FC2ブログ

田舎の町でパン粉を買う

娘の学校がある町に、
小さなアジア食品の店があるのを見つけて、
ある日初めて覗いてみたのは
昨年秋の頃だったろうか。

私にとって長くお目にかかったことの無い
日本の食材もちらほらと有ったので、
それ以来時々寄っては、少しばかりの買い物をする。

少々べらぼぅなお値段なので、
あれもこれもと太っ腹に買い物するわけに行かない。

ある日、そこの店になんとモヤシがあるとわかって以来、
時たま寄る度に、私はモヤシを買う。

日本のモヤシのお値段など、
とっくに記憶が薄れかけているので、
優に日本の4倍は払っている様な気がしないでもないが、
まあいい、ここはドイツだ、と思って、
たまに奮発して2袋も買って帰る。
(ちなみに1袋は250gで1ユーロ。1ユーロ≒123円。)

つい先日は、モヤシとパン粉を買おうと思って立ち寄った。

そこのパン粉は韓国製なので、
パッケージには韓国語が並んでいるが、
透けて見える中身は日本のものと変わらない。

店のオヤジさん(ドイツ人)は、客が入ると必ず応対する。
「何か特別なお探し物でも?」と言って。

そして私は、何故かいつも、たどたどしく答えるのだ。

えーと…、
アノ…
シュプロッセン? (←オヤジさんにはこれで「モヤシ」と通じる)
は、
アリマスカ?

こういう店でたどたどと喋るのは、
ちょっと面白かったりする。

そして、パン粉も買いたかった私は、
「あぁそれから、パニァメールPaniermehlも」と言った。
パン粉の棚がどこかもわかっているが、
せっかく腰を上げたオヤジさんの好意は無に出来ない。

すると、

「オー、パンコー」

という返事が返って来たので、私は少なからず驚いた。

発音なんかなってない。

パァンコォーゥ

という感じ。

しかし何ゆえにここでニホンゴが出てくるかと、
私は不意打ちを食らう。

お目当てのパン粉は韓国製なので、
どうせ言うなら、韓国語でパン粉と言うべきところだろうが、
もしかしてオヤジさんは、
私がニッポン人だとすっかり見破っていたのかも知れない。

どうしたってニホンゴが聞こえてくるわけないと思い込んでいる場面で、
ニホンゴの単語をひとつでも聞くと、人間多少なりとも混乱する。
それが日本語だと認識するまで一瞬悩むために、反応が遅れる。

外国の田舎にいると、パン粉一つ買うのでも、
そんな風に楽しめたりするのだった。


FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



コメント

いいですよね!

あたしも先日「えのき」を発見したんですけれど、
思わず「わーえのきだ!」とつぶやいてしまったのです。
けど、それだけで「アナタ 日本人ね!」という反応。
周りにいたベトナム人も巻き込んで
「これは日本のきのこで、美味しいんだ」と言っていましたっけ。

えのき!

私はまだ、えのきを発見したことがありません…。

このあいだ、M空港のスーパーでシメジを見ました。
日本でなら、この状態になったらもう売らないだろうな、
という様な枯れた状態のシメジでしたが、
思わず、おぉシメジだ!と手が伸びてしまいました(笑)。
しおれていても値引きされる風でもなかったので、
買いませんでしたが。

あぁ…えのきの味噌汁とかバター炒めとか、恋しいですねぇ。
カンさんはどんなお料理にされたんでしょう、えのき。
おいしそー。

外国語会話

はじめまして。
上海で2年間も中国語学校に通ったのですが、若い人ほどあまり進歩を感じられません。
学校の先生との会話は殆ど問題ないのですが、一般の人との会話はかなり厳しいです。
その理由は、一般の人は外国人と会話したことが無いので、発音が悪いと聞き取れないのですね。
内気な性格も、外国語上達にはプラスになりませんね。

haichaoluさん初めまして。

中国語が話せるなんてすごいですね!それも、殆ど問題なく話せる相手もいるのだから、素晴らしいじゃありませんか!

確かに、相手が外国人慣れしていないと通じにくいかもしれませんね…。中国語の発音は、これはもう、ものすごく難しそう。日本語に無い音ばかりの様に私の耳には聞こえます。ドイツ語はね、発音は簡単なんです。気合い入れればすぐできちゃう。

内気な性格…うーん、「上達」に関係してくるかなぁ性格。どうなんでしょう。
地道な努力、やはりそういうのが一番じゃないでしょうか。私なんて、もう何年もそういう努力をしていないので、ドイツ語力はどこかのラインで止まったままです。

ところで、得てしてアグレッシブな中国人の方々にはちょっと位強気で行ってもまだまだ足りないかも知れませんね。私の内気な友人(北欧出身)は、上海に5年住んで全く人が変わりました(笑)。で、その位変わって上海ではちょうど良かったそうです。

よく思うのは、ドイツ語の場合(私のは独学でしたが)、学んだ文章をそのまま日常生活に即使えるんですよ。これはとっても大きい。私のドイツ人の甥っ子が日本語をすこーし勉強したことがあったんですが、喋るのを聞いていると、かわいそうだけど全く使えない日本語ばかりで発音も駄目。でも、外国人が日本語を学ぶとなると、必ずそうなってしまうのです。日本語のテキスト自体がどれもこれもそうなっちゃってる。そもそもが上手くできてないんですね。

中国語の場合は、どうなんでしょう。実用的な、即使える言葉を、学べるのかな…。何も知らなくてすみません。

それにしても、中国語を喋れるなんて、ほんとすごいですよ。うん。

日本人の国際化

今日は。
海外に住むと日本の良いところも悪いところも考えさせられましたね。
当然ながら、日本人のほとんどはマスコミを通じてしか外国を知ることが出来ません。
日本の中国報道は日本人の優越感や対抗心をあおる内容が多く、
日本人の多くに偏った感情を抱かせていると思います。
もっとも、中国のTVドラマでも、今でも残虐で狡猾な日本兵が出てきます。
過去の歴史はともかく、私の場合、駐在員と留学生の立場で中国に2度生活しましたが、
どちらも貴重な体験が出来、多面的に外国を見ることが出来たと思います。
今年はNHK大河ドラマで坂本竜馬が人気ですが、
彼のように若い人達に偏見の無い国際的な視野を抱かせることが大切だと思います。

お元気ですか

お元気ですか。
お忙しいだけだと良いのだけど。
Twitterしませんか。入られたら、私がフォローします。
私のこともフォローして下さい。気軽にお互いつぶやけます。
使い方は結構簡単で、楽しいですよ。
お待ちしていますよー。

haichaoluさん

お返事遅れて失礼しました。私はこれまで、色んな国に旅行をしたり、ドイツに住むのも2回目、なわけで、確かに全く日本を出たことの無い人よりは幾分別な見方も出来る様になったかも、とは思います。でも、それじゃあこの私は国際的な人間だろうか?と考えてみると、どうなんだろうなぁ…となってしまう。実際には結構引きこもってるので、ここがどこの国でも変わりないかも知れません。人付き合いも年々苦手になって来て、「国際的」とは程遠い(笑)。
大切なのは、人類みなきょうだい、みたいなね、みんな同じ地球人なんだから仲良くしましょう、みたいな、そういう気持ちなんじゃないかなと、思ったりします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ