FC2ブログ

ひょうたんにも似た

1週間のご無沙汰でした。今週は火曜に美容院に行き、
何ともへんてこりんなアタマになったガーネットです、こんにちは。

昨年夏に日本で美容院に行って以来だったので、なんと9ヶ月ぶり。

だいたい、ドイツで美容院に行って満足した経験が非常に少ないため、
ついつい行くのが億劫になるわけですよ。そして半年一年すぐに経つ。

前回前々回行ったのと同じ所で同じ人がやってくれたんですが、
前の2回は、それでもまあ、今回を思えばはるかに満足の行くカットだったかと。

(きれいな美容院なんですよ。内装はとっても落ち着いていてお洒落。)

今回も、「美容院で失敗しないためのドイツ語」を娘に再確認して出かけたんですが、
なぜ毎度毎度うまく伝わらないのか。

まず「仕上げ」に触れますが、仕上げをただ真直ぐにすとんと伸ばして欲しい時、
「glattグラットに」と言えば良くて、そう言ったというのに、
彼女はブローでどんどん内巻きにカールさせて行くんですね。
(ちなみに、すその長さは肩に触れないくらい。)

ああ多分、この後で前回みたいにヘアアイロンを使ってくれるのだわ、
あの時は、かなりしっとり良い感じに仕上がったもの…と思っていると、
裾は思いっきり膨らんだ内巻きカール、前髪もくるりんとなって、
なんとそれがフィニッシュ!

だいたい、そんな状態の髪で後ろ頭を鏡で見せられても、
あんまりふっくらし過ぎていて、
これがもう何だかさっぱりわからないわけですよ、
カット自体がこれで良いんだか悪いんだか。

私の次の予約の人が待っていて、それは若い女性だったんですが、
私のことをじぃっと、微笑みもせず、どちらかというと睨んで待ってる。
だから、ここをもっとこうしてああして、へアアイロンも使って、
と言いにくいものがあったわけです。
それに、髪をやってくれている彼女も、その若い女性とは友達みたいで、
私のことはそろそろ終わりにしたがってる雰囲気。

ところで、ブローに入る前、その彼女、何をしたと思います?
ブロー用のブラシに絡まっていた誰かと誰かの髪の毛を、櫛を使って取ったんです。
鏡にそれが映るので、私はその一部始終を
― と言ってもものの10秒でしたが ― 見てしまったわけですが、
これは・・・目の前でされたら良い気持ちはしません。

とにかく、仕上がりが全く好みではなかったことと、
あのブラシでブローされちゃったことで良い気分ではなく、
帰宅後すぐに髪を洗い、普段の様に仕上げてみたらば…

左右対称じゃない。

鏡に映る私の髪は、右側はまあまあ自然なラインを描いている。
でも左が・・・ちょうど耳のあたりのラインが、切り過ぎて不自然にぺしゃんこ。
そして裾は、漉き方が足りないからふくれてしまう。
上半分の膨らみと、下半分の膨らみの、その中間がへこんだ形となり、
これは、そう、太目のひょうたんみたいな。
何とも、ださいスタイルですよこれは。

後ろ頭は、今度は左の方が幾分髪が多くてふっくらしている。

前から見ても、後ろから見ても、左右非対称。
これは、上から見たらきっと、傾いた楕円形をしている。

カット途中で何度も、長さが左右対称になるようにと
いろんな箇所でチェックしてくれていた様子だったのに、この仕上がりは不思議だ。

ところで、美容院って、行こうと思い立つと絶対行きたいものじゃありませんか?
思い直して行かずにいる、というのはなかなか出来ない気がします。

ああ、でも、やっぱり、思い直せばよかった。
行かない方がしあわせだったな、と、ほぼ毎回思うドイツの美容院行き。

それならもう一度行って直してもらえば良さそうな所ですが、
でも、どうせうまくは伝わらないと思うと、まず行く気が起きない。

ヘアスタイルブックから選んで見せても、うまく行ったことが無い。
切り方も、ザックザックと切る感じで、何とも自然さが無い。
切り過ぎたサイドに合わせて反対側を切ってもらうと、
今以上に変てこりんになる可能性も、ドイツではかなり高いと思われる。
などの理由から、何もせずに5日が経ちます。

娘が、「裾が軽くなる様にちょっと私が切ってあげるよ」と言ってくれますが、
それも、任せてよいものかと、現在思案中です。


FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
ボタンにカーソルを乗せると行き先が出ます。
さあ行きたいところをクリックしましょう!ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



コメント

NoTitle

ガーネットさん、こんにちは。

奇遇ですねー。私も今日、美容院へ行ってきました。
私は自宅アパートの前にあるおばちゃん美容室へ通っていますが、ここの店長の年配美容師さん、本当にカットがうまいんです。
私の典型的な日本人の髪をしっかり切れる腕があります。

この頃はショートにしていて、それを少しボブにしたかったので、今回は上の方は切らなかったのです。そうしたら、いつもはシャンプー、カットで25ユーロなのに、今日は18ユーロでした。

でもネットのスタイルブックからプリントして持って行った写真と同じにしてくれました。
私もドイツ語力が無いので、前・横・後ろの3方向からの写真を持参して、言葉のできないところを補っています。
それにしてもそれをちゃんと形にできる腕は凄いです。
ガーネットさんの美容師さんは別の人に変えた方が良いかもしれませんね。
もっと上手な人が他に居るかなと。
もっと近くにお住まいなら、本当にお薦めしたいんですけどね。
私の行くおばちゃん美容院。

ガーネットさんは不満足というのに、自分の成功話でごめんなさいね。
でも同じ様に腕の良い人、きっとガーネットさんの近くにもにも居ると思ったので、他を探されてはと思って。

それでは楽しい週末を。
これからD市でやっているJapan Tagに行く予定です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

あーにゃさん、こんにちは。Japan Tagはいかがでしたか。

ラッキーですね~自宅前にお気に入りの美容室があるなんて!そのご年配の美容師さん、カットのセンスもさることながら、やはり研究熱心なのだと思いますね、新しいカット技術や今のスタイルに関して。

私は、(記事とダブりますが)今回のところは3回目で、そこでの過去の2回は、カット自体はまあ悪くないと思えたのですよ。これなら許せると(笑)。それ以前に別の店でもっとひどかったことが何度かあったし。まあそんなわけでまた同じ所に行ったのですが、何ゆえに今回はこんなにも下手クソかと、もうびっくり。そこは35ユーロです。

でも、ドイツの女性達って、ヘアスタイルなど割とどうでも良い人が多い(と私は思います)から、多少変でもどうでも良いのですよやっぱり。だから美容師さんの腕も上がらないのじゃないかな。

他を探すと言っても、そこへ行って実際にやってもらわなきゃわからないし・・・。そしてそこも良くなければ・・・どうしよう~。

なるほど、前・横・後ろと、次は私もプリントして持って行きます。3枚出せば、いくらなんでも、ねえ。

でもなあ、以前に斜めの写真一枚だけでしたが持って行ったことがあり、その時も全くそうなっていかないのですよこれが。で、その写真を持って店を出る時の気分と言ったらもー!

なかなかうまくいかないもんです。

NoTitle

鍵コメさん、こんにちは。
確かに下手な人は多いですねこちらは。生来の大雑把さがカット技術に現れるのですよきっと。丁寧じゃないし、ね。
次に行くときは、前横後ろの写真持参で臨みたいと思います。上のコメントのあーにゃさんみたいに。
実は日本人美容師さんのいる美容院に行こうかなと考えていた矢先でしたが、頂いたコメントを読み躊躇してます(笑)。

改善。

ガーネットさん、はじめまして。
私も思春期の子供をもつ母親です。私の子供は、感謝をしらないのです。生んでと頼んだ覚えはないと思っているのでしょうね。確かに一理ありますが、私は家政婦ではありませんし、へこんでしまいます。親の気持ちって、親になって分かるものなのかもしれません。学校の勉強も、してやっていると思っているうちは、駄目ですよね。愚痴になってしまい、すみません。

さて、せっかくの美容院、残念でしたね。さっぱりするはずが、かえってフラストレーションがつのってしまいますよね。娘さんにいい表現を教えていただいて、もう一度そのお店にいって、なおしてもらったらいかがでしょうか。

NoTitle

ひらりんさん、こんにちは。

本当に…。「親を親と」思っていませんうちの息子は。特に私の存在は、息子からみたら唯一大っぴらに声を大にして馬鹿に出来るもののようで。反抗期だとか、親に対する反発だとかを考慮しても、大いに余りがある。まあね、色々とありまして、私はもう、息子の言動に呆れることはあってもそれに「傷つく」という感覚が薄れました。自分の息子ながら、こちらから心が開かなくなる様な感覚も。大丈夫、そのうちそのうち、と、信じてはいても、現実はめげることばかりですね。

「親の気持ち」は、これはもう絶対に、親になってみなければ決してわかりませんね。
私は自分の親がいなくなり何年も経ちますが、この頃になりやっと自分の親の気持ちとか想いに気付くことが多々あります。自分が親になり、子供を持って、色々悩み、自分を振り返り、そして初めて自分の親の想いに気づく、というのかな。これからもまだまだあるだろうと思います。

うーん、美容院・・・。
直しに行きたい、行きたくない、行きたい、行きたくない、と、そんな感じで(笑)。
全く・・・スタイルが決まれば気分もさっぱりするのに、どうしたものかと思案しているのはヤな気分。
前回くらいにもうちょっと上手く切ってくれてたら、これで結構満足していたはずなのに・・・。だってここが日本じゃないことを思えば、ねぇ。

3方向からの写真のあるサイト

ガーネットさん、こんばんは。

次回の美容院通いの為に3方向からの写真が出ているヘアスタイルのサイトをお知らせしますね。
http://www.saita.net/saita/beauty_f.htm

このサイトで、スタイルを探すという右上のボタンをクリックして、好みを入れていくと、かなりの数のスタイルが見られて、各スタイルをクリックすると、3方向からの写真が出ます。
(出ないときは別のスタイルを試して下さいね。)

やはり、日本人の髪でできるヘアスタイルってとこもポイントかと。若い頃、有名美容院へ外人モデルかなんかの写真を持って出かけて行ったら、このスタイルは日本人の髪では無理!とか言われて、がっかりしたことがあって。

息子さんのこと、何とかしばらく気にせずにいらっしゃれるといいんですけど。私の胸も痛みます。親にもなったことが無い私ですが。ドンマイ・ドンマイです(死語?)。

NoTitle

あーにゃさん、どうもどうもありがとうございます。そのサイトを見に行く前にまずはお礼を。ほんとすみません。今回はお手数をおかけしました。他の方からも気にかけて頂き、ありがたかったです。

現状に我慢するのかしないのか、と考えるわけですが、
結局の所、その店以外も含めてこれまでの経験から、直しに行っても満足は出来ない気がしちゃうのですね。それどころか、余計にイヤな思いをするかも、と思ってしまって、それでまた心の中に抵抗が…。

いずれにしても次回には、前・横・後ろ、と、全て揃えてどんと提出したいと思います。ありがとうございました。

息子のことは、100年先に振り返れば笑い話になっても、たった今渦中にあるとこれが全く笑えなくて、困りもんです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ