FC2ブログ

網戸

二つある子供部屋に網戸を付けようと思い、
「網戸セット」(約4千円)を2個購入した。

アルミ製枠を適した長さに自分でカットし、組み立てていくものだ。
枠をカットするために、金属専用鋸も買った。

自分にうまく作れるのかわからなかったが、
元々さほど不器用ではないのだから、まあ何とかなるだろうと思った。

網戸とは言え、オーダーメイドだと何万円もかかるから、
自分でできるならばそのほうが安上がりでいい。


ドイツに少し住んでみると、
ドイツ人がかなりのことを自分でやるのだということが見えてくる。

ドイツのホームセンターに行けば、
家を一軒建てられる材料がちゃんと揃う、と言っても過言ではない。

レンガから瓦から何から、何でもおいてある。
窓や階段、トイレやバスタブもおいてある。

好きなものを自分で選び、かなりの部分に手を出し口を出し、
自分で家を建てようと頑張る人は少なくない。
そういう人は、関連知識をなかば常識的に備えているから、
難しかろうが自分で頑張る姿勢がある。

自分でできる範囲ならば専門業者を頼む必要が無いのだから、
お金を大幅に節約できる。


さて、網戸作りだった。

そう、そういうドイツに在って、たかが網戸作りが何であろう。
たいしたことは無いのだ。

トイレを、シンクを、さらにはバスタブを自分で取り付けることを思えば、
網戸などさしたることは無い。さて、取り掛かろう。


異例の温かさだったとの4月が過ぎ、
夏を待てぬ蚊が早くも出てきた今日この頃なので、
さっさと網戸を仕上げて、子供部屋に取り付けたい。

まずは採寸。これを間違えたらおじゃんである。

シンプル過ぎてかえって怪しげな説明書を
鵜呑みにするほど初心(うぶ)ではないが、
この初心(しょしん)でひねくれて始めると、
結果的にはやはり良くなかったりするものである。
素直に行こう。

さて、採寸だった。
サイズさえ決まれば、後は説明書の通り突き進むだけ。
苦手な作業は、夫を巻き添えにして手を借りる。

網戸自体を組み立てることは、さほど難しくなかった。
難しいのは、窓枠への取り付けだった。

蝶番の位置をちゃんと決めたつもりが、
取り付けてみると網戸に僅かなたわみが生じた。

うーむ。こういうことにならないのがプロの業者さんなのだ。
私は素人だから、ものを言う程の経験がこれっぽっちも無い。

しかし、しかし、何とか出来上がり取り付けが済んだ。

網戸

おお、なかなか良いではないか。

1枚作ったところでコツがちょっとつかめたので、2枚目はかなり上手く作れた。
次に作ることがあれば、もっとうまくできるはずだ。


こうやって、覚えていく。
自分でできるようになっていく。

そしてその分、網戸業者さんの仕事はまた一つ減る。


ドイツの失業率が高い高いと言うけれども、
こういう所でそれがまた上がっていくのだろうと思ったりする。

個人個人が自分でそこそこやれることを自分でやる。
それはもちろん良いことだと思う反面、
その影で、需要の無くなる職種が少しずつ増えていく。
そう考える時、無駄と思える職種があふれる日本を思うと、
何やら少々複雑な思いが、またぞろしてくる。


しかしドイツにも、自分では何もやりたくない、できない、という人だって沢山いる。
網戸にしても、わざわざ高いお金を払ってオーダーメイドにする人は沢山いる。

やればできるかも知れないことを、しかし自分ではやろうとしない人が、
結果失業率上昇に歯止めをかけているのかもしれない、とか
そんなことを思ったりした網戸作りであった。


FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ