FC2ブログ

ポケットの中

洗濯物は、何となくいつも色物から洗う。
色物の方が多いし、乾くのに時間がかかるから。
白物はいつも後回しにする。

洗濯物の、ポケットの中は、
それが誰のであろうと、どのポケットであろうと、
洗う前に一応確認する、空かどうかと。



子供たちがもっともっと小さかった頃は、
ポケットの中身もかわいいものだった、特に息子のは。

気に入った石ころだとか、
枝の切れっぱしだとか。

砂の一掴みだとか、葉っぱだとか、
グミベアだとか。
Gummibaerchen

わけのわからない何か、
子供なりのこだわりの何かが、
ポケットの中に入っていて、

中には顔をしかめたくなる物もあったが、
単純に笑えて来るものも多々有った。



しかし子供たちが大きくなるにつれ、
洗濯物のポケットの中も空になり、
私も次第に気を緩めるようになって行った。
ありがたいことだと思っていた。



そして、と言うか、しかし、と言うか、先月のこと。

娘の上着を洗濯機に放り込む前に、
ポケットに何やら硬い物が入っているのに気がついた。

見るとそれは、i-Pod。

おぉ、これは洗ってはいけない。
ちゃんと見ておいて良かったというものだ。



そして数日後、
娘のポケットにまたしてもi-Podが入っていたんじゃたまらない
と思いチェックした。

しかし今度は、i-Podより大きくて厚くて角張った物が入っている。

まったく…ポケットを空にしてから洗濯に出せと言っているのに、
これは何だろうかと思い探って取り出したら、それはタバコだった。



うーむむむぅ。

煙草。16歳の娘が煙草。



私は、怒る気持ちは全く起きなかったのだけれど、
娘のポケットに煙草を見つけてしまったことは、
それはそれでやはりショックだった。

この国の(ドイツの)この州の(バイエルンの)法律に従うなら、
成人は18歳で、煙草も18歳からならまあ許せるわけで。

親としては、やはり何歳になっても煙草は吸わずにいて欲しいけれど、
18歳になったらもう、親がとやかく言えることじゃなくなるのだ、
とは思う、この国で。



しかし、しかし、
もしもこれが日本で、もしも学校でバレたら、
停学処分を受けることになるのでは?

そして何よりも、
娘の通っている(こちらドイツの)学校の規則では、
喫煙は禁じられている。



ろくな親でなく、そもそも「親の器」を持たぬ私には
(そうとわかったのが親になってからだったので救われない)、
ただでさえ、アタマを抱えたくなる難問が
(それは「私にはなかなか解けない」という意味での難問であるが)、
こと子育てに関して日々向こうから何かしらやって来る。

娘のポケットに入っていた煙草など、
息子の奇行に比べればはるかに正常であると思える。



私は、娘と話し合った。

彼女が何に傷ついてつらい思いをしていようと、
それを理由にして言い訳にして逃げ道にして、
自分の体を傷めるものに手を出すことは良くない、と言った。

何よりも、自分の属するどこかが禁止している事柄は、
やはりしてはいけないと思う、と。



娘のその理由を聞き心境を聞き(聞くまでも無かったが)、
私もつらかったし、今もつらい。
二人して涙したその一夜。



しかし規則は規則。
守って欲しいし守るべきだし。



ポケットの中。

何かコワイモノが中からうっかり出て来ないことを、
祈りたい年頭だったりする。



……。
いや、出てきてくれる方が良いのか。
隠されるよりは。うん、そうだな。



FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



コメント

優しいお母さんですね

タバコって、ストレスがあったり、悲しかったり、自暴自棄になってる時に吸い始める事が多いと聞きます。私も昔そうでした。(今では嫌煙家ですが)
タバコを吸い始めた娘さんを、いきなり叱らないで、その心情を聞いてあげたガーネットさん、とっても優しい良いお母さんですよ。
娘さんがガーネットさんの忠告を受け入れて、タバコを止めてくれる事、祈ってます。

NoTitle

どうもありがとうございます。
何年も前になりますが、故斉藤茂太氏の子育てに関する著作を読んだ時、いわゆる「不良」に走るのは自傷行為の一つであり、自己を大切な存在だと思えなくなることが理由である、と知りました。煙草に手を出したことを自傷行為と捉えるならば、娘の場合もまったくそれに当てはまります。そして娘をそこに追い込む事情を、母親の私がわかっていながら何ともできない状況がずっと続いている。怒る気持ちが起きないのは、申し訳ないと思うからです。これでも優しい親なのか…。自分では、情けなくてほんとしょうがない親です。
まあ今回のケースは、ショックではありましたが、ワルイことをしてみたい年頃(16歳)でもあることを思うと、あまり深刻に捉えなくてもよいかなと思ってます。とことん隠れてされたらこちらは何も知り得ませんので、あとは娘を信じるだけです。

いいお母さん♪

そうそう。
頭ごなしに叱るでもなく、
見なかった事にするでもなく、
いやーな感じでほのめかすでもなく。

ちゃんと話し合いをして、つらい想いを共有してくれるなんて、とってもいいお母さんだと思います。

NoTitle

いやー優しいお言葉どうもありがとうございます。
タバコ発見から娘と話すまでの間、娘にどうやって切り出そうかとしばし考えていました。たまたま家に娘と二人きりという状況ができたのでその時を利用しました。主人は何も知りませんし、話すつもりもありません。娘自身にまずいことをしているという自覚がある、という風に私が感じられたことが救いでしたね。おそらく大丈夫…。かなー。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ