FC2ブログ

香炉のかほり

1月6日は、「聖三王」の日で祭日。

12月24日のキリスト降誕を祝うため、
日の出づる国、日没の国、そして、アフリカの、三つの国の王様達が、
ベツレヘムにたどり着いたのが、この1月6日。

この日が近づいてくると(あるいは6日当日に)、
「聖三王」に扮した子供たちが戸口に現れることがある。
あるいはそれは、1月6日につきものの「星の聖歌隊」と
私が勝手に訳している子供たちなのかも知れない。

聖三王と星の聖歌隊がイコールなのか、
どうもいまいちわからない私であるが、まあ、それはさておき。

とにかく、現れるのはこういう感じの子供たち。
Sternsinger
顔を茶色や黒に塗っているのがアフリカの王様。
手に持つ星は、王達を導く、ベツレヘムの星だ。

雪の中を来る場合もあるから大変である。
Sternsinger

さて、今日の夕方近く、玄関チャイムが鳴ったのでドアを開けたら、
うちにも来た!聖三王だか聖歌隊だかが。

まあねぇ、毎年来るので、私も別段驚かないが、
しかし、今年のはすごかった。
何がって、一人の王様は、手にこれを持っていた!

Weihrauchsfass

これは、手で持ち吊り下げる香炉。
中には、日本人には未知の香がたかれていて、
穴からは煙がもうもうと出る。
これを、ゆらゆらと前後に揺する。
鎖の長さは、50センチほどだろうか。

これを私が初めて見たのは、
ドイツの義姉の母親が亡くなった時の葬儀だった。
神父さんがこれを前後に揺すりながら、死者への祈りをささげた。

さて、戸口でこの子達が何をするかと言うと、
まず一人ずつ順番に「私はどこそこの王で・・・」と始める。
聞いていると、それは詩を朗読しているような風に聞こえる。
そして最後に募金を募るのだ。

吊り下げ香炉を持った王様は、それを前後にぶらぶら揺すり続け、
煙の半分がたっぷりと我が家に流れ込んだ。

こういうことは今回が初めてだ。
においが気にはなるが、やめてね、とも言えないではないか。

私はもちろん快く、
2ユーロ×王様3人分の6ユーロでいいかなーなんて勝手に考え、募金をした。
(2ユーロ3枚がすんなり入らないくらいに、募金箱は一杯な感触がした。)

さて、彼らが立ち去った後の、家の中のにおいと言ったら!
それは私にとって、教会での葬儀の記憶にほかならない。

くさいと言ってしまっては申し訳ないが、
しかしあまりにくさいので、家中の窓もドアも開け放つ。

外はその時既にマイナス6度。
数分の換気では意味が無く、寒さをこらえて再度の換気。
そのうちこちらの鼻もバカになったので窓を閉めた。

いやぁ、聖三王の訪問は構わないんですが、香炉持参は、ちょっと・・・。
私よりも鼻の利くズムちゃん(=モルモット、カゴは息子の部屋にある)にとっては、
さぞやつらかったことであろう。

いや、そんなことを言ってはいけない。
マイナス6度で各家を回る子供たちは、
どんなに寒い思いをしているだろう。
本当に、ご苦労様!なのである。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ0円のWEB素材屋さんのランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



コメント

うちの教会から来るSternsingerの子供たちはいつもこの香炉を持ってきます。
幸いうちは玄関とWohnzimmerの間にもぅ一枚ドアがあるので煙害の被害は少なくてすみます。
困るのは子供たちが詩を朗読し歌っている間タルがワンワンギャンギャン吠え立てることです。(←敵から家を守っているつもりなんでしょう。)
だからこの4年間はまともに詩も歌も聴いたことがありません。
回ってくるのはうちのご近所の信仰深い家庭の子供たちで、下手に顔見知りなのでお布施もつい弾んでしまいます。といってもガーネットさんのに毛が生えたくらいですが。
一度留守中にこのSingerが来たらしく、お布施をしなかったせいか例の玄関の上の数字?記号?を書いてもらえなかったので、前の部分はそのままで一番後ろの年号だけを自分で書き換えたことがある罰当たりはこのpharyです。
↓のわんこを飼うかどうかの判断はこれでよかったんじゃないかと思います。それにしてもお宅の娘さんは本当にしっかりしたよい子ですね。

キャッ、偶然ですが、今これを書いている最中にSternsingerがやってきましたよ。

今日も車で行き過ぎた近くの町でSternsingerの姿を見かけましたが、やはりこの、香炉(と訳して良いのかもわかりませんが)を一人が持っていました。私にとっては、これを持ったSternsingerが家に来たのは昨日が初めてでしたね。日本の線香よりも、かなり複雑なにほひですよねー。
私は、昨日のSternsingerの言葉は、神妙に聞いてはいましたが、子供達があまりに早口だったので、たとえズムちゃんが吠えなくとも、さっぱり理解が及びませんでした。
うちの場合は、玄関ドアがKunststoffなので、あの記号と数字の組み合わせを書いてもらいたくてもどうもうまく書けないんですね、つるっとして。 
タルちゃん、小さいながらも家を守ろうと吠えるんですね、かわいいですね。

ところで、犬のことですが、私が犬好きならばもうこれを機会に飼うことに決めたと思います。
しかし・・・。
ああだこうだと考え過ぎかもしれないと思います。そしてまた、世の中の人々はここまで悩んで犬を飼うかどうか決めるのだろうか、と思うと、悩みすぎる自分はもうバカみたいです。でも。とりあえずこんな感じの、ひとまず落着というか…です。
この先どうなるのか…。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ