FC2ブログ

この人の隣が

数ヶ月前に、あるご夫婦と食事に行った。
そのご夫婦も、うちと同じく夫ドイツ人妻日本人。
年齢は私達より少しだけ上。

私達がその二人に初めて会ったのは、もう13年も前のことで、
我が家が初めてドイツに住んでいた頃の話。

そして二度目に会ったのがその食事に行った時、というくらいだから、
その間の長い時間を経て、私はすっかり、
お二人の顔も、ご主人の名前も、忘れていたくらいだった。

この13年の間に、そのご夫婦はドイツ以外の国にも引っ越し何年か暮らし、
そして今はまたドイツに住んでいる。

互いに全く気が合わないということもなかったのに交流が生まれなかったのは、
やはりお互い大して興味を持てる対象ではなかったからだろう。

今回唐突に会ってみようと思い立ったのは、
私の心のどこかにちょっと思うところがあったからで、
それで私からお誘いしてみたら快く応じてもらえた。

さて、かなり若くして結婚したというその二人は、
今やほとんど結婚30年に近づいている。

どこの夫婦も、長く一緒に居れば居るほどそれぞれに色々なことがあると思うし、
波風の一切立たぬ夫婦なんていうのも有り得ないと私は思ったりしているが、
この夫婦も過去には色々あって、何年も別居していた時期もあったそうだ。
でも、離婚はせず、いつかまた一緒に暮らすようになった。

別居中まだ幼かった子供には随分と寂しい思いをさせ申し訳なかったと
奥さんの方は今も思っている。
でも、それしか道が無かった、という風に当時は思っていたわけだ。

彼女のこの言葉が、私にとって印象的だった。
うーん、ほんとこれまで色々あったけれどね、
今は、この人の隣が私の居場所なんだって思えるようになって、
だからとっても幸せなの。

この人の隣が…

実は私などは、自分の夫の隣にこそ自分の居場所は無いような気がしている。

もちろん、傍(はた)から見れば、私の居場所はここにしかない。
それは夫のそばであり、子供たちのそばであり、ドイツの今の住まい、ということになる。
既に親のいない私には、日本のどこにも帰る場所は無いという気持ちもある。

夫は夫なりにいい人なのだけれど、我が家も色々とあったので、
私にとっては、夫のそばにいて心が安らぐということが無くなって久しい。
それは夫から見ても同様のはずだ。

でもこれは、至って甘えた言い方であり、
私のような一介の主婦には、夫のそば以外に行く所がないのだから、
文句をたれずにここにいるしか無いのだ。

この人の隣が私の居場所。

こんな私にも、いつか何でも乗り越えて、もやもやの全てを吹っ切って、
そういう風に思える日が訪れるのか訪れないのか、
どうなんだろうなぁと思ったりした。

日本に自分の居場所を作れる日が来るのか。
ここを、ドイツを、夫のそばを、自分の居場所と思える日が来るのか。
実のところ今はまだ、さっぱり見当も付かない。

私の「居場所探しの旅路」は、
ドイツでまだまだまだまだ続くと思われる。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ