FC2ブログ

MOGULA - NEKO

♪静かな湖畔の♪森の木陰に住んでいると、
森の動物達との共存を強いられる。

滅多に見かけることの無い鹿の親子が、
木々の間をひょんひょんと駆け抜けるだけならまだ、
それを遠目に見て微笑めるというものですが、

ネズミやヘビの類まで含めた動物達と
共に生きて行かねばならない現実があったりするわけで。

夏にはテラスをヘビが横切り、
冬にはネズミが外のウサギのケージに
餌のおこぼれをあさりに来る。
ずうずうしいのは巣までこさえる。

そして最近では、モグラという新参者が
我が家の裏庭に小山をいくつも築くようになり、
Maulwurfhaufen

せめて南の表側でなくて良かったと思うものの、
その進行方向を眺めて察するに、
いつ何どき庭の表側に一晩に5個も10個も
こんもり小山が築かれてしまうかもしれないような、
年末からこちら、そんな状況になっている。

イラストになればかわいくても、
Maulsurf

実物はちょっとコワイ…。
Maulwurf

もぐら忌避剤や、トラップ仕掛けなど、
日本のでもドイツのでもネットで調べると色々出てくるが、
確実なものが果たしてあるのだろうか。

超音波でモグラを撃退するような装置は、
全く意味が無いと聞いたこともある。

ふぅん。退去してもらうにはどうしたら良いのだろう。

夫が、知り合い(牛舎・農場経営)の所に
何か妙案が無いかと聞きに行った。

そして仕入れてきた案がなんと、猫。

猫=カッツェ=Katze

そこのお宅では、
しばらく猫を飼っていなかったら庭にモグラが増えて、
再び飼ってみたらモグラが来なくなったとか。

知り合いとは言え「他人」の言葉は、
私がネットで調べてああだこうだと言うよりも、
夫の心にしんしん染み入るものだったらしい。

猫を飼おう、という、実に夫らしからぬ言葉が
彼の口から飛び出した時には、私は大層驚いたものだ。

猫…。

犬派か猫派かと問われるならば、
確かに私は猫派ではあるが…。

どうせ私に世話がふりかかって来るのならば、
そうだ、どうせならここで、私のたっての希望を言いたい。

アメリカン・ショートヘアがいいな~。それも2匹。

しかし実のところ私は、
このところ「犬」を考えるようになっていた。

(いや、その、過去にあれだけ反対した私ではあるのですが…。)

何かとうまく行かない家族間の人間関係を立て直すには、
孤高で気高い猫よりも(猫ってそう見えるじゃありませんか)、
尻尾を振る犬の方がはるかに良さそうな、
犬なら応えてくれそうな、そんな気がする…。
犬なら。

しかしどうせ飼うなら、子犬から飼いたい。
しかしそうなると、
もしかして犬の方が私よりも長生きするかもしれない。

そう思うと、
犬の世話の責任に思いを残してこの世を去るというのもナンなので、
やはり気が引ける。


しかし、猫を、
この我が家が猫を、
本当に飼うのだろうか。

でも、どうせなら、顔のかわいい子猫がいいな。
ほら、目が大きくて、そして目の上に、Mの字のある。

やっぱりアメリカン・ショートヘア。それも2匹。
だって、一人(一匹)じゃ寂しいこともあるかもしれないしぃ。

探そう。無料で引き取らせてくれるどなたかを。
顔のかわいいアメリカン・ショートヘアの子猫を
提供してくれる太っ腹のどなたかを。


どなたかご存知の方お知らせ下さい。
どうぞよろしくお願いします。



でも、こうやって口にした途端に、
実現しなさそうな気がしてくるなあ…。



FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ