FC2ブログ

お墓のおはなし

昨日の日曜日は、こういう船に乗って、
Chiemsee Schiff

こちらの島のクリスマスマーケットに行って来ました。
Cristkindlmarkt auf der Fraueninsel 1

これはFraueninselフラウエン・インゼル。
Chiemseeキームゼーという湖に浮かぶ小さな島です。
Fraueninsel

今の時期としては比較的温かめな気温(9度)でしたので、
クリスマスマーケットの気分に少々そぐわない感もありましたが、
でも寒過ぎずに快適でした。

この島のクリスマス市には初めて行ったのですが、
想像以上に沢山のお店があちこちに立ち並び、
雰囲気もとても良かったです。

Cristkindlmarkt auf der Fraueninsel 2

Cristkindlmarkt auf der Fraueninsel 3

ところでつい先日はミュンヘン空港に行くことがあり、
行ったついでに空港のクリスマス市を見たのですが、
昨年見た時にうわーっきれい!と思ったのとは大違いで、
今回は何と言うか、何だか全く、面白くも何とも…。
何ゆえに?自分でもどうもわかりませんでした。

ということで、前置きが非常に長くなりました。

今回のタイトル、お墓のおはなしを一つ。

この小さな島には教会があり、その手前の墓地は、
どのお墓も手入れがきちんとされていてとてもきれい。
(ここに限らずどこでもそうですが。)

クリスマス・マルクトめぐりの途中で
ふと足を踏み入れたこの美しい墓地。

夫が言いました。
「ああ…あそこには新しいお墓がある…」

夫の視線の先を辿って私も眺めた「そのお墓」は、
墓石手前(棺を埋葬する所)が、
通常の地面の高さより40cmか50cm位高くなっている。盛り土で。

私、初めて見ましたそういう状態。

盛り土の上には、沢山の、本当に沢山の
鉢植えの植物がぎっしり置かれていました。

夫がこんな内容のことを言いました。
「あの土は、これから長い時間をかけて沈んでいく。
棺が朽ちて形を留めなくなる頃には平らに近づく。
そしたら表面をきれいに整えて、上に植物を植えたりする。
でも、それにしても高いなあ、あの土。
あんなに盛り上がっているのはこれまで見たこと無かった」

ほぉぉ~という感じでしたね。
何だかちょっと、怖い話でした。
土の重みに、押し潰され朽ちていくのね。

そこでまたぞろ頭に浮かんだ例のテーマ
私はどこでお墓に…
どうやって埋葬を…
日本でなら火葬…
ドイツでなら土葬…
いや最近ではドイツでも火葬もあるらしい…。

しかしまあとりあえず、
今日も元気に生きたことだし、
明朝も元気に目が覚めそうだし、
まだ死ぬまでには時間がありそうに思えるし。

ということで、気を取り直して
熱いグリューワインをすすった私でした。

この島のクリスマスマーケットは
今週末の4(金)~6(日)もやっています。
関連サイトの一つはこちら。お近くの方はぜひどうぞ。

FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ