FC2ブログ

さすが環境先進国

今となっては既に4年も前の話になるだろうか、
「コシヒカリの無洗米」が手に入ったことがあった。

研がなくてもいいからとっても省エネなお米!
と私などは単純に思って、夫にこう言った。
すごいでしょう!無洗米よ!それも、コシヒカリ!
すると夫がこう返した。

無洗米にするためのプロセスで、
一体どれだけのエネルギーが余計に使われてきたか
一体どれだけのCO2排出量が余計に増えたことか
アナタは一度でも考えたことアル?

恥ずかしながら当時の私は、
エネルギー消費量やCO2排出量について具体的に考えてみたことが無かった。
さすが、環境先進国ドイツの人の言うことは違う、と思ってぐぅの音も出なかった。

(しかし、ゴミのリサイクルに関しては、私の方が夫よりもドイツに協力的である。)


さて、、、最近の、日中マイナスの日々には、
どうしたって自転車で買物に出る気にはならず、
ついつい車に甘えてはCO2排出量を増加させている。

自転車で行けば、少しばかりは運動不足の解消にもなり、
排気ガスを撒き散らすことも無いので、一石二鳥ではあるが、
どこの路面が凍っていて滑って転ぶかも知れず、
緊張しつつ乗るのもまた神経を使い、肩も腰も凝る。

これまでに、15~20センチの積雪の中を、
必要に迫られて自転車に乗ったことがある。
マイナス10度の中を自転車で走ったこともある。
いくら省エネと言えども、
冬場では状況によってはあまり安全ではないことは、
私も身をもってわかっている。
車ならば、4本タイヤがあるから、自転車よりはるかに安定している。

地球環境を優先するか、寒いのはいやーと自分の都合を優先し車に乗り込むか。
我が身かわいさに自分優先に走るのは、この厳寒期に何も私だけではない、だろう。
(いかん、いかん。)


ところで、こういうステッカーを最近うちの車にくっつけた。

環境スティッカー(←ドイツ大使館のサイトから)

ドイツの20都市で導入された(あるいは、近々導入される)「環境ゾーン」。
(ミュンヘンは既に導入されていると思う。)
「環境ゾーン」に指定された区域に車で入る場合、このステッカーが必要になった。

正式には「浮遊粒子状物質ステッカー」というらしい。
単に「環境ステッカー」と書いているサイトもある。

色は、緑・黄・赤とあって、
比較的新しい車だと、問題なく緑(最良)のステッカーをもらえる。
(ステッカーの発行には5ユーロだったかな(約600円)かかる。)

黄色や赤のステッカーになってしまった車は、
2010年には車を新しいものに買い替えなくてはいけない。
(買い替えるに当たり、国が補助金を出す制度もある。)

このステッカーを貼っていない車は、「環境ゾーン」に進入できない。
進入できない、と言っても、別に、入ろうとして入れないわけではないが、
見つかれば罰金刑となる。

都心部の空気を汚さないようにとの新システム。
さすが、環境を考える国は、こういった制度を設け速やかに実行する。

日本は?アジアは?

世界のどこかでは、環境に対し高い意識を持って、
子供達に、そして、そのまた子供達に、
よりましな地球環境を残していこうと努力をしている。

そしてまた、世界の別のどこかでは、環境に対する意識が低すぎて、
車の無駄なアイドリングすらいまだに止めない国がある。
それを止めない政治家がいる。

ある国が、国を挙げての努力をしても、
別のある国は、それを容易く台無しにしている。

残念だな…と私はいつも思う。



追記:

「環境ステッカー」に関し詳しくはドイツ大使館のサイトへどうぞ。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ0円のWEB素材屋さんのランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ