FC2ブログ

ベルリンのイノシシ

少し前に、「もぐら」のことを書いた日がありましたが、
我が家の裏庭はあれからさらにひどいことになり、
今や見るも無残な状態になったため、
私はあまりそちらに顔を向けないよう心がけています。

Maulwurf Erdhuegel
この写真はネットから拝借しましたが、
うちの裏庭、ほぼこの状態です。

しかし実はモグラというのは、ハリネズミなどと同様に
法律で保護されている動物であり、
ただ追い払うくらいなら問題無いかもしれませんが、
ヤってしまってはいけないことになっています。

しばらく前、夫が知り合いの農場経営のお宅に
モグラ退治の妙案を聞きに行ったのですが、
その時仕入れてきたネタは、
最終案としては「猫を飼ってみる」となったのでしたが、
その前の段階で実は、「モグラ退治用の毒ガスを使う」というのがありました。

法律で保護されている動物ですので、
我が家が裏庭の地中のモグラに毒ガス攻撃を仕掛けたとなると、
それをご近所に感づかれた場合、
もしかすると正義感の強い動物愛好家の方が中にはいらして、
警察などに通報されてまずい事態になる可能性も有る得るわけです。

しかし夫は、気の小さい私と正反対で
そういうことはあまり気にしない性質なので、
その農家の方を通じて農家の方のみ特別入手できる毒ガスの素を手に入れ、
猫を飼う最終案を前に一度試してみることにしました。

そして夫がモグラの経路にそれを埋めて行ったのですが
(私は実物を見ていないのでどういうものかさっぱり…)、
これが、何とも、えも言われぬすごい臭い。

埋めてある土を抜けてそれは漂い始め、
こちらが鼻をつまみたくなるような実に奇妙な臭いでした。

こんなに臭くては、毒ガスの素を埋め込む作業をしている夫の方が
モグラよりも先に倒れるのではないかと私は心配でしたが、
夫は無事に作業を終え、しばらく様子を見守ることに。

折りしもその日は風が無く、臭いは我が家の裏庭に留まったまま。
うっかりそちら側の窓など開けようものなら、大変なことになっていました。
ようやく臭いが消えかけたのは、何時間も経ってからのこと。

翌日、翌々日と様子を見ていたら、
モグラの動きが静まったようにも見えました。

しかし敵も然る者。
ほんの3日の後には、また新たな「山々」が築かれていました。

あんなに臭い作業を頑張ったのに、
夫の努力は功を奏さず、私も残念でした。

で、今回のタイトルの、
「ベルリンのイノシシ」はどうしたんだ、
ということになるわけですが、

先頃テレビで、ベルリンでは猪が問題になっている、
とのニュースを見まして、

Wildschweine
Wildschweine
Frischlinge

その被害がモグラなどと比較にならない位深刻であると知り、
我が家はモグラでまだラッキーだったのだなと、
しみじみ思い直したわけです。

ベルリンの町々で、イノシシは群れて現れ、
ジョギング中の人々を脅かし、通行中の車に不安を与え、
個人の庭の柵を壊しては侵入し多数の穴をこしらえて荒らし放題。

姿を見せず、噛み付く等の攻撃をしかけて来ることの無いモグラは、
イノシシよりはるかにましというものです。

ここに、我が家の庭に、
子連れで気の立ったイノシシのお母さんが群れを成して現れることを思えば、
モグラが明日の朝までにさらに5個の小山を築こうとも、
我慢せねばと思うのでありました。


FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ