、一緒に歌えない。
それでもじっと聞き入って、時にはじぃんとしたりもする。
退屈だし寒いしと、サボった年も私にはある。

人々が教会の礼拝から家に戻ると、
美しいクリスマスツリーが、通常はリビングルームに、突如として置かれている。
親は子供のために、そういう風にうまく演出をする。

お待ちかねのプレゼントはいつかって言うと、、、それはまた別の機会に書こう。

ところで、今ここに書きたかったのは、
そういうことよりも、クリスマスツリーの選び方買い方だった。

私は、この4年ほど、たった一人でクリスマスツリーにする木を選んで買っている。
夫は、時間が無い、めんどくさい、と言うし、まさか子供を連れてはいけない。

子供を連れて行けない理由はこうだ。
クリスマスツリーというのは、
キリスト様のお手伝い天使達、と私が勝手に解釈をしているところの、
クリストキント(キリストの子、とでも言えばいいんだろうか)が、
高いお空から届けてくれることになっているからだ。
クリストキントの姿を見ることは誰にもかなわない。

さて、だから私は一人で木を選ぶ。
これがなかなかどうして結構難しい。

今のご時世、ありとあらゆるものをネットショップで買えるんだから、
クリスマスツリーだって何だって、家にいながらにして注文できるんだけれど、
やっぱり自分の目で見て買わなきゃね、と思うものもまた山ほどあるんじゃないだろうか。

クリスマスツリーは、やっぱりちゃんと見て、枝振りのきれいな物を選ばないと。

クリスマスツリーにする木をこういう中から選ぶ

こんな風にネットをかぶせられているままだと、枝ぶりも何もわからないので、
ネットをはずして見せてもらう。
もちろん、売り場には、既にネットをはずしてある木が何本も並んでいるから、
運良く容易くその中から選べればそれに越したことはない。

しかし難しいのだこれが。
ああ、どれにしようかな、と悩みに悩んで、何時間かかかることすらあるくらいだ。
だから私は、自分ひとりで木を選ぶのが好きじゃない。

そしてやっと選んだ木を車に積んで、
家に着いたらうんしょうんしょと家の裏にでも運んで立てかけておくと、
それを見て夫は、あ、ここの枝があまりきれいじゃないな、とか言うわけで、
何もしない人はせめてケチくらいつけなくてはと思ってしまうものなんだろうか、
聞いているこっちはいい加減頭にも来るというものだ。

今週と来週が過ぎれば、バイエルン州の学校はクリスマス休暇に入る。
来週中には、木を買わなくては。

今年くらいは、悩まずにぱぱぱっとものの5分で選んでみたいものである。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ0円のWEB素材屋さんのランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ