FC2ブログ

小麦粉はだめ

料理が好きでもなければ、だからもちろん得意でもない私にとって、
たまの来客があると、食事の用意に気を使う。

料理下手だから、献立をどうしようか悩んでしまう。
悩むほどのものなど作れなくても、一応は悩むのだ。

さて、夫の随分昔からの友人Sさん(スウェーデン人、スウェーデン在住)が、
突然休暇を取って先週末我が家に来た。

彼は、スキーをやりたくてはるばるドイツまでやって来た。
スキー道具一式持参で飛行機に乗ったSさんを、
夫がミュンヘン空港でピックアップしたのが先週末の土曜日で、
その日の夕食は自宅で食べることにしていた。

このSさんが来ると、私はとにかく気を使う。
一体何にそんなに気を使うかと言うと…。

彼には、グルテン(小麦粉特有の蛋白質)に対しアレルギーがあって、
だからつまりは小麦粉が駄目ということで、
普通のパンが食べられない、パスタもだめ、ピザもだめ、ということになり、
そこのところをうっかりしない様、私は気をつけなくてはいけない。

私の様に、家族の誰もが
実にありがたいことに食品アレルギーを持たない人にとって、
ごくたまに接する食品アレルギーは、
これはもう、ものすごく大変なことに思えてしまう。

夫とSさんは、オーストリアへと一泊二日のスキーに出かけた。
Sさんは、外食の際も小麦粉が入らないメニューになるよう気をつける。
ああどれほど大変だろうか、と、私はいつも思う。

私はと言えば、夫も来客もいなくなって子供達とだけの食事になったので、
まあその気楽さと言ったら。

ところで、私が献立に悩んでも、別に難しいことは何も無いのだ。
小麦粉さえ除けば、食材自体に何の問題もない。

そう、パンやパスタではなくて、お米を炊けばいい。
肉を焼いても煮込んでも、例えばソースに小麦後さえ混ぜなければ大丈夫。

結局私の、実に非クリエイティブなアタマをもってしては、
ある日突然の「小麦粉フリー・メニュー」は毎回こういうのになる。
それは、ご飯を炊いて、サラダを作って、肉を焼いて、
マッシュルームでもズッキーニでもサヤインゲンでも何か炒めて添える。
肉を魚に替えてもいい。

ほら、悩むことなど何も無かったではないか。

ところで、こちらの人というのは、
白いご飯を白いままで食べるのが苦手な人が多い。
何かしらソースがからまっていないと食べられない人が多いのだ。

(ちなみに私がいつも使っているのは、かなり日本のお米に似たもの。 
 あのパラパラっとしているタイプではない。)

で、昨日の夕食はソース無しにしたので、
Sさんが白いご飯じゃ食べにくいかなと思い、
日本のふりかけ「味道楽」があったからそれを出してみた。

日本食など知らなくても、
ふりかけご飯の好きなドイツ人を、私は何人か知っている。
だから、こういうのもSさんには面白いかなと思った。

しかし「原材料名」を見て引っ込めた。
ここにも小麦粉が入っていた。
細かいところで、ついうっかりするものである。

Sさんは、旅行の際には必ず、小麦粉不使用の特別なパンを持参する。
それはその辺のスーパーでは買えない類のものだ。

彼が、生まれてこの方50年近くつき合ってきたグルテン・アレルギー。
彼を育てたお母さんの、結婚後は彼の奥さんの、
食事への気遣いとか苦労とか、私などには想像できない。
だって食事は、毎日毎日のことだから。

アレルギーの無い体に、改めて感謝。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ