FC2ブログ

夜中目覚めて

夜中に不意に目が覚めて、
1時間も2時間も眠れなくなる時、
不安のかたまりにどっと襲われ、
悶え唸りたくなる。


私はどうしてここに居るのだろう。
私は何をするためにここに居るのだろう。

に始まって、

本当にここが自分の居場所なんだろうか、
この異国の地が。

と続く。

私はここでこの先もずっと年を取り、
ここで死ぬのだろうか。

と、さらに続く。


全く別の人と、別の人生を、
生きていたかもしれなかった。
自分の国で。


自分がかつて思い描いた家族像の
かけらもない家族を築いてしまった。

手に負えない息子のことを考える。
どうしてこんな風になってしまったのだろう。

どこで何をそんなに間違えてしまったのだろう。
この先、あの子はどうなって行くんだろう。
気にかかって気にかかって、呻きそうになる。

日本に引越しそのまま永住したいと言う娘のことを考える。
どう手助けすれば良いのか、具体的な形が浮かばず、
ただ意味も無く焦る。


心許ない。拠り所が見つからない。


体のどこかが、理由もわからず痛む時には、
この先、この外国で、入院とか手術とか
そういうことがあったらどうしようと、闇の中で悪い飛躍をしてしまう。
そんなこと、とりあえず現実には、明日も起きそうにないのに。


自分が勝手に生み出しているであろう不安に、
夜中目覚めて襲われる。

眠れぬ夜の闇に、そして何度も寝返りを打つ。


FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

眠れない夜は。

こんにちは。
ずっと昔にコメントさせていただいて、久しぶりにお邪魔します。
夜中に目が覚めて、眠れなくて、、という経験、わたしもしょっちゅうあります。夜の思考はついついマイナスに向かってしまい、同じようなコトをつい考えてしまうのも同じ。目が覚めると「いかんいかん」と思い聞かせ深いことを考えないで明日のお昼ごはんとかつまらないことを考えようと努めてまた眠りに落ちます。
どうしても眠れないときは、あきらめて本を読みます。
そんな私なので、夫とは寝室を別にしてもらいました。
相手に気兼ねして夜も好きにできないことにストレスを感じるようになったからです。夫も一人の時間にまんざらでもないようで、結構正解でした。外国人の夫は、最初は別々の寝室に抵抗を示していたものの、今ではお気に入りのようで。決して不仲なわけではないのですよ。人は一人で眠るほうがいいのです。一度試してみてはいかがですか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

luka7さん

今回のこの投稿、かなり暗かったんですが、いざ全世界に向けて(って大げさですが)公開して気持ちをばらしてみたらば、意外なことにちょっと楽になりました。
私の様に感じてしまう人が他にもどこかにきっといるとは思っていましたが、こうして共感のコメントを頂くと、何か安心の手応えが(笑)。

寝室を別にする…部屋が有り余っていたら出来そうなのですが、我が家の場合、残るは北向きの暗い小さな一室だけ。んー、ちょっと考えちゃいます。と言うか、まず主人を納得させる前に私が疲れてしまいそうです。うちの場合はluka7さんの所と違って不仲なのにね。私も一人で寝る方がはるかに良いとは思うのですが…。

でも、一旦別にしてしまうと、人間そのほうが快適に決まってますから、もう二度と再び一緒の寝室には戻せなくなるような気がしますが、そのあたりはどうなんでしょう…。

鍵コメ頂いたSさんへ

中学から高校にかけてとても大変だった息子さんが、18歳の今は嘘の様にすっかり落ち着かれたとのこと。
あぁうちだけじゃないんだ(ってもちろんうちだけじゃないんですが)、
あぁうちもいつかはそんな風に落ち着ける日が来るかもしれないんだ、
と思えてきます。

> ガーネットさんも、きっと今の苦しさを乗り越えていけると思います。

どうもありがとうございます。
そのうちそのうちそういう日も来ると信じていたいです。

鍵コメ頂いたMさんへ

夜中に目が覚めて、何だかもう、わけも無く焦る、というの、
ほんと嫌~なものですよね。
将来への不安だとか何だとか、人生色々とありますが、
あなたの新生活が少しでも楽しく始まるように
陰ながら応援しています。(もう決めたことだものね(ですよね?))

マイナス気分のときには、ここに仲間がいるぞと、
私のことを思っていてください(笑)。今後ともよろしく、です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ