FC2ブログ

どこにどう消えれば

私は時々夫から、「アナタハ居ナイ方ガイイ」と言われることがある。

意味合いとしては、子育ての都合上私が一時的に居なくなるのが良い、ということで、
夫からそれを初めて言われたのは、もう何年も前のことになる。

一番大きな理由としては、
私が居るから息子がいつまで経っても色んな意味でオトナにならない、
というのがまず来る。

子供というのは確かに、その場に親がいない方がしゃんとすることが多い。
それは私もよくわかる。

が。

私はいつも思うんだけれど、
「いない方がいい、居ても意味がない」と言われることくらい、
人間にとってつらい事は無いんじゃないかと。
人格否定されることも然(しか)り。

何年か前に私は、
そういう内容の夫の言葉がきっかけで実は数ヶ月間のうつ状態に陥ったことがある。

そこから立ち直ってからは、
今度からはうつの暗い穴に突き落とされない様にと、
その穴の淵に立たされた時にぐぐっと踏ん張れるように、少しだけはなった。
そう、何事も経験である。
とは言え、そういった言葉は、やはりそれなりに堪(こた)えるものだが。

それにしても。

居なくなれば良い、と言われても、
それじゃあ私はどこに消えれば良いのだろう、と考えるにつけ、
やはりどうも現実的じゃない。

夫は簡単に言う。「いっそ半年とか、東京に行ったらどうだ?
母親が居なくなれば、息子もましになるはずさ」

そう言われてもねぇ…。
高いお金を払ってしばらく東京で暮らす?ここから出て?

私にはもう、日本国内でただで長いこと遠慮も無く世話になれる場所は無いので、
行くとしたらウィークリーマンションみたいな所を長期で借りることになる。

ぽーんと払うお金があるとしても、
どうせならばそれは子供達の将来のために使ってやりたい。
例えば、何が何でも将来的には日本に住みたいと願う娘のためなどに。

行動力に欠ける私はぐずぐずと考える。
居なくなることが本当の愛情なのか。
居なくなれば、息子は本当にマシになるのか。
いずれ戻った時に、元の木阿弥となる可能性は無いんだろうか。

はたまた、こうも考えてみる ―
そうだ、半年消えた私が戻ると、夫は言うのだ。
アナタハモウ本当ニ、本当ニ必要ナイ、と。
そして夫は、子供を手に入れた形で離婚を切り出すつもり、
だったりしてー。

うぅむ。私は唸る。

しかしそれより何より、
何でそんなしちめんどくさいことをこの私がせねばならぬのだ?
という思いもあるし。

しかし私は知っている。なんだかんだ言っても、結局夫という人は、
そんなにお金のかかることをいざ私がするとなると、躊躇するに決まっている。
いつも口先だけで、深く考えずに思ったことをぱっと口にする人だ。

ところで、かの有名な絵日記ブログ7人家族の真ん中で
私は毎日のように覗きに行っているが、
これは本当に素晴らしいブログで、うぅむと考えさせられることが実に多い。

その中の、4月末に掲載されたこの記事を読み、
ほほぉ、うちと同じ事を言われたんだーと、少々驚いた。
(しかし、私のように何ヶ月も半年も居なくなれと言われたのではない。)

この場合は、「子供のためにはいっそ母親が『ちょっとの間』家にいないほうがいい」
という意味であり、それを実行したらば子供たちにも自立心が芽生え、
つまりは大成功だった。

我が家の場合、
実はある事情から娘と父親の関係がかなり悪化し1年半が経っている。

さらに娘は、息子(娘から見れば弟)から意味も無く徹底的に嫌われていて、
部屋に閉じこもりがちだ。

娘は、勉強自体も忙しいから普段から自室にこもりがちだが、
とにかく自分を嫌う弟に自分の姿を見せない様にと、
健気で気の毒な日々を送っている。

そんなひどい態度を見せる息子をどうにも正せない私達親は、
どうにも情け無い親なのだ。
努力をしていないつもりは無いが、何一つ息子の心には届かない。

この状況で、私が何でも放り出して一人のほほんと日本に脱出するのはどうなのか。
ああやはり、娘を思うとできない。
この家で、あの子を一人ぼっちにはさせられない。

しかし、もしも私が居なくなれば、姉弟の関係に変化が生じるのだろうか。
近い将来確実にそうなることが今この目に見えるなら、私は喜んで居なくなろう。

そう、私が消えたとしても、
状況がこれ以上悪くなることだけは無い、のかも知れないのだ。

うぅぅむ。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ