FC2ブログ

ハイテク

素晴らしい秋晴れだった先週末の土曜は、
夫に付き合って自転車に乗った。

行き先を聞くと片道30分は充分にかかりそうだったので、
退屈しないようにと娘からiPodを借りた。

どこを走っても、見える景色は美しいから、
退屈するなどと言ってはばちが当たるが、
私は元々自然が大好きというタイプではないため、
しばらく走るうちには単調な自転車こぎに飽きてくる。
しかし音楽があるだけでこれが随分違ってくるものだ。

ドイツの人は好んで自転車に乗る。
本格的なウェアに身を包み、
シューズを履いてヘルメットをかぶり手袋をはめる。
そして本格的な「バイク」 
- それはもはや「自転車」と一言では言えないような ― 
に乗って、片道だけでそれこそ15kmも20kmも走る人は少なくない。

ちなみに私などは、片道6、7kmごときで、えぇぇー!そんなに~!?
と叫ぶので、夫にいつも嫌われる。

本格的な自転車乗りじゃない私は、
いつだってちょい乗り気分で普段着で出るので、
そこがちょっと恥かしかったりする。でもまあいい。
わざわざ自転車用のシューズを買うくらいなら、
秋のおしゃれな靴でも買うほうが私ははるかに嬉しい。

さて・・・そうだった、iPodだった。

娘のは、カタチ的にはこういう感じ。
iPod Nano

快く貸してくれたが、使い勝手にひと言の説明も無かった。
こんなものわざわざおしえなくても使えるだろうと娘は思ったに違いない。

しかし、、、考えてみればiPodを手にすることすら私は初めてであった。

イヤホンを耳に突っ込み「PLAY」を押したら音楽が聞こえて来た。
いや、「押した」などと格好の悪いことは言わないのか。
ここは、「触れた」というくらいが丁度合っているのかも。

曲が聞こえてきたまではよかったが、音量がいまいち足りない。
夫は既に走り出していたので、少々物足りない音量で聞きながら追いかけた。

走りながら片手で持って確かめるが、
ボリュームを上げるボタンは、無い、と見た。

目的地(それはもちろんビヤガーデン)に着き、
はてさて音量はどうやって上げ下げするのだろうかと
腰を落ち着けて悩む。(こういうのを悩むのは結構好き。)

音量ボタンが無いのだから、このダイヤルに秘密が?
と思って指先ですっとなでてみたら、音が大きくなった。
ふふん。ふふん。なるほど。

指先で右にくるりと触れる。ボリュームが上がる。
左へ。ボリュームが下がる。

あぁ・・・何てカッコ良いの。
私なんぞには、それはそれはものすごいテクノロジー。

それを何気に扱う今どきのワカモノは、実にカッコいい、よね。
そう、とってもカッコ良いのだ。

しかし、と私は思う。

こんなに便利で格好良いモノを開発している人々の脳は進化の一途を辿り、
それを使う側のおつむはどんどんアホになっていくような気が、する。

そういえば、何ヶ月前だったろう、
「見たい番組を言えば事足りるリモコン」
というのが発表されたというニュースがありました。

音声認識リモコンという。
さらに開発が進めば、例えば「キムタク!」とリモコンに向かって言うだけで
木村拓哉主演の番組をリストアップしてくれる機能も付いたりするらしかった。

こういう類のテクノロジーにおいて、
日本という国は本当に素晴らしいと思う。

しかし私は思った。こういうのが当たり前になり、
健常人が当たり前にこういうのを使うようになると、
ほんとそのうち人々は、進化どころかアホへの一途を
気づかぬままに辿っていくんじゃなかろうか。
 
指を使わず用事が足せる。口で喋ってキカイに命令できる。
それは確かに楽で、なおかつ実にカッコいい。
昔の子供が夢見た未来の姿が、現実になってすぐそこにある。

クチで喋ればコンピュータが言うことを聞き作動する。
そう、人間様はいつだってコンピュータの上を行く、はずだ、
と誰もが思い込んでいる。

コンピュータはどんどんどんどん進化していき、
人々は感嘆しながらそのテクノロジーを我がもの顔に使う。
楽チンになればなるほど、頭を使う必要も無くなって…。

使っている、と思ってきたコンピュータに
いつか躍らされているんじゃないかと思ったりする。

だから私は、映画ターミネーターの「スカイネット」みたいな、
ああいう世界っていうのが、
確かに形は変えるだろうけれども、
別の意味で別な形でそのうちには「現実」になるんじゃないか、
とか、そんなことを考えたりするわけなんです。

「それ」無しに人間はもう生きていけないんだしー。

そんなことを思いながら、帰途のペダルを漕いだ私でした。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ