FC2ブログ

やっぱり

(息子ネタ締めくくり編)


「今の様子を20年前にわかっていたら、
ママは絶対パパと結婚しなかったはずだ」
と息子が私に何度か言ったことがある。

少し前まで私は、
「そうだねぇ…そうだったかも」と答えた。

「でも、パパと結婚しなかったら、オレは産まれなかった」
「そうだねぇ…そういうことになるよねぇ」
「その方が良かった?」
「いや…まぁ…そうでもないよ」

息子が自分のことを指して、
「こんな息子になるってわかっていたら、
ママはオレを産まなきゃ良かったと思うだろ?」とも言う。

ほんの少し前まで私は、「あぁそれはまさに図星!」と
思わず大きくうなづきそうになったものだ。
でも、そこを何とかこらえ、言葉を濁した。
幾ら何でも、それを言っちゃあおしまいだろうと思った。

けれどこの頃はちょっと違う心持ち。

夫とうまく行かなくなる未来が20年前に見えたとしても、
私はやっぱり夫と一緒になっていたんじゃないだろうか。
そんな未来は変えられる、とか思ったんじゃないだろうか。

そして子供のことは、最近こんな風に思ったりする。
別な場所で別の時に親になる道を選んだとしても、
私はやっぱり娘のような子と、そして息子のような子を、
授かったのではないかな、姿かたちは違っても…と。

だから先日息子に聞かれた時には、言葉を濁さず答えておいた。
「いやーそれでもやっぱり、私達は親子とか家族とかに
なっていたんじゃないの?そういうもんなんだよ多分。
別のパパだったとしても、あなたはやっぱり私の子になってたと思うよ」

息子は何も答えなかった。
そして私は、自分でそう言ってみながら、
これはあながち見当違いでも無いんじゃないかと
思ったりするのだった。


FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
いずれかクリックして頂けると、ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

初心にかえる

ガーネットさんのこの記事を読んでいて、私も初心にかえってみようかなと思いました。でも、ついつい、むかっとしてしまうでしょうが。それも人間ですよね。

息子さんの言葉の件、日本に住んでいる私にはよくわかりませんが、新しい自分探しの中で古い自分から脱皮する過程なのかもしれないなと思いました。なんてことを書きましたが、自分の子供のこととなると、皆目見当もつかず、五里霧中といった感じです。ガーネットさんの渦中の人という表現ぴったりです。子供が今よりもずっと小さい頃は、早く大きくなってほしいと思っていましたが、いざそうなってみると、あの頃は楽しかったなと思い出されます。でも、あと何年かして子供が自立して夫婦二人の生活になったとき、あのときは楽しかったとは回想しないだろうなと思います。
長々と自分語りで失礼しました。お互いゆるゆると今の時間をやりすごしていけたらいいですね。何年後かの自分達を思い描きながら。

感動しましたー!

ガーネットさんが息子さんに言われたこと、
きっと息子さんの心にぐっさり刺さったことでしょう。
血のつながったお母さんの愛情というものを感じたに違いありません。どんなに反抗期でも、何も言い返せなかったくらいですから。
大人になっても忘れられない言葉だと思いますよ。
ガーネットさん、頑張って。

NoTitle

はじめまして
通りすがりですが書かせて下さい

私、昔にまったく息子さんと同じ思いを抱いておりました
今思い出しても母親からどう言ってほしかったか鮮明に思い出せます
私は母に

あなたを産んでよかったよ
あなたのことが大好きよ
一番に大切に思っているし愛しているわよ

って言ってほしかったんです

たぶん息子さんただ素直にそれが聞きたいのだと思います
比喩された言葉ではなく率直にあなたが大事だと言われたいのだと思うのです

長文失礼いたしました

ひらりんさん、こんにちは。

お返事が遅れて失礼しました。

理想の家族像を抱いてはいても、なかなかどうして難しいですよね。一人じゃないからこそ、思うようには出来なかったり行かなかったりして。そしてそれがまた「生活」「日常」と言うものだろうなと思ったりもします。

どこかで何かの拍子にまたうまく行くと、そう信じていたいですが、どうなるんでしょうねー。わかり合って仲良くやれる日がまた来て欲しいです。そして、そうなれた時にはもう、ころっと忘れちゃうんじゃないのかな今のこの状態を。大変だったことなんかそう言えばあった気もするけどどうでもいいやみたいな風になるんじゃないかと。

何年後かには振り返って懐かしめたらいいですね今を。(あ、もっとさらなる悩みが増えてないといいけど。)

あーにゃさん、こんにちは。

息子の沈黙がどういう気分だったのか…。
まあ悪い気はさせなかったはずだと私は思っていますが、
なかなか一筋縄じゃいかなくて、
こちらの気持ちを素直に受け止め信じようとしてくれないからなー。
また別の手で試してくることでしょう。
頑張ります。どうもありがとう。

okさん、こんにちは。

なるほどなあと思って読みました。

私はそういう言葉を親から言われたことがありません。
でも、大事にされているとはわかっていました。うまく行かないことも沢山あったけど。
率直な言葉で通じる事もあるし、接し方でわかってくれる事もあるのでしょうね。

お母さんからそういう言葉を言われていたなら、その時素直に信じられたと今思いますか?

息子が私を試している、とは、よく思うことがあります。
でも、私の言葉を鵜呑みにする素直さがもう無いので、
あなたを産んでよかったよ、大切に思っているよ、と言っても、
それを素直に信じてくれないわけです。
心の中はどうかわかりませんが、見ているとそんな風に見えます。
でも、いつかはまっすぐ伝わる・・・といいな。
それがあまりにも先の話にならないと嬉しいですが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ