FC2ブログ

話しづらい相手

先週はクリスティーネと食事に行ったが、一昨日はティナと食事に行った。

ティナのところは女の子が二人いて、
上の子がうちの娘と同い年。でも学校は異なる。
そして下の子が、うちの息子と学校もクラスも同じ。

息子の学校で少し前に進路説明会があった際、
ティナも参加していたから学校で顔を合わせた。

彼女はあの日の別れ際に、
「イースターの休み中には会おうね」と私に言った。

学校が休暇に入り、あちらから電話でもかかってくるかと思っていたが、
かかってこないので、こちらから電話をかけた。

私は、ドイツ語で話す電話は苦手なので、
よく知っている相手にすら、電話をかけるのが実は嫌い。

と言うか、最近じゃ、相手が面識の無い日本人である場合も、
結構緊張するようになってしまった。

それは、「ガーネットちゃんって外国暮らしが長いから、
日本語の感覚も日本人の感覚もちょっとずれちゃったんじゃない?」
と、過去にある日本人男性から言われショックを受けたこともあるゆえ。

ティナからはこれまでも、どこかで顔を合わせればそんな風に、
今度会おうね、と言われてきた。

私は、その都度、そうだねと答えながら、
それでも私の方からは、具体的にいつ会おうと誘ったことは無く、
彼女からも、同じだった。

会おうね、そうだね、と会話しながら実際には会わないでいるのを、
私は好きじゃない。口先だけのことなら、いっそ口にしないのがいい。

でも、会おうねと言われれば、
そんな口先だけの事は言わないでね、とも返せない。

ここいらへんで不毛な会話にけりを付けよう。
そう思って私は彼女を誘うことにしたのだった。

長いこと私の方からティナを自宅に(お茶にでも)誘わなかったり、
あるいは、飲みに行こうと誘わなかったりしたのには理由があって、
私は彼女と話すのが実は苦手なの。

なぜかというと、
彼女はクリスティーネとは正反対で、自分からはあまり喋らない人。
だから、二人きりで話すと尚更に、会話があんまり弾まない。

私は、これで相手が日本人なら、
数時間のことだ如何様にも会話を弾ますよう自分から喋り、
そして相手も喋りやすいように話題を振ったり、と努力もしよう。

ところが、こちらは限界の低いドイツ語を駆使して話すものだから、
言いたいことの七、八割もうまく伝わればそれで良いかな、くらいな気持ちで喋っていて、
ティナという人は、私の言葉を100%わかろうとじっと聞き入るような、そんな感じ。

ところで、私のドイツ語はそんなに下手なわけじゃないだろうから、
だからそれをたまに褒めてくれるのはなにもクリスティーネだけじゃないが、
ティナは、私のドイツ語をお世辞にも褒めた例がない。

彼女は、私の話が理解できないことがあると、
眉間に軽く皺を寄せ、私の言葉をもごもごと、
声には出さないけれども口を動かし繰り返す。

その時彼女は、ガーネットは何を言いたいのだろうと、頭の中で悩んでいる。
私がそれを見て多少なりとも気分を害することを、おそらく彼女は知らない。

私の場合単純に、喋れば喋る程に文法上の間違いも発音のミスも
多くやらかしてしまっているはずだ。
昔と違って今は私も、うまく言えない時にはそれなら別の表現で、と努力もするが、
結果うまく伝わる時もあれば伝わらない時もある。

ただ、とにかく、こういう人が相手だと話しづらいのは確か。

結局、相手が喋らない分、こちらが気を使う。
最初から別に話すつもりのない事柄まで、言うに事欠いて喋る羽目になる。

私は、ティナと話したあとに、実は必ず、ああ会わなきゃ良かった、と思う。
それは、全体的にはやっぱり今回もティナ相手にうまく話せなかった自分を、
あんまり楽しくない気分で反芻することになるから。

(そんならもっとドイツ語を磨け!と、
あろうことか12歳の息子から言われている私。)

ティナを、私は15年来知っている。
いい人ではあるのだ。

しかし、会っている間じゅうの軽い緊張に私は疲れ、
帰り道にため息をつく。

正直なところ、今度会おうねと言われないのが
一番気が楽だったりする。


(今日は書きっぱなし。コメント欄は閉じてます。)

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ