FC2ブログ

死にたくなったらこの本

前置きとして。
自殺のニュースを立て続けに目にして、
書かずにいられないような気持ちになりました。
この投稿は、死にたくなる人に向けて書きます。


昨日は「男性飛び降り死、女性を直撃」のニュースがありました。
直撃された女性は大怪我を負ったとの事。
あまりにかわいそうで、言葉も見つかりません。

今日は「小学校の卒業式後に飛び降り自殺した子」のニュース。
なんと嘆かわしく気の毒なことでしょう。

かつて読んだ本の受け売りになりますが、
死にたくなるのは、もう普通のまともな精神状態ではないのです。

至って衝動的な自殺の心理まではわかりませんが、
とにかくまともな気持ちではない。

その本には、「自殺しようとする人のほとんどは、うつ病である」
と書かれています。

私は、3年ほど前に、うつ状態になったことがありました。
その理由も、自分ではわかっているつもりです。
ただ、長くなるので、今ここには書きません。

あの時は、季節は冬で、3ヶ月間つらい状態が続きました。
自分に何の意味もなく、明日死んでもいいような、
切ない気持ちを毎日抱いていました。

でも、私の場合は、非常に軽いうつ状態だったと思います。
だって、朝起きることが出来たし、ものを食べることも出来たし、
ちょっと無理すれば外出もできたし、もっと無理すれば人とも会えました。

当時住んでいた家は、ありがたいことに庭が広くて、
春がやってくると様々な花が咲き始めました。

私はあの頃、毎日何もする気になれずにいたのですが、
でも、庭仕事が嫌いではなかったので、
せめて庭に出て、何か花の手入れや草取りなどして過ごすうち、
だんだんと気持ちが落ち着いていくのがわかりました。

3ヶ月間つらかったのですが、
土に育つものに癒やされたということなのでしょう、
次第に、いつの間にか、楽になりました。

その後は、自分の気持ちを、コントロールできるようになりました。
うつ状態の暗い穴の淵に立ってしまいそうな時には、
そこに落ちてしまわぬよう、気持ちを立て直す、ということです。

立ち直ってしばらくした頃に、この本に出会いました。
高野和明さんの『幽霊人命救助隊』という本です。

死にたくなるほどつらい人は、
行動に移す前にこの本をぜひ読んでください。

大学受験に失敗し自殺した男の子が、四人の主人公の一人です。
借金苦で自殺した人、なんとなく自殺した人も出てきます。
家では親の離婚問題、学校ではひどいいじめに遭っている、
小学生も出てきます。
いろんな苦しみを持った人が出てくるんです。

簡潔な文章も、非常に読みやすく、味があります。
この本をぜひ!

最後に、この本からの名セリフを。

(今、本を手元において確認して書いているわけではないので、
 一字一句たがわず書けるかわかりませんが。)

 「 未来というものが定まっていない以上、

          全ての絶望は、勘違いである。 」


素晴らしい言葉だと思いませんか。

あなたを助けてくれる何かが必ずある、
あなたを助けてくれる心のお医者さんが、必ずいる。
私はそう思います。

でも、死にたいと願う人は、
本を手に取る力も無いかもしれません。

そこまでの状態になってしまう前に、
この本との出会いがあることを祈ります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ  Banner2
スポンサーサイト



コメント

No title

再度こんにちは。昨日同じくfc2でブログをしているいとこに助けられ、fc2のサイトも私のPCから見れるように設定が出来ました。
昨日のローマ字の失礼なコメント、本当にごめんなさい。。。
この記事に関してですが、太字の言葉本当に励みになります。
私もガーネットさんがよく書かれてるように、土をいじることで無心になれ、ほっとしたりできるので、身近な自然に救われてる感じです。
お庭やテラスががあるそうで、素敵ですね!
ビール、美味しく飲んでる間はまったく問題ないはずですよ!そう信じてます。 :)

人命救助エンタテインメントです、この本

このセリフ、最後のほうに出てきます。素晴らしい言葉ですよね。
そして、本当に真実。
過度の自己憐憫も、うつへの引き金になるから危険である、と、この本はさり気なくおしえてくれてもいます。

うつ状態の時は、何もしたくないし何もできないし、もう動けませんよね。それに、自分が明日死んでも誰も悲しんでくれないような気がしてそれがまた切ない。
それでも、少しだけ気の向くことを少しだけやってみようかなと思う気持ちが、生きていればいつか芽生えてくるものではないでしょうか。そうすると、その、ちょっとやってみようかな、と思えたことがいつか自分を、うつの暗い穴から救い上げてくれる。私はそんな風に思います。
うちの場合は夫が、人の心の弱さを否定するタイプなので、私は彼にだけは意地でも頼りませんね。どんな落ち込んでも。

追伸 :
ローマ字コメント、全く気にしてませんよ。
ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメくれたCさんへ

この投稿、今読み返すと、とても拙い文章で、気恥ずかしい限りです。
…って、それじゃ今は書くのが上手くなったかというと別にそういうこともないのですが…。

Cさん、あなたのコメントを読み、今日は何だか気にかかっていました。
なのに……いざお返事をしようとすると、
どんな言葉をここに書けば良いのかわからない~という状態になり…
実はこうしてかれこれ1時間もPCの前におります。

しかし、ここに迷い込んで下さったのも何かの縁。
とりあえずこの「幽霊人命救助隊」(今は文庫も出てます)、
お読みになられてはいかがでしょう!
それから考え直すという手もあります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ