FC2ブログ

クリスマスの過ごし方2

基本的には、家族が揃って24日の夜を過ごす、と決まってはいるが、
諸般の事情もあり、夫の実家の場合は、24日夜は義弟一家だけは来ない。

あちらはあちらで、義弟の奥さんのお母さんと一緒に過ごす。
義弟の奥さんは、なんと言うか、その、持って生まれた女王様的性格が災いし、
夫の家族・親戚からはちょっーと嫌われているところもあるのだ。
もちろんご本人は、それに気づいていない。
まあそれは置いておいて。

今年は、義兄夫婦(子供はいない)の家で、クリスマス・イブを迎えることになった。
義母もさすがに、何をするのも難儀なお年頃になってきた。
義兄夫婦の家は、義両親の家の目と鼻の先にある。

教会のミサから帰り、6時に義兄の家に行った。

私は、ドイツのクリスマス・イブには一体どんな豪華な夕食があるんだろうかと、
その昔、17年も前には、秘かに期待したものであったが、

私の期待など見事に裏切られ、
クリスマス・イヴには、なんと、これ↓

weisswurst

白ソーセージを食べると決まっていた。
これと、ジャガイモのサラダ(日本のポテトサラダとはかなり趣が異なる)を頂く。

大昔からこの日我が家ではこれと決まっている、と夫からあの時聞いた。

私は、このホワイト・ソーセージを、これまで多分2回食べたことがある。
味は悪くないんだけれども、この柔らかさがどうも苦手だ。

それで、翌年には、せめてウィンナー・ソーセージにしてもらってくれと夫にリクエストを出した。

wienerwurst
わざわざウィンナー・ソーセージの写真を載せるまでもないと思いましたが、
前の写真を探すついでにネットで探してきたので載せておきます。
あ、これみんな私が食べるわけじゃありませんよ。
私は、ウインナーもそんなに好きじゃないので、食べてもせいぜい2本です。

なんでクリスマス・イヴにこういうものを食べるかなと、私は何だか切なくなったものだ。
しかし、ここの家ではそういうことなのだから、文句は言えない。


でも!偶然なんだけれども、先ごろ私はラジオでその理由を知った。
なんでこんな簡単なものを、24日夜に食べるのか、というその理由だ。

熱いお湯にぼちゃんとつっ込めば数分で出来上がるこんな簡単な
白ソーセージ(もしくはウインナー)の陰には、
家族が主婦をいたわる思いやりがあったのだった。
いや、主婦が自分で自分を思いやる思いやりなのかも知れぬ。

家族が揃う大切なクリスマスである。
一家の主婦が、たかがお料理に時間をかけたがために
家族とお喋りする時間を大幅に短縮されてはかわいそうではないか!

そういうことから、この、(私にとっては)ちょっと(どころかすごく)切ない、
超簡単メニューだったのですね。

17年来の不思議が解けました。

でも、やっぱり、もうちょっと美味しいものが食べたいなあ、
と思うガーネットでありました。
ウィンナー2本とプレッツェルじゃ、ねぇ。

いや違う。
身重の体でベツレヘムまで何日も歩いたマリアには、
寒空の下でろくに食べるものも無かったのだ。
こうして温かいものを頂けるだけで、幸せではないか。

そんな風に思えば、温かいウィンナーはとても幸せなのである。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ0円のWEB素材屋さんのランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ