FC2ブログ

時々むずかしいぞ運転

普段の自分の行動範囲などたかが知れてて、

遠くても片道20kmに納まるくらいだ。

勝手知りたるその範囲内を車で動くのはまったく問題ない。

でも、どこか知らない所、

それもちょっと距離のある所まで行く用事ができると、

ドイツの道路を走る難しさを感じることがある。

 

ところで、ドイツでも、車にナビを付ける人は増えてきたが、

日本ほどではない。日本人はああいうのが好きだものね。

東京で乗ってた車は、最初からナビが付いていた。

お陰で助かったことも沢山あった。

しかし、あんなおもちゃ、と馬鹿にする夫は、

こちらではナビをつける気が全く無い。

というわけで、うちの車にナビは無い。

 

さて、話を戻すと、

日本の場合は、現在走っているのが○号線で、直進すればどこ方向、

右折すれば○号線に入りどこ方向、という至って親切な標示だが、

ドイツの道路標示には、道路の番号や名称は一切出ていない。

直進すればどこの町へ、左へ曲がればどこの町へ、

といった表示のみだ。

(これは一般道の話です。アウトバーンは異なります。)

だから、目的地点までの間にある主だった地名、

自分が通過するであろう地名を、ちゃんと頭に入れておかないと、

距離が長ければ長いほど、どこかで迷ってしまうのだ。

 

地名など、そういくつも一度には覚えられないので、

私の場合は、メモに書いて、地図と一緒に助手席に置く。

もちろん、ずっと一本道なら簡単だが。

ドイツの田舎はだだっ広くて、景色はどこも似たようなものだ。

ランドマークになるものもないから、これがまた難しいところ。

道路標示を一つでも見落とせば、もうどこなんだかなんなんだか、

わからなくなることもある。みんなスピードが速いから、

その流れに乗りつつ、標示に気を配らなくてはいけない。

 

あと、難しいと思うのは、立体交差が何度もあるとき。

あ、ここさっきの交差点だ、みたいな感じで

その交差点の風景を頭の片隅に入れる、というのができない。

立体交差というのは、どれも似たような構造なので、

見分けがつきにくく、結局は道路標示に頼るしかない。

そしてその立体交差はたいてい、

例えば、東京の山手通りと目黒通りの立体交差、みたいな、

そんな単純な形はしていない。

 

知らない場所でもどこの国でも、すいすい運転できる人がいるが、

私はそうではない。知らない所に向かって走る時も帰りも、

だから何だか緊張しっぱなしになるのだ。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ  Banner2クリック、よろしく!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ